築30年コロニアル。もう30年住むなら、天然石付金属屋根材のカバー工法が最適。

屋根バカ三代目の現場日記 −20150223−

 

一昨日、昨日と―技能グランプリ2015―が幕張メッセで開催されており、

「かわらぶき」を丸2日見学していたので、瓦さわりたい症候群が止まらない、ラーメン食べたい症候群も止まらない弘樹です。

今日も誘惑に負けて昼に全部のせスペシャルラーメン食べてしまった、、、(だって200円引きだったから)

20150223_sandaime_01

瓦さわりたい症候群と言いつつ、今日の現場はコロニアル(カラーベスト)に石付きの金属屋根材、

ディーズルーフィングディプロマットで重ね葺きしていく、大規模リフォームです。

この家は築30年、既存のコロニアルは途中で一度塗装してあるので、今回は葺き替えよりも安価で済む、重ね葺きです。

廃材費用を少なくした分で、屋根裏の結露高温対策に最適な「棟換気」を新設します。

無駄な費用を抑えて屋根の機能を向上させ、居心地の良い家にする、とても効率の良い工事を提案させて頂きました(エッヘン!)。

 

ということで、、、まずは、換気用の穴を空けます。新設なので、元々は空いてません。

20150223_sandaime_02

そこの材料をカットして、屋根裏まで通じる換気用の穴を空けます。

20150223_sandaime_03

次に、重ね葺きの場合は、下地をなるべく平らにしてあげたいので、はじっこの部分を平らにしてあげます。

20150223_sandaime_04

下地の調整が完了したら、粘着層付きの防水紙、タジマタディスセルフ

既存のコロニアル(カラーベスト)に貼り付けて、新規で防水層を作ります。

20150223_sandaime_05

20150223_sandaime_07

下地が完了したら、屋根材を屋根に上げて、バンバン工事していきます。

20150223_sandaime_08

この屋根材は「雪止め要らず」と呼ばれているものですが、東京の雪は気まぐれですから、念には念を入れ、雪止めも設置します。

20150223_sandaime_10

今日は2面を棟際まで施工し、

20150223_sandaime_11

20150223_sandaime_12

しっかりと雨が降っても強風が吹いても大丈夫なように、養生(片付け)してお終いです。

 

ほかの「職人ノート」も見てみる

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、 石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 ブリーチ(マンガ)
【困り事】 平均10時間睡眠
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事