教えて!屋根屋さん。第17回「余った瓦、どうやって使えばいい?」

新築の際に利用した瓦が余ってしまった! 捨てるのはもったいないし、どうしよう、、、?

そんな皆さんのお悩みを、屋根のプロがズバッと解決いたします!

教えて屋根屋さん17ー2

 

余った瓦は、基本的に、捨てずに保存するのがベストです。

というのも、その瓦自体が廃盤になってしまう危険性があるからです。

特にJIS規格品外の瓦は要注意!

20年後に「割れたので修理して下さい!」と言っても、同じものは存在しない。

そんな可能性だってあるのです。

 

メーカーが存続していれば、型を元に新たに作り直すこともできますが、

メーカーが倒産していた場合はもうお手上げ。類似品で何とかするしかありません。

 

そのため余った瓦は捨てずに保存しておくのがベスト!

瓦は劣化しにくいため、水に浸しさえしなければ保存場所はどこでもOKです。

 

もし有効利用したいという場合は、庭などのガーデニングの装飾として活用するのがよいでしょう。

最近は色やデザイン性に優れた瓦も多いため、工夫次第で素敵な花壇やアプローチをつくれると思います。

 

また、余った瓦で瓦焼きをしたいという方もいるそうですが、瓦の多くは直火にかけると割れてしまいます。

破片が吹き飛ぶことはないと思いますが(笑)、気を付けてくださいね。

 

教えて!屋根屋さん。第18回「屋根にも結露が発生するの!?」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事