屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

瓦じゃないの?これから屋根材を知りたい人の為のやさしい入門知識&選び方

瓦じゃないの?これから屋根材を知りたい人の為のやさしい入門知識&選び方
2016年10月08日|得する屋根知識onyagawara
Pocket

皆さまは、ご自宅の屋根に乗っているものを何と呼びますか?

テレビなどでは、屋根に使う建材の総称として「瓦」という言葉を使い、「屋根瓦」「スレート瓦」「金属瓦」と言われていますよね。

ご相談いただく際も、「屋根瓦が割れていて…」「何か金属の瓦が乗ってます」といったお言葉を頂戴することが多く、中には「スレートとか言う瓦だって業者さんに言われた」という方も。

 

実は、正確には【屋根材】と言って、素材の種類で名前が違うんです。いま日本で使われている主な屋根材は

・瓦(粘土)
・スレート(コンクリ)
・シングル(防水紙)
・金属(鉄)

の4つになります。

とはいえ、「気にしてなかったけどそんなに大事なの?」「見た目良くて雨漏りしないならいいんじゃない」「そもそも違いなんてあるの」という方も多いですよね。

ここではそんなあなたに、各屋根材の主な特徴・住んだ後のメンテナンス・費用目安や注意点、選び方をわかりやすくご紹介いたします。

そもそも屋根って何のためにあるのよ、という方はこちらをご覧くださいませ↓
【屋根が果たす役割とは?の記事へ飛びます】

目次

 (この記事は2015/3/6に投稿したものを再編集したものです)

【瓦】日本の風土に最適で一番長持ち

瓦

【基本性能(和瓦)】

新規施工費:約¥11,000/1㎡あたり
重 さ:約38.4kg/1㎡あたり(100㎡で車4台分)

耐久性:約50年以上 

◯そもそも瓦ってどんな屋根材?

お茶碗などの陶器と同じで、粘土の形を整えて高温(1000℃以上)で焼いた屋根材です。今一般住宅に使われる主な屋根材の中でも古くから使われています。昔は土葺きと言う屋根全体に土を使う工法でしたが、今は土を使わない耐震工法と、さらに軽量化された瓦で重さは半分以下となっています。※セメント瓦はスレートに分類されます。

・屋根材の中で最も長持ち
「焼き物は人類が作った素材の中で最も耐久性の高いもの」という言葉があるくらいとても長持ち。中には100年近く保っているものもあります。

・劣化で色が剥げない
粘土そのものの色(素焼き)、炭のように屋根材自体に色付け(いぶし・窯変)、陶器のようにガラス質の色付け(釉薬)、という3種類で、天気で色が剥げることがありません

・意外に和風だけでなく洋風にも
純和風な形から、平らでスタイリッシュなもの、スペインなど海外風の見た目のものなどもあります。

・遮音性と住み心地が良く結露しにくい
屋根と屋根材の間に空気層があり屋根材の密度が高いので、夏・冬が快適で雨音が気になりません。また、家の寿命を縮める「結露」が起こりにくいです。

e8ed954c995308eb33577516b01f594c

・瓦の土も選ぶ必要がある
デザインが良くても、住む土地の風土に合わない場合があります。地域によっては瓦がボロボロになってしまう事もあるので、住まいに近い瓦メーカーさんを選ぶ必要があります。

・初期費用が高い
屋根材の中でも高価な方です。また、高い技術力が必要なので、本当に信頼のできる施工業者に頼む必要があります。ですので、施工費が全体的に高いです。

・重さがある
1枚で2キロ前後あり、使う枚数も多いので屋根全体にかなり重さがかかります。そのため、新築の時に瓦でない家に後で葺くことはお勧めできません。

【瓦についてもっと詳しくはコチラから】

 

◯どんなメンテナンスがある?

基本的に屋根材自体のお手入れは少なく、もし何かぶつかって割れてしまっても1枚からの交換で済みますので安価です。

ですが、漆喰と呼ばれる土や屋根の継ぎ目に使われる板金などはどうしても劣化してしまいます。「瓦万年手入れ年々」と言われるほど毎年でなくてもいいですが、10年に1回点検をするなどをしますとより長持ちします。

ddf9817d8ed4a5751e314b7072ffea0f

【メンテナンス方法】※…別途足場が必要

・瓦の割れ補修:あれば10年に1度。¥39,800〜
・棟の積み直し:20〜30年に1度。約¥9,000/1m
・葺き直し※:50〜60年に1度。約¥9,000/1㎡
・葺き替え※:50〜60年に1度。約¥15,000/1㎡
 (※葺き直しをせず屋根材を変える場合。金額は別な瓦への葺き替え)

【瓦のメンテナンスについて詳しくはコチラから】 

 

【スレート】どんな家にも合うシンプルさ

スレート

【基本性能】

新規施工費:約¥6,000/1㎡あたり
重 さ:約21kg/1㎡あたり(100㎡で車2台分と少し)

耐久性:約30年

◯そもそもスレートってどんな屋根材?

スレートはiPhoneくらいの厚さ(5〜7mm)の、薄く平べったい屋根材の事です。天然石のものもありますが、そちらは高価でほぼ使われておらず、今はセメントの強化版のような材質でできた「化粧スレート」が主流です。ここ20〜25年くらいでは屋根材の定番として使われています。コロニアルやカラーベストとも言われますが、これは昔一番出回ったスレート屋根材の商品名です。※セメント瓦も材質はほぼ同じです。
(アスベストが入っていた頃のスレート屋根材についてはこちらから)

・安くて軽く、加工も簡単なので安価
スレート自体も比較的安価ですが、加工がしやすいので施工も加工も簡単。その分施工費もあまり掛からず全体的にお手頃です。

・シンプルですっきりとした屋根になる
薄い板の為、どんな雰囲気にも無難に合うシンプルな見た目になります。また、色も24色以上と色鉛筆くらい豊富。形や模様も種類がいくつかあり、バリエーション豊かです。

・日本で最も出回っていて相談しやすい
施工の簡単さから屋根材の中で最も普及率が高く、瓦や金属の屋根材に比べて対応業者も多いです。そのため、困った時に相談するところが見つけやすいです。

e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f6890

・塗膜が酸に弱い
雨にもごく少量含まれている酸にも弱く、長年経つと塗膜が劣化してきます。雨漏りすることはありませんが、見た目が悪くなります。また、場所によってはコケが生えてしまうこともございます。※現在塗膜が30年保つといわれる商品も発売されています。

・荒天候で割れる事がある
台風や突風などで煽られ、割れてしまうこともございます。

・割れやすい材質、形状のものがある
屋根材の形状で切れ込みを深くし見た目をランダムに見せるものなどがあり、場合によってはそうした凝った意匠のものほど割れやすいことがあります。

【スレートについてもっと詳しくはコチラから】

 

◯どんなメンテナンスがある?

築15年くらいのスレート屋根になってくるとよく指摘される「金属が飛びそう」というのは、だいたいが屋根のてっぺんに使われている部材の劣化が原因。ですので、塗装を検討しているならその前に交換しておいた方が安心です。また、上記でも少し触れましたが、悪天候で割れてしまうこともあるので5年に1度は点検しておくことがオススメ。

img_2272

【メンテナンス方法】※…別途足場が必要

・割れ補修:あれば5年に1度。¥39,800〜
・棟板金の交換:10〜15年に1度。約¥5,000/1m
・塗装※:約15年に1度。約¥3,000/1㎡
・カバー工法:約30年に1度。約¥8,000/1㎡
(※金額はシングル屋根材の重ね葺き)
・葺き替え※:約30年に1度。約¥12,000/1㎡
(※カバー工法をせず葺き替えた場合。金額は新しいスレートへの葺き替え)

【スレートのメンテナンスについて詳しくはコチラから】

 

【シングル】DIYもできる海外で定番の屋根材

シングル

【基本性能】

新規施工費:約¥7,000/1㎡あたり
重 さ:約12kg/1㎡あたり(100㎡で車1台分と少し)

耐久性:約30年

 

◯そもそもシングル(アスファルトシングル)ってどんな屋根材?

表面に細かい石がくっついた、ちょっと厚い3mmくらいのアスファルト性の防水紙です。家を雨から守る最後の砦であるアスファルトルーフィング(屋根材の下、ベニヤ板の上に貼るもの)とほとんど同じ素材で、表面に天然石がたくさん付いています。アメリカでは9割がこの屋根材が使われているほど定番の屋根材です。

・柔らかくて割れや錆びがない
持つとくにゃんとしなるほど柔らかく、割れたり錆びたりする事がありません。また、曲がっている屋根など変わった形状の屋根や平らに近い屋根にも使えます。

・DIYができるほど施工が簡単
日曜大工で小屋やひさしに施工できるくらい施工が簡単です。海外では、休日中自分で屋根に登ってカバー工法をする人がいるほど。

・柔らかい見た目に仕上がる
公園の小さな屋根に使われるくらい優しい見た目に仕上がります。また、天然石や瓦と同じ色付けのされた石が使われているので、色落ちすることがありません。

58b4cd66336504bfbf67d773fa308ce8

・施工不良や接着剤の劣化で剥がれる事がある
シングル専用の接着材がちゃんとくっついていなかったり、くっついていてもしばらく経った後に接着剤が固まってしまい数年後に剥がれたりめくれたりする事があります。

・表面の砂がしばらくパラパラと落ちてくる
表面にくっついている砂は色落ちする事がありませんが、施工した後しばらくパラパラと落ちてきてしまいます。雨どいに溜まったり、庭に落ちてきたりすることがあるので注意。

 

【シングルについてもっと詳しくはコチラ】 

 

◯どんなメンテナンスがある?

柔らかい屋根材なので表に出ている部分が風にあおられやすく、施工不良や接着剤が劣化など、きちんとくっついていないとパタパタと音を立ててめくれたり、場合によってはずるっと1まい剥がれてしまうことがありますので、施工して5年〜10年後くらいから少し気にしてみるといいでしょう。

【メンテナンス方法】※…別途足場が必要

・接着補修:あれば10年に1度。¥39,800〜
・カバー工法:約30年に1度。約¥8,000/1㎡
(※金額はシングル屋根材の重ね葺き)
・葺き替え※:約30年に1度。約¥12,000/1㎡
(※カバー工法をせず葺き替えた場合。金額は新しいスレートへの葺き替え)

【シングルのメンテナンス方法についてはコチラ】

 

【金属・板金】近年の先進性も高くとても軽い

板金

【基本性能(通常)】

新規施工費:約¥8,000/1㎡あたり
重 さ:約4kg/1㎡あたり(100㎡で車1台の半分)

耐久性:約20年

【基本性能(石付き)】

新規施工費:約¥10,000/1㎡あたり
重 さ:約7kg/1㎡あたり(100㎡で車1台分未満)

耐久性:約30年

◯そもそも金属(板金)ってどんな屋根材?

名前の通り、金属製で薄い板の屋根材です。西武ドームなどの大型建築や雪国でも使われていて、全国的にもポピュラーな屋根材。30くらい前には「トタン板」というものが流行っていましたが、ここ数年では「ガルバリウム鋼板」「ジンカリウム鋼板」なんていう名前の錆びにくい金属や、天然石がついたシングルのような見た目のものも出てきています。現在も耐久性の高い金属が開発され続けています。

・屋根材の中で最も軽く、防水性が高い
通常の金属で瓦の1/9、石付きのもので1/7程度しか重さがありません。また、水を弾くほどの防水性を持っています。屋根材としてだけでなく、他屋根材の周辺部材としても使われます。

・形が多様性に富み、様々な屋根に対応できる。
メーカーでも加工しやすいので、ただ平らな形だけでなく瓦のような形の金属屋根材もあり、メタリックで格好いいだけでない雰囲気も出ます。また、ドームのような丸い屋根にも施工できます。

・(石付き金属の場合)色落ちが少なく柔らかな印象
シングル屋根材と同じで小さな天然石(または瓦と同じ色付けのされた石)がたくさん付いているので、色落ちが少なく、通常の金属にない柔らかな印象になります。

3e4e0604f794face3f41acdb2b851387

・雨音が響きやすい
水を弾くほどの防水性を持ちますが、その性質から雨が屋根を叩く音が家の中まで響いてしまうので、雨の日は少々賑やかです。石付き板金の場合、小さな石のおかげで若干軽減されます。

・夏場暑くなりやすい
断熱工事をしたり、石付き金属であれば若干軽減されますが、基本的に鉄なので熱を通しやすく、夏場は家の中が暑くなります。

・小さな傷や凹ができやすい
施工の際に小さな傷や凹みができることがあり、そこから錆びが発生していくケースが多いです。また、施工の際に残った金属の欠片やアンテナの錆びが移ってしまうケースも。また、海が近いと腐食が早いです。

【金属についてもっと詳しくはコチラ】

 

◯どんなメンテナンスがある?

とても防水性が高いのですが、錆びにくいとはいえ塗膜で金属部分を守っている部分もあります。10年くらい経ってくると、塗装が劣化して金属の方も劣化してきてしまうことも。 すぐにブワッと錆びてしまったりすることはございませんが、10年ごとに塗装をお勧めしているメーカーさんも多いです。(石付き金属には不要です)

【メンテナンス方法】※…別途足場が必要

・塗装※:約10年に1度。約¥3,000/1㎡
(石付金属には不要)
・カバー工法※:約30年に1度。約¥9,000/1㎡
(金額はシングル屋根材の重ね葺き)
・葺き替え※:約30年に1度。約¥12,000/1㎡
(カバー工法をせず葺き替えた場合。金額は新しいスレートへの葺き替え)

 

「屋根の重さと耐震性」は新築時に関係あり

屋根が重いと家が潰れる!なんてよく言われますが、それは屋根の重さと家の丈夫さがアンバランスなことにも原因があります。

というのも、柱の本数など家の丈夫さは、耐震性だけでなく新築時の屋根の重さに耐えられるかどうかでも決まります。

ですので、新築の時に瓦屋根だった場合、屋根の重さの分下の家も頑丈に作られています。逆に、スレート屋根の場合はスレートの重さに耐えられる分の家に。

a812995a6ef51d331ae002b50609ea26

そのため、新築の時に「スレート・シングル・金属」だったお家で屋根材を重ねたりして重くするとお家が頭でっかちになってしまいます。(重さは屋根材によります)

それこそ耐震性が下がってしまって、特に対処していなければ地震や水害での心配が残ります。

トランプピラミッドの上にトランプは乗りますが、積み木を乗せたら崩れちゃいますよね。そんなイメージです。

 

ですので、「屋根材の重さで耐震性が下がる!」というのはリフォームで気にした方がいいこと、なんです。

リフォームで関わる屋根の重さについては、また後でお話ししますね。

 

屋根材は「30年以上住むか」で決めた方がいい

お家の見た目や雰囲気だけでなく、住み心地にも影響してくる屋根材はどれにしようか迷いますよね。

瓦以外の屋根材のほとんどは施工してから10年の保証、となっていますが、 屋根材メーカーで30年は色は保つよ!という試験結果も出ています。

また、家を買ってから30年で手放してしまう方も多いので、そうした方々には「これがいい!」と一概にお伝えすることはできません。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e8%a1%97

特徴だけでなく、初期費用やメンテナンス費用も考慮いただいた上で、お好みのものをお選び頂ければと思います。

ただ、「これから先何十年でも、ずっと住みたい」「家は孫まで引き継がせたい」「とにかく丈夫な家がいい」という、【30年以上住むかもしれない】方にはやっぱり瓦がオススメです。

【家づくりについて詳しくはこちら⇒貧乏人とお金持ちの違いは家づくりにあった】

 

「この屋根材ってどうなの」など、何かわからないことがあればお気軽にご相談くださいね。

toiawase

 

石川商店からのお願い

自己紹介の下に「役に立った」「役に立たなかった」ボタンを設置してみました。

私たちは、屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。

お客様の率直なご感想を受け、よりわかりやすくお伝えできるよう精進いたしますので、もしよろしければご協力をお願い致します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

入社四年目のしがない事務員『おにゃがわら』
事務したり現場お邪魔したりあっちこっち。

【趣味】 読書、昼寝、考察、夢を文章に起こす。
【目標】 文章構成力の上達。部屋を片付ける
【最近】 ゴジラ3回見ても飽きないもう一回見たい
【一言】 君の名はももう一回くらい行きたいなぁ

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 40 人中 38 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616