屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

教えて、屋根屋さん!第72回「粘土瓦と陶器瓦の違い」

教えて、屋根屋さん!第72回「粘土瓦と陶器瓦の違い」
2016年02月18日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

「粘土瓦」、「陶器瓦」という言葉を聞いたことはあるけれど、違いは分からない! という方はいませんか。

 

実は、両者は同じもの。
粘土瓦とは瓦全般を指しています。その一種に、陶器瓦があります。

 

粘土瓦は、

 

陶器瓦】…釉薬をかけることで、色を出したり、保護性能をより強くしたりする瓦。お茶碗やお皿によく使われる。別名、釉薬瓦。
いぶし瓦】…釉薬をかけず、いぶして作る瓦。
素焼き】…釉薬をかけず、焼いて作る瓦。

 

の三つに分けられます。

 

これらの素材はすべて粘土。同じ素材でも製法によって、上記のように分類されています。

 

皆さんはインターネットなどで、金属瓦やスレート瓦といった言葉を見かけたことはありませんか? これは、屋根の専門家からしてみるとおかしな話。
本来、瓦とは粘土からできたもの。素材が違うのに瓦と表現するのはおかしいです。

 

なぜ、このように表現されているのか?
大半の日本人は、「屋根材=瓦」という認識を持っています。
そのため、「屋根材である」ことを伝えるために、「○○瓦」と表現しているのです。

 

しかしJIS(日本工業規格)でも、瓦は粘土から作られたものと定義しています。
これは世界共通です。

 

瓦は英語で、clay roof tile。土のタイルという意味です。 アスファルトシングルなど、土以外でできた屋根材に関しては「clay」という単語は使われません。
日本の金属瓦のような言葉を、英語に直訳すると、metal clay roof tile。これではmetalなのかclayなのかよく分かりません。そのため、「金属瓦」、「スレート瓦」ではなく、「金属屋根材」、「スレート屋根材」というのが正解です。

 

しかし、この事実を知っているのは瓦業界などほんの一部の人間だけ。
ある大手電機メーカーが、日経新聞の一面に「瓦屋根の点検もお任せください!」と、どう見てもセメント屋根材にしか見えない広告を打ち出し、「これは瓦ではない!」と瓦業界の人たちがメーカーに抗議したという事件も起こりました。

 

分かりづらいかも知れませんが、「屋根の上に乗っているもの=瓦」ではありません。
瓦とは粘土からできているもの。
そして粘土瓦は、陶器瓦、いぶし瓦、素焼きと製法によって種類が分かれている。
今回はこのことを理解してくださいね。

 

 

 

 

次回は、「瓦の“役物”って何?」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616