屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

2020年以降はZEHで決まり? ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは。

2020年以降はZEHで決まり? ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは。
2016年09月01日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

ー教えて屋根屋さん!第100回ー

日本の一般住宅は、2020年に標準的な新築住宅でZEHの実現に向かっています。
聞き慣れない言葉ですが、ZEHとはいったい何でしょうか?
ZEHの導入で、今後住宅業界はどのような影響を受けるのでしょうか。

 

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
ゼロ・エネルギー・ハウスとはその名の通り、電気等のエネルギーの使用量がゼロの家を指します。

 

ですが、現代人は、電気を使わずに生活することはできません。
そのため、最初に「ネット」という言葉をつけて、「消費エネルギーと発電エネルギーの両方を総合的に見て、エネルギーを消費しない家」と定義されています。

でも、実質とはいえ、エネルギーを消費しない家など建てられるのでしょうか?

 

住宅をZEH化するための3本柱をご存知でしょうか?

1、エネルギーを極力必要としなくする
2、エネルギーを上手に使う
3、エネルギーを創る

この3つです。

まず消費に関しては、断熱性を高めることで、エネルギー効率を改善します。
家庭の電力消費の約30%を占める冷暖房ですが、断念性を高めることで、電気消費量を抑えます。

 

また省エネ家電の導入も推奨されています。
特に、電力消費量の約30%を占める給湯器は、省エネ製品が普及するでしょう。
家というハードと家電製品というソフトの両面から、エネルギー消費量を減らしていくのです。

 

そして最後に消費量を抑えるだけでなく、発電しなくてはなりません。
主な発電設備は、太陽光発電です。
ですが、太陽光発電だけだと、夜間はエネルギーを使用できません。
そのため、蓄電池を併用することで、昼間に発電した電気を保存し、夜間もエネルギーを使用できるようにします。

 

ZEHは2012年に補助金が導入され、各ハウスメーカー、工務店、ビルダーが現在、ZEHに向けて様々な対応をしています。
補助金対象となるためには、まず元請け業者はZEHビルダーに登録しなくてはなりません。
ZEHビルダーとは、自社のZEHが占める割合を2020年度までに50%以上にするための活動を行っている業者であることの証明です。
ZEHビルダーとして登録されていない業者には補助金はおりません。
また、いつかはZEHビルダーでなければ、新築住宅を施工することは不可能になるでしょう。
(下請け業者はZEHビルダーの登録は必要ありません。元請け業者のみ必須です)

 

太陽光発電に対応していない業者は、淘汰されていく可能性が高いです。
今まで、ソーラーパネルは電気屋さんが施工するケースもありました。
しかし、ソーラーパネル部分から雨漏りするなどの問題があり、現在は、屋根屋さんが対応することが主流です。
そのため、ソーラーパネルの設置に対応していなかった屋根屋さんは、設置技術を身につけなくてはなりません。

 

またソーラーパネルの普及に伴い、屋根材メーカーも影響を受けています。
ソーラーパネルの設置方法には2通りあります。
1つ目は、屋根面全体に屋根材を敷いてから、ソーラーパネルを設置する方法。
2つ目は、ソーラーパネルを先に設置して、ソーラーパネルで隠れない部分のみ屋根材を敷く方法です。

 

ご想像の通り、2つ目が主流になってしまうと、屋根材の供給量は、以前より大幅に減ってしまいます。そのため、各屋根材メーカーは対応策を考案中です。

 

2020年のオリンピックに向けて、東京では再開発が進んでいます。
同じく、2020年のZEHに向けても、各メーカーは対応を進めています。
しかし、こちらもオリンピック同様に、補助金の減額でソーラーパネルの人気が急激に落ちてしまうなど、課題が山積みです。

 

今後、新築を計画している方はZEHについても勉強が必要です。
弊社も、以前からソーラーパネルを取り扱っていましたが、現在は海外を含めて約15の太陽光発電メーカーと関わり、強化しています。

 

初めてZEHについて知って、困惑している方もいると思います。
どんな小さなことでも良いので、疑問を感じましたら、お気軽にお問合せくださいね。

 

 

次回は、「 本来の家の役割とは」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616