屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

いざというときに知っておいて損はない屋根のこと。

【千葉県柏市】築20年、カラーベストコロニアルの屋根点検調査にお邪魔致しました。

【千葉県柏市】築20年、カラーベストコロニアルの屋根点検調査にお邪魔致しました。
2018年02月16日|得する屋根知識Hiromichi

築15年のクボタ・ザルフ

本日は築20年のお客様の屋根点検調査にお邪魔致しました。屋根材はカラーベストコロニアル、当時の屋根材にはアスベスト(石綿)が含まれておりますが、アスベストが風で飛散するといったことはありませんので、どうぞご安心ください。

 

 

調査風景

 

築20年のカラーベストコロニアルです。屋根材表面には汚れ(コケ)が付着しており、これが原因で部分的に屋根が黄色く見えます。

この汚れ(コケ)の状況は、建物周辺の立地状況によって大きく異なってきます。周辺に大きな樹木が生い茂っていたり、山林が近くにある、また畑などが多い場合は写真の世に大量のコケが付着するのです。

また屋根点検時には「棟板金」の調査も実施します。

築年数が経過しているカラーベストコロニアル屋根によく見られる症状の一つに「釘の浮き上がり」がございます。これは棟板金の下地となる笠木が経年によって劣化してきている証なのです。

通りすがりのリフォーム業者さんが「お宅の屋根を見たら板金の釘が浮いているから、釘を数本留めれば直せますよ」と言ってくるのは、実はこのことを言っているのです。

なかには「この釘の浮き上がりが原因で雨漏りに直結する」などと言っている業者さんもいるのですが、これが原因で雨漏りが発生することはまずありえません。

 

調査を終えて

今回の屋根は築20年で過去に塗装歴がないことから、屋根のリフォーム工事としては、棟板金を交換してから屋根塗装工事をすることで、この先10年~15程度はご安心いただけることでしょう。

しかし次回のリフォームでは、葺き替え又はカバー工法による改修工事は必須となります。

屋根リフォームをご検討されている方は、特に注意が必要になりますので、必ず屋根専門業者による事前の点検調査をお勧めします。

 

問い合わせ/申込

 


屋根専門75年 石川商店
林 洋道(はやし ひろみち)です
【趣味】鉄道写真、旅行、西部警察、ネコ
【特技】洗車、タイヤ交換、他クルマのメンテナンス
【最近】鉄道の写真撮影に目覚めたかも...
【出身地】鳥取県米子市

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616