【埼玉県】屋根の葺き替え工事と外壁塗装工事 施工事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

・築15年以上経過している。

・過去に外壁塗装のメンテナンスをしていない。

・屋根材にヒビ割れなどの異常が発生している。

・そろそろリフォームをしたい。

今回ご紹介する工事は築15年を経過した屋根でニチハのパミールからケイミューのコロニアルグラッサへの葺き替え工事です。

 

屋根工事をするために足場を架けるのですが、せっかく足場を架けるのであれば足場がないと出来ない外壁の再塗装工事も併せてお請けすることになりました。

 

弊社は屋根専門業者ですが、提携する外壁塗装の専門業者さんとのお取引がございますので、屋根工事に合わせて外壁塗装工事も施工することが可能です。

屋根葺き替え工事

既存屋根材はニチハのパミール、屋根材表面の剥離が進行し、風が吹く度に表面の膜が飛散していたのが気になり屋根の葺き替え工事をお請けすることになりました。

 

 

 

既存屋根材を剥がし...

 

新規ルーフィングを施工...

 

小屋裏の空気を排出させる「棟換気」を取り付け...

 

 

屋根の葺き替え工事は1日で施工が完了しました。

外壁塗装工事

屋根工事終了後、塗装工事に入りますがまずは既存サイディングのシール(コーキング)を打ち替えるため既存シールを撤去します。

 

新しいシールの密着をよくさせるためプライマーを塗布します。

 

新規シールを施工後にヘラで表面を整え...

 

養生テープを剥がしてシールの打ち替えは終了となります。

 

サイディングの継ぎ目以外に換気フードの周辺やサッシ廻りも同様にシールの打ち替え(増し打ち)を行った後に塗装工事に進みます。

 

塗装前には高圧洗浄機を使い外壁表面の汚れを除去します。

 

まず下塗りにプライマーを塗布。

 

続いて中塗りへと進みます。

 

最後に上塗りを行い塗装工事は完了となります。

 

こちらは軒天の塗装。

 

板金庇の塗装は表面をケレンし錆止めを塗布後に塗装を行います。

 

土台水切も錆止め塗布後に塗装を行います。

 

雨樋もケレン後に塗装を行います。

 

バルコニーの床の塗装も外壁塗装工事に併せてやっておいたほうが良い工事になります。

 

こちらが施工前。

 

塗装工事完了後。

 

施工前。

 

完了後。

 

弊社では屋根工事に併せて専門業者さんによる外壁塗装工事、バルコニーの防水工事もお請けすることが出来ます。

 

また独自のネットワークによって全国の塗装業者さんもご紹介することができます。

 

 


屋根専門石川商店 林洋道(はやし ひろみち)です林洋道 はやしひろみち
【趣味】西部警察、鉄道写真、旅行、
【特技】洗車はプロ並みの腕前です。
【最近】
【出身地】鳥取県米子市

屋根専門石川商店HPriverstone-roofing.com

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事