雨漏り修理の工事内容や費用と日数を紹介!業者選びに見るべきポイントも解説!

竹中 浩貴
竹中 浩貴
  • 雨漏りが起きてしまった場合、「工事費用や工事日数ってどのくらいかかるの?」とか「少しでも安く抑える方法はないの?」と業者に依頼する前に知っておきたいことが沢山ありますよね。

    この記事では、実際にかかる雨漏りの工事費用や工事日数をはじめ、業者の選び

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ
  • 雨漏りを改善したくて、どんな工事をすればいいか知りたい
  • 雨漏りの工事にかかる費用を知りたい
  • 雨漏りが起きてしまったら工事が必要なのか確認したい
この記事で伝えたいこと
  • 雨漏りの原因を突き止めるのは個人では難しいので業者に依頼することが正確で正しい理由が知れます。
  • 雨漏りの工事費用を安くするための方法が知ることができます。
  • 業者を選ぶポイントやメリットも参考にすることが可能になります。

雨漏りの工事に関するポイント

雨漏りの工事に関するポイント

  • まず初めに雨漏り工事に関する、代表的なお悩みをQ&Aでまとめてみました。
  • 答えが早く知りたい方は参考にしてみてください。

雨漏り工事の費用相場はどのくらいかかるの?

雨漏りの工事費用は、被害の度合いによって3万円から数百万円と異なります。一部交換で済む場合と葺き替えが必要な場合に分けて費用相場を紹介していますのでコチラを参考にしてみてください。
雨漏りの工事費用を安く済ませる方法はありますか?
台風などの風災で雨漏りが発生していれば火災保険を利用して保険金で修理できる場合があります。コチラから詳細を確認できます
その他の場合は、数社から見積もりを取って比較してみるのがおすすめです。
雨漏り工事は自分で直すことはできますか?
一時的な補強であればブルーシートなどで対策可能です。雨漏りの原因を根本から直すのは専門的な知識が必要なので難しいと言えます。

 

雨漏りがあった場合は、DIYで補修したあとは放置せずに、必ず屋根屋に工事を依頼して直すようにしてください。

「雨漏り 原因」

雨漏りを直すにはどんな工事が必要かについてこの後、紹介しています。

雨漏りした場合はどんな工事をすれば改善できる?

雨漏りした場合はどんな工事をすれば改善できる?

屋根から雨漏りした場合、どんな工事があるのか、またどのくらい費用が掛かるのかを知っておきたいですよね。

 

  1. 雨漏りを直すための工事の種類
    1. 【1】雨漏り箇所のみの一部交換
    2. 【2】屋根の葺き替え(張り替え)

雨漏りした際の工事については上記の2つになります。

各工事内容について、費用を含めて詳しくご紹介いたしますので参考にしてください。

雨漏りの工事①屋根材の一部交換

雨漏りの工事①屋根材の一部交換

屋根材の一部交換する工事は、雨漏りしている部分の屋根材のみを交換する工事になります。

比較的軽度な雨漏りの場合、一部交換で雨漏りを改善することが可能です。

 

屋根材別の一部交換の費用相場

屋根材費用相場
スレート屋根1万円~30万円
瓦屋根1万円~50万円
金属屋根1万円~30万円

(交換する範囲よって上記の費用は若干変動します。)

屋根材について分からない方は、下記の記事で屋根の種類を紹介していますので自宅の屋根がどの屋根材化を調べる際にチェックしてみてください。

屋根材 種類

 

一部交換のメリットは、なんといっても安い費用で工事できるところです。

雨漏りに気づいてから早めに業者に依頼すれば、一部交換で済むことが多いので気づいた段階で相談することをオススメします。

雨漏りの工事②葺き替え

雨漏りの工事②葺き替え

葺き替えとは、屋根材を全て新しいものに交換する工事方法のこといいます。

 

屋根材の種類別における葺き替え工事にかかる費用相場

屋根材費用相場
スレート屋根160万円前後
瓦屋根170万円~
金属屋根190万円~

価格は高いものの、雨漏りの原因特定だけではなく、屋根全体が新しくなるので防水性能が新築時と同じ高さに戻るメリットがあります。

 

石川商店では築年数にもよりますが、15年以上経っている場合に雨漏りした際は屋根材の下に敷いている防水シートを交換できる葺き替え工事をおすすめしています。不安を取り除いてから工事をしたい方の為に、石川商店では無料相談ができます。

ご自宅の屋根の雨漏りについて相談したい方はLINEでもご相談可能なので、ご連絡してみてください。

LINE@はこちら

雨漏りの改善工事にかかる日数

雨漏りの改善工事にかかる日数

雨漏りを直すための工事日数は、一部交換と葺き替えの他、具体的な工事内容によって変わってきます。

 

工事内容目安日数
一部交換1日(瓦屋根の場合は1日~5日)
葺き替え1日~2日(瓦屋根の場合は7日~14日)

数時間で済むような作業以外の工事は足場を組む必要があるので、どうしても日数がかかってしまうのが現状です。

また、工事日数は天候状況によって、必要日数が1~2日変動する可能性があります。

 

雨の多い梅雨時期は、屋根が濡れている状況が多くなり屋根屋も屋根に登れないことが増えてしまいます。依頼する際は、梅雨や台風の時期を避けて依頼するのが工事日数を長引かせないポイントです。

 

この記事を読んでいる方は、雨漏りの原因や部分的な修理について詳しく解説している記事も見ています。

わが家の雨漏りどこでみつけた?修理方法や費用を場所別に紹介

雨漏りの改善工事を火災保険で安くできる可能性がある

雨漏りの改善工事を火災保険で安くできる可能性がある

雨漏りの改善工事を火災保険で安くできる可能性があります。しかし、雨漏りの改善工事で火災保険を適用する場合は条件があります。

 

火災保険を利用できる条件は、台風や強風で生じる「風災」と認定された場合のみです。

その為、経年劣化や作業中に壊してしまった場合は適用されません。

 

風災と認定され、加入している火災保険によっては雨漏り工事にかかる費用に対して全額保険金が下りることもあります。

この火災保険を利用した悪質な訪問営業が増えています。屋根の修理無料でできますよと言ってくる業者がいたら要注意です。

火災保険が適用できるかは屋根屋ではなく、保険会社の鑑定人が来て判断します。

もし、このうまい話のってしまい、敬役を結んだ後に火災保険の申請が通らなかった場合は、全額または半額の違約金を請求されることもあります。

うまい話をしてくる業者とは、直ぐに契約を結ばず、風災だと思った場合は、まず火災保険会社に連絡してください。

 

火災保険に関する詳細は、下記の記事で紹介しておりますので、火災保険を申請して修理したい方は参考にしてみてください。

「雨漏り 火災保険」

雨漏りの改善工事でこんな方法をすすめられたら注意!

雨漏りを改善するさいに、勧められたら注意するべき工事を紹介します。

雨漏り工事で注意するべきポイント
  1. 【1】カバー工法
  2. 【2】屋根の塗装

上記2つの工事方法は雨漏りを根本的に改善できないので、お勧めしません。

    • 雨漏り工事でカバー工法と屋根の塗装をオススメしな理由
      ●カバー工法の防水に問題があった場合に、また同じ箇所から雨漏りする可能性があります。
    • ●塗装は外観をキレイにするのが目的。雨漏り防止塗料もあるが、すでに雨漏りしている屋根に塗装しても意味がありません。

上記の理由から、雨漏りを改善できる可能性は低いので、石川商店では一部交換か葺き替えをオススメしています。

 

気になる方は雨漏り対策のカバー工法に関して、詳しく解説している記事がありますので参考に読んでみてください。

カバー工法 雨漏り

雨漏り工事の実績がない会社は避けよう

雨漏り工事の実績がない会社は避けよう

雨漏りの改善工事をした実績のない会社への依頼は避けた方が良いです。

 

避けた方がいい理由は、工事中に屋根材を割ったり適当に工事したりといった施工ミスで雨漏りが再発する可能性があるからです。

 

このあと、雨漏りの工事をした実績のある業者を選ぶポイントやメリットをご紹介します。

 

雨漏り工事を依頼する業者の選ぶポイントとメリット

雨漏り工事を依頼する業者の選ぶポイントとメリット

 雨漏りの原因を突き止めて、しっかり工事してくれる業者を選ぶ際のポイントとメリットについて紹介します。

業者選びのポイント
  1. 【1】口コミや過去の修理実績を公開している
  2. 【2】カバー工法や塗装を勧めてこない
  3. 【3】火災保険を使った工事の場合、火災保険が下りてからの契約を勧めてくれる

続いて、実績がある業者に頼むと何故良いかも見ていきましょう。

 

実績がある業者に依頼するメリット
  1. 【1】雨漏りの原因がはっきりする
  2. 【2】雨漏りの改善方法が分かる
  3. 【3】雨漏りしないような対策方法を教えてくれる

雨漏りと思っていて点検してみたら、原因が結露や水道管の水漏れだったなんてこともあります。

雨漏りかな?と思ったらまずは、屋根業者に相談し点検に来てもらい原因を確認してみましょう。

まとめ

雨漏りした際の工事方法は、被害状況によって異なりますが一部修復か葺き替え工事がオススメです。

雨漏りの工事費用は、使っている屋根材や工事規模によって異なってきますので屋根屋に相談して見積を出してもらうのが一番です

    • 工事業者を選ぶ際の注意点
      ●火災保険を使って無料で工事できますという業者は選ばない
    • ●雨漏りを根本から直した実績がない業者はカバー工法を勧めてくる傾向がある
    • ●訪問業者とはすぐに契約せず、他業者からも見積もりをもらおう

 

雨漏り工事は、自分で直そうと思っても表面的な部分しか直すことができず、そのまま放置していると屋根材にカビが生えたり、骨組みとなる木材の耐久性に問題が生じてきます。

 

雨漏りに気づいたらなるべく早めに屋根業者に相談するようにしましょう。

どこに相談していいかわからない方は、石川商店の無料相談を使ってみてください。

点検で遠いエリアの場合は、全国で実績のある屋根屋さんをご紹介する事ができます。

問い合わせ/申込

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事