天窓の悩みを解決する3つの対策とは?原因と対策を解説

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ
  • ・天窓のトラブルや悩みについて相談したい
    ・具体的に何がトラブルの原因か知りたい
  • ・天窓の撤去や取替えのタイミングが知りたい
    ・天窓を取り替えることのメリット・デメリットが知りたい
この記事で伝えたいこと
  • ・天窓のトラブルや悩みが解決できる
    ・天窓の撤去や取替えをメリット・デメリットを知った上で検討できる

天窓に関する3つの悩み

天窓の悩みは大きく分けて3つあります。

具体的には以下のような悩みが挙げられます。

  1. 1:暑くなりやすい
  2. 2:ゴミが溜まりやすい
  3. 3:雨漏りしやすい

 

構造上の問題やメンテナンス不足によって、これらの問題が起きてしまうようです。

ここからは、上記の悩みを解決するための対策を1つずつ解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

天窓の悩みを解決する対策1:天窓は遮熱ガラスと複層ガラスにする

国産の天窓は遮熱ガラスと複層ガラスを兼ね備えた構造になっています。

天窓は直射日光を拾ってしまうために、部屋が暑くなってしまいます。

しかし、ブラインド付きや電動開閉式の天窓であれば、天窓で受けた太陽光を減らし、温まった空気を換気が可能です

ちなみに、自動開閉式の天窓は閉め忘れた時に雨漏りなどでトラブルになりやすいので、あまりおすすめはしません。

このように、天窓の素材を遮熱ガラスや複層ガラスにすれば、部屋を暑くしないための対策になるでしょう。

天窓の悩みを解決する対策2:天窓周辺の掃除やメンテナンス

天窓のメンテナンスを怠っていると、天窓周辺に落ち葉や土などが溜まってしまいます。

通常であれば、天窓には水切り用の板金が付いていて、雨漏りすることはまずありません。

しかし、長い間天窓の掃除やメンテナンスをしていないと、落ち葉や土が溜まっていきます。

結果として、堆積物を介して水が天窓に浸水し、雨漏りの原因になるのです。

天窓の悩みを解決するためには、定期的に天窓のメンテナンスを行うようにしましょう。

メンテナンスを行えば、ゴミが溜まりやすい問題や雨漏りの対策になります。

天窓の悩みを解決する対策3:ゴムパッキンを取り替える

ゴムパッキンは、窓枠を囲って窓枠と窓の間の雨漏りを防ぐ役割を果たしています。

しかし、ゴムパッキンは紫外線や風雨の影響によって、経年劣化してしまうのです。

例えば、ゴムパッキンが経年劣化してしまうと以下のような症状が見られます。

  • ・亀裂が入る
  • ・割れてしまう
  • ・隙間が生まれる

 

建築して10年後あたりから上記のような劣化が始まると言われており、場合に応じて適切な対策を取らなければなりません。

対策を怠っていると、雨漏りや木材の腐食などのリスクが起こると考えられます

ゴムパッキンを取り替えて、雨漏りの対策をとりましょう。

ちなみに、「石川商店」では、天窓の修理工事を行っています。

詳しい情報に関しては以下の記事をご参照ください。

【東京都世田谷区】天窓のガラスパッキン劣化による雨漏りの修理工事の事例

そもそもなぜ天窓の悩みが生まれるのか?

そもそも、なぜ天窓の悩みが生まれてしまうか気になる方もいるでしょう。

天窓の悩みの原因として考えられるのは主に以下の3つです。

 

  1. 1:新築時に説明を受けていない
  2. 2:構造的に雨漏りしやすい
  3. 3:メンテナンスしたくてもメーカーがいない

 

「新築を建てたのは良いけど、天窓についてあまり知らずに付けてしまった」というパターンが多いようです。

 

ここからは、それぞれの原因について1つずつ順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

天窓の悩みの原因1:新築時に説明を受けていない

ハウスメーカーの担当者は家を売る専門家ではあっても、家を作る専門家ではありません。

 

デザイン性や通気性・採光性などの天窓の”良い点”ばかりを強調して、“悪い点”については話してくれないパターンもあります

 

結果として、天窓のメンテナンスを怠り、雨漏りや腐食などのリスクを抱えてしまう方も多いようです。

数十年後に後悔しないためにも、新築後に考えられるリスクについて事前に検討しておきましょう。

 

天窓の悩みの原因2:構造的に雨漏りしやすい

天窓はそもそも雨漏りしやすい構造になっています。

なぜなら、部品が多く、メンテナンスしておかないと劣化して雨漏りの原因になるからです。

 

また、天井や外壁についていて足場が無いので、掃除するのに手間が掛かりがちです。

 

結果として、メンテナンスが行き届かずに、部品の劣化で雨漏りしてしまう確率が高くなります。

また、昔の天窓はビス止めであることも多く、ビスを留めた穴から浸水することもあります。

 

天窓の悩みの原因3:メンテナンスしたくてもメーカーがいない

最盛期では日本国内に10社も存在した天窓メーカーも今は2社のみ。

いざ天窓を改修しようとしても、販売元が既に倒産していて部品が揃わない可能性もあります。

 

また、耐用年数を超えた天窓は100万窓あると言われています。

しかし、その大半が「改修したくても出来ない」という悩みを抱えているのです。

 

ちなみに、「石川商店」では、確かな実績と技術で天窓や屋根全般の工事を行っています。

実際のメンテナンスの事例については以下の記事をご参照ください。

 

【横浜市青葉区】YKKAPの天窓のガラスパッキン劣化による雨漏りの予防メンテナンスの事例

まとめ:天窓の悩みを解決して、雨漏りの不安を無くしましょう!

この記事では、天窓の悩みの原因と対策について解説しました。

 

天窓の悩みの主なものは、雨漏りや詰まり・暑さです。

その理由は様々ですが、基本的には「メンテナンス不足」が原因と言えます。

 

天窓が遮熱ガラスや複層ガラスであっても、定期的にメンテナンスをする必要があります。

天窓周辺のメンテナンスを欠かさずに、天窓の悩みを出来るだけ少なくしていきましょう。

 

「石川商店」では、天窓や屋根のお悩みについて屋根のエキスパートたちが丁寧に対応します。

天窓や屋根についての質問や相談がある方は、「石川商店」に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

問い合わせ/申込

LINE@はこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事