台風で飛んで行った棟(むね)の板金部分。交換にはいくらかかるか費用の目安

井上 利里子
井上 利里子
  • 私の周りでもこの台風被害に遭った人が数名いました。その中でも屋根が一番多かったです。ほっといても大丈夫と思い込んでいるところがみんなの屋根に対する意識の共通しているところ。 石川商店で検査依頼で伺った屋根のほとんどがメンテナンス不足によるものであるということです。大きな修理費がかかることなく、屋根はメンテナンスだけでOKというのが一般的となることを願ってます。

スレート屋根の棟板金(てっぺんのカバー)が外れ、見積もりを取ったらびっくり価格

かなり年上の知り合いと久々
一杯いやりながら話していると
「実はさぁ こないだの台風で
屋根のあのなんていうの?てっぺんの
金属のカバーみたいなの、
あれが飛んじゃってさ
見積もり取ったらなんと90万円とかいうから
とりあえず断っちゃったよ」

飲みかけてたジョッキが
一気に空けてしまうほど
のけぞりながら、

「ふぇ~~それは高すぎるよ、危なかったねぇ
はい、カンパーイ」

 

そもそも棟交換の相場っていくらなのでしょうか。

棟交換の料金は1メートルで約1万円

三代目に聞くと、
例えば東京によくある一般的な建売住宅で
リビングと4部屋ほどの2階建て木造住宅の場合、
棟はだいたい10メートルくらいだろうと。

つまり単純計算で棟交換10万円。
安全対策として、屋根にかけるフック式なら5万円ほどだし
足場がいる場合があればプラス20~30万円。

 

都心の集合住宅街にあるその友人宅が
数十メートルの棟であるようには見えず
どうしたって90万円もしないでしょ~~

 

そもそもなぜ棟板金は飛んでしまったのか

風雨にさらされながらも屋根全体を支える『棟』

一番消耗カ所なのが『棟』です。
屋根の折り山みたいな
頂上部分の高い場所。
ここがしっかりと固定されていることが
屋根にとってとても重要です。

下地の木が腐食すると抜けやすくなる釘

スレート屋根などでは金属のカバーをしますが
その下には材木を設置します。
この材木が古くなり腐食してスカスカしてくると
釘が抜けやすくなり
強風などにあおられた場合
棟板金が取れてしまうことがあるんです。

台風

今回の台風被害で伺った家の屋根をみても

メンテナンスをしていれば
防げたかもしれない被害が
多くみられたそうです。

 

築15年過ぎたスレート屋根では棟交換を

交換のいいタイミングはココ

足場を組む外壁の塗り替え時期に合わせ
棟交換すると無駄なくいちばんスムーズです。
そして交換から15年築30年過ぎた頃、
また外壁塗装をする際、今度は屋根材の葺き替えを
するのにいい時期です。

これは屋根材の下に貼ってある
防水シートの防水機能が落ちてくるころで
一気に雨漏りリスクが高まるからです。

棟交換はどんな作業?

石川商店で作業するときは、
防腐処理を施した木材を設置し
さびにくいステンレスのビスで棟板金を
しっかり固定。

棟板金
金属の重なるつなぎ目にも
コーキング処理をしてぴったりと。
板金同士もしっかりとかみ合わせます。

棟板金

びっくり事実、屋根塗装より棟交換のほうが重要

屋根材はメーカーでも明確に書いていますが
塗装は美観を保つためにやるのがメインなので
もし、色があせたり古びて見えるのを
まったく気にしないというのであれば
屋根は一度も塗装をしなくても大丈夫です。

塗装より棟交換をするほうが
屋根にとっては必須といえます。

 

 

 

 

全国どこからでも、分からないことや質問などありましたらお気軽に電話、メール、LINE@でご連絡ください。日中難しい方も大勢いらっしゃるとおもいますが、お仕事が終わった時間でも大丈夫です!土日曜日もお電話お待ちしております。

それではまた

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 英会話特訓中!

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事