屋根工事の一番始めは「下葺」というそうです

屋根工事でも、行われていく工程には順番があるんだとか。ただただ板貼って屋根材貼っておしまいという訳ではないらしいです。

屋根工事はまず下葺きから始まります。工事の中でもとても重要な工程で、複雑な屋根の形になればなるほど注意が必要なものだそうです。

下葺きに使われているルーフィング材は、屋根材だけでは防ぎきれない(雨などの)水の侵入を防いでくれるもので、ここにもしも隙間があれば、そこから雨漏りしてしまいます。その為、ぴっちり隙間無く打ち付けなくてはいけないそうな。最終防壁ってことですな。

重要とだけあって、下葺きを終えていればそれだけでもしばらくの間は雨よけになるとのこと。やっぱりどんなことにも下地って大事なんだなと感じました。

その後は板金を打ち付けて本葺き・・・と続くようです。ここのあたりはまだ詳しく分かってはいません・・・まだまだ勉強です。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事