屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

教えて、屋根屋さん!第62回「屋根の老朽化。何が危険?」

教えて、屋根屋さん!第62回「屋根の老朽化。何が危険?」
2015年12月03日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

4日に1度は雨が降る日本。その雨に一番対抗しているのが屋根です。
そのため、屋根が老朽化してくると、雨漏りの危険性が一気に高まります。
雨漏りが原因で、家の劣化が進み、倒壊してしまうことも。
現在、全国で空き家の倒壊が問題になっていますが、それも屋根さえメンテナンスしていれば、倒壊しない確率が大きく上がるのです。

 

屋根を15~20年も放置したら、雨漏り以外にも色々な危険が出てきます。
例えば、屋根材の飛散。20年以内の場合、瓦が飛ぶケースは少ないですが、瓦以外の屋根材ですと要注意です。
特にスレートやコロニアル、金属などの屋根材の場合、棟に金属のふたをしていることがほとんど。棟板金と呼ばれるその金属のふたが、台風や春一番などで飛んで行ってしまうことが結構あるのです。
ただ取れるだけならまだしも、車や人に当たってしまうケースもあり、非常に危険です。

 

またトタン屋根や金属屋根の場合、錆が出ていたらますます要注意。強風にあおられて屋根ごと吹っ飛んでしまうことがあります。
屋根の錆は、10年に1度は削ったり、さび止めを塗ったりするなどのメンテナンスが必要です。
表面はそのような処置で何とかなりますが、問題は裏側の劣化。出荷時に裏側にもサービスコートを塗っていますが、その後ずっとメンテナンスしていなかったら、20~30年ぐらいで全交換する必要が出てきます。

 

我が家の屋根はきっと大丈夫!と思っている方も、もしかしたら危険信号が点っているかも!?
不安を感じたら、すぐ近所の屋根屋さんに相談してくださいね。

 

次回は、「古い瓦の再利用はできないの?」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616