被災したお店の方!申請すれば「レジ」は補助金で買い替え、修理ができます!

石川 弘樹
石川 弘樹
  • みなさま、こんにちは。
    石川商店三代目・石川です。

    今日は、被災された「商店」向けの記事です。

    台風の被害にあわれた商店主の中には、消費税の増税に伴い「軽減税率制度対応レジ」を購入された方も大勢いらっしゃると思います。
    それがこの前の台風で水没してしまった。。。

    みたいなことになってしまった方!それ、補助金で購入し直せるかもしれません!

台風19号・21号で被害を受けたレジは申告すれば補助金がでます!

最近、経済産業省からこんなお知らせが出されていました。

令和元年台風第19号、21号で被災した事業者及び
一部事業者に対する軽減税率対策補助金の補助金交付要件・補助金申請期限の取扱いについて
https://www.meti.go.jp/press/2019/11/20191125008/20191125008.html

その中の記事から抜粋すると、

 

今般の災害により軽減税率対応レジが被災し、再度同様のレジを導入し直す(買い替え、修理等)必要がある場合には、必要な手続を行った上で、原則、災害により使用不能となった軽減税率対応レジに係る補助金の金額を上限として、再度導入するレジについて、補助金の申請を認めることとします。

なんと!!

 

被災前に軽減税率対応レジを導入していたお店に関して、もし被災が原因でレジがこわれたら「修理、買い替え」分のお金を国が負担してくれるって話。

 

これは使わない手はない!

 

被災したレジの補助金申請は2019年12月16日まで!

ただし、気をつけたいのが、この申請期限が2019年12月16日までとされていること。

 

被災事業者が再度レジを導入し直す場合には、限られた期間の中で事業の再建に向けた取り組みを進めながら、レジの買い換え・修理等を終え、補助金申請手続までを同日までに行うことは困難な状況です。

このような状況に置かれている被災事業者については、その実情を踏まえて、補助金申請期限(12月16日)までにレジの導入や支払いが完了できないことについて、その事情を証する書面(事情説明書)を補助金申請期限(12月16日)までに補助金申請書に添えて提出いただくとともに、

その後、2020年3月末までにその他の必要書類等を整えていただくことにより、補助金の適用対象として取り扱うこととします。

一見すると2020年3月まで大丈夫。みたいな風に見えますが、それは資料を揃えるまでの猶予期限。

 

あくまで申請は2019年12月16日までとなるみたいです。

 

とにかく、レジが台風によって被害を受けちゃったよ。という方、

 

一旦、中小企業庁の担当の方に相談してみるのが良さそうです。

 

連絡先はこちら!

中小企業庁総務課 中小企業政策統括調整官 春日原
担当者:竹尾、増田

電話:03-3501-1511(内線 5151~5)
03-3501-1768(直通)
03-3501-6801(FAX)

少しでも被災した方のお役に立てれば幸いです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事