【東京都大田区】瓦一部葺き替えと1階はカバー工法

今朝突然ガスコンロの片側が使えなくなりました。
夫のお弁当と朝食と同時進行無理じゃん!!
お弁当をとるか、朝食をとるか。
ということであっさりコンビニ弁当を買ってもらうことに。
こんにちは。日本一の屋根相談所
石川商店で事務をしている井上です。

本日は林隊長からの作業報告を
ご紹介します。
みなさまの屋根と照らし合わせて
参考になる部分があれば幸いです。

 

上段下段、2種類の屋根材の葺き替え工事

築35年くらいの瓦屋根のお宅で、
1階の下屋はトタン屋根というコンビです。

メインの2階部分の瓦屋根ですが、
写真をよーく見ていただくと
真新しい瓦ではないですね。
そう、これが瓦屋根である醍醐味!!

屋根積みなおし

瓦葺きなおしの工程

丁寧にいったん既存の瓦を撤去し、
屋根材の下で雨の侵入を防ぐルーフィングという
防水シートを新しくします。

その上に、瓦を屋根に留め付ける為の
枕になる木の『瓦桟』を新しく設置し、
瓦を元に戻すという工程。

この瓦の再利用は、1200度以上で焼かれた
丈夫な瓦ならではの利点で、他にも
結露防止や冬・夏の気温変化も受け止めて
くれる強く頼もしい素材。

他の屋根材ではだいたい寿命が30年前後で
さらに再利用はできないので、
葺き替え費用の他に、廃棄料もかかってきます。
瓦屋根とその他の屋根材と、
維持費に差が出てくるのは、まずこの時点
ではないでしょうか。

 


「土」は人の暮らしに大いに関わっている

「土」という天然素材は作物も育てるし、
焼けば何百年ももって堅牢だし、
私たちの「食・住」を支える貴重な素材なんですね。

さて、下屋のトタン屋根の施工風景は
また明日続きを。

続き。1階の屋根の施工風景はこちらからどうぞ

それではまた。

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 スーパーのトイレに買った食材忘れた
【一言】 それに気が付いたのは朝だった。大丈夫?アタシ

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事