屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

今日のお問い合わせ

お客様からいただいたよくあるご相談をご紹介!

Q. 瓦屋根の棟の漆喰を厚塗りすると、なぜ雨漏りの原因になるんですか?

Q. 瓦屋根の棟の漆喰を厚塗りすると、なぜ雨漏りの原因になるんですか?
2016年08月26日|今日のお問い合わせonyagawara
Pocket

もくもくと育つ雲に見とれているおにゃがわらです

【ご相談者さま情報】
 性  別: 男性
 築  年  数: 不明
 住  所: 不明
 部  位: 屋根
 材  料: 和瓦

 

Q. 瓦屋根の棟の漆喰を厚塗りすると、なぜ雨漏りの原因になるんですか?

A. 漆喰が劣化してくると、棟を伝った雨水をそのまま吸ってしまって、水分が瓦の下の防水層とベニヤに入ってしまうからです。

 

【受付:おにゃがわらからの一言】

瓦屋根のメンテナンスで代表的な漆喰と瓦の取り直し工事。やはり金額がかさんでしまうからか自分でできるものならやってしまいたいと考える方も見受けられます。

ですが、そのまま間違ったやり方で施工してしまって、後で大変なことになってしまう…ということもございますので、注意が必要です。

 

漆喰はそもそも、高く積まれる瓦をしっかりと固定させるために、棟全体に使用されます。

最近使われる南蛮漆喰は土よりも優れた耐久性を持つのでよく使用されますが、やはり雨水などの水分は少し吸ってしまいます。劣化してくるとさらに水を含み易くなって、

コケが生えたり、割れたり崩れたりしやすくなります。

 

漆喰がのし瓦の一番下の列と同じ程度まで分厚く塗られてしまうと、上から流れてきた雨水をそのまま漆喰が吸ってしまう為、その水分が漆喰下の瓦のさらに下へ入り込んでしまいます。

工事後すぐに雨漏りにはなりませんが、数か月から数年で雨漏りや漆喰の剥がれが起きてしまうんです。

ですので、棟を固定するのに必要な強度を保ちつつ、できるだけ雨水に当たらない施工が必要。加減は職人の腕にもよります。

 

同じような疑問や不安なことがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

入社四年目のしがない事務員『おにゃがわら』
事務したり現場お邪魔したりあっちこっち。

【趣味】 読書、昼寝、考察、夢を文章に起こす。
【目標】 文章構成力の上達。部屋を片付ける
【最近】 日焼け止めを塗ってもじわじわ焼ける
【一言】 暑い…あちこちヒリヒリする…

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616