台風や竜巻、突風で破損した屋根や雨どい修理に火災保険が適用できます

井上 利里子
井上 利里子
  • 2019年は大型台風の被害で、
    地震以外でこんなにも大規模な被害がでるのかと
    正直驚いた年でした。

    地震保険の特約は東日本大震災の影響もあって
    周知され加入者数も増えていったとおもいますが、
    風災・水災などの特約は意外と知られていないようです。
    台風で破損した屋根を保険金で修理する方法と、
    まつわるトラブルもご紹介します。

 

2019年は大型台風の被害で、
地震以外でこんなにも大規模な被害がでるのかと
正直驚いた年でした。

地震保険の特約は東日本大震災の影響もあって
周知され加入者数も増えていったとおもいますが、
風災・水災などの特約は意外と知られていないようです。
台風で破損した屋根を保険金で修理する方法と、
まつわるトラブルもご紹介します。

 

台風や竜巻、突風で破損した屋根や雨どい修理に火災保険が適用できます

加入の火災保険の契約書に『風災(ふうさい)』がついているかチェック!

昨年の大型台風の被害をきっかけにテレビなどで

加入している火災保険で家の修理に
保険金が使えるということを
知ったという方が多くいらっしゃるとおもいます。

 

風災や水災がコミコミでセットされている
保険が多いですが
中には掛け金を安くするためなどを理由に
特約である「風災(ふうさい)」などを外してしまい
付けていないケースもあります。
でもでも、火災保険の支払いで一番多いのは
火事よりも風災、水災などの自然災害だということなので、
ぜひ特約つけることをお勧めします。

 

風災とはどんな保険内容か

台風や竜巻・突風などが原因で生じた損害に適用される保険です。
例えば

・春の強風で屋根材が飛んでしまった
・飛んだ屋根材で窓ガラスが割れた
・屋根材が飛んで雨漏りした

などなど強風による自然災害で被害に遭った場合に、
加入者は業者の見積もった金額を申請して、
保険金を受け取ることができるというものです。

 

必要書類は3つ。火災保険請求のやり方

まずは火災保険を契約している損害保険会社に電話し、

保険金の振込口座の記入用紙と他必要書類の一覧が
書かれた書類が送られてきます。
その書類と被害写真、修理の見積書を
揃えて提出になります。

 

1.保険金請求書
2.被害を証明する写真
3.被害の修理費用の見積書

※保険会社によっては他にも必要な書類があることも。

火災保険

 

写真はなかなかご自身で用意するのは難しいとおもうので

屋根屋さんに写真と見積もりを依頼するのがおススメです。

用意が整ったら保険会社へ送り
保険会社の審査を待つという流れです。

 

免責がある・無しも確認しましょう

修理費の見積もりが20万円までは自己負担という
『免責』がある契約の場合もあるので保険会社に確認してください。
掛け金が高くなっても免責ゼロをおすすめします。

 

新築で10年未満なら建てた業者にまず連絡!

もし新築10年未満の家で
雨漏りや屋根が飛んだりした場合、
まず家を建てた業者へ連絡してください。
それは、建てた業者が加入しなくてはいけない
「住宅瑕疵担保責任保険(じゅうたくかしたんぽせきにんほけん)」

というなんとも難しい漢字の保険があり、
新築で10年未満で雨漏りなど不具合があって
修理した場合、家の持ち主ではなく
建てた業者が加入しているこの保険金で
修繕をするという保険です。

 

住宅瑕疵担保責任保険に関する国土交通省のHPはコチラ

 

火災保険を使った悪徳訪問販売の手口

火災保険請求に申請代行業者とのトラブルが年々増加

上記に記載した通り、申請はご自身でできるような内容ですが

訪ねて来た業者に言われるままに申請と修理の契約

トラブルが多くなっています。

例えば、申請代行の手数料として、
保険金の40%請求されたり、
後で契約をキャンセルしたら
解約手数料を保険料の40%請求されたなど。
 

代行手数料に40%も払っちゃったら、

修理費の半分は自己負担ではないですか!!

 

国民生活センターにはそういった
被害相談が年々増加しているそうです。
 

他にも火災保険に関する悪質な業者とのトラブルが多発

火災保険で住宅を自己負担なく修理できる」と

言って修理の勧誘にくる業者には気を付けてください。
被害内容も様々ですが、警察や国民生活センターでも
注意喚起はしているものの
相談件数は年々増加傾向で
2008年度に比べて30倍!!
相談者の80%が60歳以上!

 

 

「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスの年度別相談件数

※1 2017年度同期件数(2017年7月31日までのPIO-NET登録分)
※2 契約当事者のうち60歳以上の割合(割合の算出には不明・無回答を除く)

相談件数

※国民生活センターHPより

 

 

家の周りを上見てキョロキョロしている業者

日本損害保険協会や国民生活センターなどに
寄せられたトラブル相談の一例が
ホームページにも掲載してありました。

内容の多くは訪ねてきた問題ある
リフォーム業者と契約してしまったケース。

 

・工事費が高いので解約しようとしたら
保険料の50%手数料請求された

強引に契約させられた

・特定商取引法で義務付けられているはずの
契約書がもらえなかった

などなど。

 

「保険金で自己負担なく修理できますよ」などという文言には特に注意

「保険金で直せますよ」というトークと共に
「火災保険の申請も代理でやりますよ」という
親切装った業者の甘い言葉にはもっと注意!!

そこで高額な手数料取られるという事例が多数(>_<)

 

訪問による勧誘が全体の8割、電話が1割強

・自己負担ゼロと説明されていたのに、実際の保険会社の査定で
大半が自然劣化とみなされ保険対象外となり、

業者からは工事の契約はしているからということで
自己負担になってしまった。

・工事費を全額前払いさせられたのに
修理がまったく着工されない、行われてもずさんだった。

・解約しようとしたら高額なキャンセル料を請求された。

 

こんなこんなヒドイ事例は後を絶ちません。

 

 

訪問販売トラブル防止のポイント

・突然訪ねて来た業者とはすぐに契約しない

・工事内容の内訳が詳しく書いてあるか確認

・契約書は必ずもらう

・先に修理費は支払わない

・契約書か申込書を受け取った日を含め8日以内ならクーリングオフができることを知っておく

 

 

トラブルに遭わないチェックシート

突然訪ねてくる業者にそなえ

日ごろから注意できるよう
チェックシートを石川商店で作成しました。
これは消費者センターや警察署にも
置かせてもらっています。
ぜひ活用していただければと思います。

 

 

チェックシート

 

コメント欄で気軽に相談、質問できるようになりました

この記事への質問、疑問、要望、感想などございましたら、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
コメント欄への記入は、お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にコメントできます。
メールアドレスなどの個人情報の収集を目的としていないからです。
多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の発信の参考にさせて戴きたいと思います。

 

 

まとめ

自然災害による被害では火災保険が適用されるということを知っていましたか?

そしてその申請はご自身で手順通りやれば難しくありません。
『知らない』に目を付けた悪質な業者が
ウソの報告で保険金申請をさせようとしたり
多額の手数料を請求してこようとしたりします。
その手にひっかからないよう、
チェックシートを活用していただいたり
「何が正しいのかわからない」とお困りでしたら
全国どこからでも石川商店にお電話やLINEなどから
ご相談ください。

 

 

そではまた

 

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【最近】  インフルエンザが周りに蔓延。かからないぞ!

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事