ポツンと一軒家に住む友人宅で、瓦を接着したら雨漏りが

井上 利里子
井上 利里子
  • ちょっとでも屋根の仕組みを知っていると、取る対策が180度違ってきたりします。良かれと思ったことが、後で困ったことにならないように情報発信必要だなと痛感してます。

すぐ隣近所のない一軒家での暮らし

5,6年ぶりくらいで、和歌山県の熊野古道に近い
集落に移住した友人(女性)から
電話があり、相変わらずのワイルド生活ぶり。

自宅は集落から少し離れた山の中の一軒家で
猫と犬と暮らしているというツワモノ。

もう10年近く経ったでしょうか。
日本が令和になったことは知っているのか。

スローライフって忙しい

聞けば自給自足に近い生活で、毎日忙しいらしいです。
現金収入の部分は、5年前から仲間で始めた
山で仕留めた鹿の肉をペットフードにして
販売するのがちょっと売れるようになったりだとか、
梅干し作って売ったりとか、布ぞうり作ったりとか。

「猫ってさぁ、ウサギの頭がご馳走らしいんだよね、
畑から夕方帰ると、玄関先に猫が取ってきた
ウサギが置いてあるんだけど
いつも首だけがないんだ、たぶんおいしいんじゃないかな」
「へぇー・・・・」

瓦が飛んでいかないよう予防したはずが

そんな彼女のポツンと一軒家は、
数年前の大型台風直撃の際
家の離れがズズズっと動いて
母屋に突き刺さった状態なんだとか。
「突き刺さったままで修理してないから、今家賃タダなんだ~」

「へぇー・・・」
いちいちエピソードが振り切ってて
こっちの出せるネタが思いつかない(;・∀・)

かえって雨漏りになる結果に

離れが突き刺さった母屋は今まで
特に問題もなく暮らせていたようですが、
先日の大型台風で瓦がずれてしまったらしく
見てくれた知り合いが、
「次の台風で瓦が飛んでっちゃうといけないから」と、
コーキングで瓦と瓦をとめる作業をしてくれたそうなんです。

コーキングした後、雨漏りがするように

いざコーキングしてもらった後の雨で
いままで無かった雨漏りが始まったそうです。
彼女の言葉を借りると
「一つの部屋が扉開けてみたら湖になってたんだよ」
と。

ラバーロックによってどうなったのか

ラバーロックとは

ラバーロックやコーキング留めなどと
いくつか言い方があるようですが、
要は友人宅で施工したような
瓦と瓦を接着剤で留める工法です。

ラバーロック

瓦と瓦を接着すると無くなる雨の通り道

一見頑丈そうに感じますが、
そもそも瓦は重ねた隙間があることで
下へと水が流れ、屋根材の下に
溜まらないようになっている仕組み。
そこを留めてしてしまうと、屋根材下の
弱いところから家の中へ入り、雨漏りへと
繋がってしまいます。

 

部分修理も出来なくなる

瓦の良さは、雨漏りでも割れたり欠けたりしたところを
1,2枚取り換えれば修繕完了で、
費用も1~3万円程度で済んでしまうケースが多いのに、
接着しちゃうとそれが出来なくなる!

防水シートの交換時も瓦の再利用が出来ない!!

強風や地震に非常に弱くなる実験結果も

古い工法のままで強風があったとき
瓦が飛ぶことがありますが、
ラバーロックをして全部くっついていると
風を受ける力も大きくなる上、数枚飛ぶだけでなく
バリバリっと屋根全体が飛んでいってしまう危険性が高く、
地震も落ちる時はまるごと落ちるという実験結果が(;´Д`)

あと何年住むかを決めてから業者に相談を

あと5年で住み替えか、30年以上は住みたいかなど期間で
メンテナンス方法も大きく変わってきます。
もちろんかかる金額も。
そのため、まずは今後この家に何年住むのか決めてから
業者にその年数を伝え、それに見合ったメンテナンス依頼を
することオススメします!!

 

ではではそれではまた

 

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【最近】  明日ほんとに雪降るの?ひえ~

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事