「落下してきた屋根材はもしかしてアスベスト入りかも」触っても人体への影響は心配ありません

井上 利里子
井上 利里子
  • 立冬に突入し、冬支度もそろそろしなくてはと思う今日この頃。今夜は鍋だ! 
    石川商店で事務をしております井上です。みなさまこんにちは。

毎日いろんな屋根に関するご相談メール等いただきますが、少しでもみな様の参考になる部分があればと共有していきたいとおもいます。

割れたアスベスト入り屋根材程度なら素手で触っても健康被害なし

台風でお隣のスレート屋根が庭に落下しているのを発見し割れたのも含め片付けた後に、その屋根材がアスベスト(石綿)入りということが分かり、健康被害に影響ないか心配になったとのことでした。
そのご心配分かります!!
私たちはテレビで問題視される『アスベスト(石綿)』という言葉だけが印象的で、「アスベスト=少量でも体に害がある」とインプットされてしまってますよね。
単刀直入にお答えしますと、今回のケースは心配ありません。アスベストを吹き付ける工場や室内の解体工事などで空中への飛散が無く、モロに長時間吸い込んでしまうなどしない限りは大丈夫。

そもそもアスベストとはいったい何なのか

鉱物から採取できる天然繊維であるアスベストは、とても細い繊維でセメントに混ぜると強度が高いスレート屋根材となり多く使用されてきました。建材に使用されてきたアスベスト入りのものが解体などで粉塵にまじり微細な繊維が呼吸器系に入ると人体に悪影響があるということから、使用が禁止となりました。

ですが、国が定めた危険レベル3段階(3が一番レベルが低い)において、屋根の撤去や葺き替えなどでの飛散危険レベルは「3」。一番低いのです。なので作業する人はマスクと、水を撒きながら作業が国から義務付けられていますが、他に比べると非常に軽装で大丈夫です。

粉塵を大量に吸い込まない限り心配ありません

以上のことからアスベストの微細な繊維状の粉塵を、大量に吸い込むと肺機能の低下が懸念されますが、ひび割れから流れ出したものや、割れた破片を片付ける程度では問題ありません。

屋根の塗装で高圧洗浄などしても、健康被害への心配はありませんのでご安心を。

それではまた

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 風邪引きが急増中!

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事