電話やメールで屋根の不具合箇所を説明するのに部位がわからない

井上 利里子
井上 利里子
  • 台風被害による屋根修理が各地で順番待ちとなっております。石川商店にご依頼いただいた方も、見積もりをお出ししてからも、着工までかなり待っていただくことに・・・。
    ドカ雪が降らないことを祈るばかりの、石川商店事務の井上です。
毎日いろいろな屋根に関するご相談メール等いただきますが、少しでもみな様の参考になる部分があればと共有していきたいとおもいます。
屋根に不具合があった時、業者にどの部分かおおよその箇所を説明できると的確に伝わるし、
「ムムッ 屋根のことに詳しいな」となり、無駄な工事を勧められる抑制になったり、悪質な業者からの防衛にもなります。
実際には部位によって細かい名前は付いていますが、おおよその部位を紹介をします。

屋根の形は大きく3つ

『切妻 きりつま』『寄せ棟 よせむね』『入母屋 いりもや』とあり、これらのどれかに大抵カテゴリ分けされます。

形はシンプルであるほど、施工費も抑えられ屋根の弱点も減ります。

反対に複雑であるほど専門技術が入りますが、屋根屋の腕の見せどころ!

 

屋根形状

 

「棟」とはどこの部分か

私たちはよく、通りすがりの業者に「棟がずれている」「棟が剥がれている」「棟部分の釘が浮いている」などと指摘されることが多いかとおもいますが、そもそも“棟”とはどこの部分を指すのでしょうか。
屋根の勾配が交わる頂上部分です。屋根が斜めならたいていある部分です。

棟LINE

 

棟

ケラバとは雨どいが設置してない側の横部分

横側の端部分をケラバ(袖 そで)といいます。

 

ケラバ

 

ケラバ

 

 

 

分からないことや、質問などありましたらお気軽にお電話またはメールで
お問い合わせください。

 

それではまた

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【苦手なこと】 道を覚える
【最近】 もはやウエストゴムはマスト

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事