厄年っていつまで?新年明けて後厄が終わった筈なのでおみくじで確認してみた。

食べ物を蓄える時期がすっかり過ぎ去ったからか、今度は睡魔が進攻してきて絶賛奮闘中のおにゃがわらです。冬眠しろってか。でもその割りに食欲が撤退してくれないのは何故なのか。気を抜いたらおでぶ道まっしぐらじゃないか。生理欲求2種に攻められていつ陥落してもおかしくないけどもコーヒー飲んで昼食はりんごにしてと必死に抵抗している昨今です。あぁお腹すいた(;ω;`)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

年が明けてもう2週間が経過しようとしています。あけましておめでとうございました。
先日…年末年始。親元離れた方々の大多数とおそらくほぼ同じように実家へ帰ってのほほんして参りました。

冬景色

やっぱり外は見事に真っ白。でも平年より少ないような…ってぼやいてたら「溶けたんだよバカ」と母にど突かれました。いやでもそれにしても「片付けたんだっつば」そうですか。

こたつでぬくぬくしつつ大晦日には鴨そばを啜って近所の神社へ初詣。年始は餅をみょーんと伸ばしつつ食べて、のほんと寝転がったり。また神社に行ったり。

明けまして

さて、大事なものを失くしたりやたらうまく行かなかったりと散々だった昨年中。厄年しっかり終わったのだろうか?今年良い事あるんだろうか?今年からもっといい事あったらいいなぁといろんな不安と願いを込めてお守り買っておみくじを引いて参りました。

おみくじ&お守り

こちらの変な筒みたいなの。おみくじと一緒に花の形に結ばれた紐が入っていて、お守りになるんだとか…

おみくじ

すぽんと開けて出てきた紐は形からすると四葉のクローバーらしい?幸運を呼び込んでくれるんだとか。幸せの象徴とされるものですもんね…。
ちなみに、なんで四葉のクローバーが幸せの象徴になってるのかって言うと…何でも、そもそも三つ葉だけでも縁起いいらしいんですが、四つ葉になるともっと強力になるんだとか。ヨーロッパでは夏至の夜に四つ葉を摘むと薬草や魔除けの力があると言われていて、アメリカや日本ではそれぞれの葉に意味を持たせてたり…創世神話にも出てきてたりしてるとかとか。

さて肝心のおみくじは…

おみくじ中身

おおおおお嬉しいけどこれはこれで気を抜いた時にとんでもない事が起きそうで怖い。逆に気を引き締めないとだめなんじゃないかな(°□°;;)素直に喜べないネガティブ思考です。油断も禁物ですね…ただ、おみくじ上だと厄年はちゃんと終わってくれそうです。

ちなみに、本当に厄年が終わったんだろうか?そもそも厄年いつまで?と調べてみましたところ、厄年という風習は平安時代から既にあったそうですね。で、期間は立春から節分までなんだとか。春の始まりが一年の始まりとされていたからだそうです。年が明けたから厄年が終わるという訳ではないんですね…
とはいえ、厄年と言っても悪い事が起こる〜とかではなく、体調悪くなりやすいから気をつけて、という年なんだそうです。成る程、通りで高熱に見舞われる事が多かったと…
今年は体調に気をつけていろんな事にチャレンジしたいものですねー。

 

そんなこんなでまったりと過ごした正月。ほとんど寝正月でした。行くとしてもラーメン食べに行くか買物行くかで…え、これ体重大変なことになってるんじゃ

ゆきんこ

 小さい時に雪合戦やらではしゃぎ転げた公園にて。ちんまり作って仲良く並べてきました。

さて、今回はこの辺でお暇させて頂きまする。

ではまた次の機会に。

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで! blogbnr_mail

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
入社三年目のしがない事務員『おにゃがわら』
事務したり現場お邪魔したりあっちこっち。
rp_4ca650ba95261f45f3da67ba95c0eac9.jpg
【趣味】 読書、昼寝、考察、夢の文章起こし
【目標】 文章構成力の上達。体重-5kg。
【最近】 チェイスのガワと花京院の前髪が気になる。
【一言】 某ジャンルに埋まりきってからそこが沼だった事に
     気がつくけど時既に遅し。

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事