教えて、屋根屋さん!第60回「今の瓦と昔の瓦の違い」

「今の瓦は真っすぐ焼けているから、昔より工事するのが簡単になった」

 

という職人さんがいます。

 

現代、瓦のほとんどは大手メーカーの工場にてつくられています。 最新式の工場には、コンピューター制御の窯があり、温度なども自動調整できます。そのため、ほぼ一律の焼き方ができ、つくられてから50~60年後にも瓦に変化はほぼありません。

 

昔は単窯と呼ばれる4メートル四方ぐらいの窯が2,3個あるような、小さな個人商店で瓦を焼くこともありました。 その場合、全部ではありませんが、焼き加減に違いが出たり、温度が上がり切らなかったりすることも多かったです。 さらに古い時代になると、だるま窯(土でできた窯)を使っており、そもそも火が少ない!なんてことも。30年ぐらいでぼろぼろになってしまう瓦もありました。

 

しかし、現代は焼成温度の関係などにより強度も高くなり、瓦自体も薄くなりました。重さも、多少は軽くなっていると思います。

 

また焼成技術や施工精度が上がっているため、冒頭の職人さんがいうとおり、形もほぼ真っすぐだったり、一定のカーブを描いていたり皆そろっています。昔はねじれていたり、曲がっていたりする瓦も結構ありました。

 

形が不ぞろいですと、まずそれを全部より分けてから、工事する必要があります。そのチェック作業がなくなっただけで、作業時間もだいぶ短縮されました。

 

また瓦はアイデア面でも進化を遂げています。 最近は防災瓦という、周囲の瓦とフックでつながる瓦も登場しました。 瓦というと、強風が吹き込み、軒先から一気にめくれてしまうイメージがある人もいるかもしれません。しかし、最近の瓦は軒先から持ち上がらないよう、上下の瓦が連結するようフックがついているのです。そのため、強風や地震の揺れにも強くなっています。

 

見えないところで進化し続けている瓦たち。今後も新たにどんな瓦が登場するか楽しみですね。

次回は、「お寺の瓦は特殊なの?」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事