屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

教えて、屋根屋さん! 第94回「雨漏りしやすい屋根の場所」

教えて、屋根屋さん! 第94回「雨漏りしやすい屋根の場所」
2016年07月21日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

屋根のなかでも、特に雨漏りしやすい定番スポット3つをご紹介します。

 

1.異物がある場所

 

天窓(トップライト)、煙突、ソーラーパネルなど、外観や機能性の向上のため取り付けを希望される方が多いです。
しかし、これらは屋根にとっては異物。雨漏りのことだけを考えるならば、取り付けない方がベターです。

 

 

2.水が集まる場所(水の通り道になるところ)

 

屋根の専門用語でいう「谷」(二つの屋根面が交わるところにできる入り隅)の部分です。
谷_1

 

自然界でも、谷の下には大体、川があります。
屋根の世界も一緒で、谷には水が集まってきます。

 

屋根の継ぎ目は山折りのイメージかもしれませんが、家の形によっては谷折りにつながっているところがあります。

 

例えば、L字型の家ですと、L字の角の部分はほぼ谷になってしまいます。

photo_20160714_3

その場合、L字の長辺と短辺の両面で受けた雨水が、すべて中央の谷に集まります。
言ってしまえば、通常の2倍の雨量が谷には集まるということです。
その分、雨漏り発生の可能性が高まってしまいます。

 

 

3.継ぎ目がある場所

 

屋根や壁の継ぎ目には、穴が空いています。
例えば、1階や玄関の上などにある屋根と壁との接合部分などはすべて危ないです。

  photo_20160714_2

 また2階しか屋根がない場合でも、棟違いの可能性があります。

棟違いとは、棟の高さが異なる屋根のこと。

 photo_20160714_4

 例えば、L字型の土地に切妻屋根の家を建てると、谷か棟違いが必ずできるので、要注意です。

 

定番の雨漏りスポットを紹介しましたが、まず雨漏りは、プロの屋根屋さんがきちんと施工すればほぼ発生しません!

 

しかし、家自体が古かったり、なかには悪徳業者もいたりします。
それなので、もし自宅の屋根が心配だという方がいましたら、まずは屋根屋さんに相談してくださいね。

 

 

次回は、「屋根の見た目を悪くしない方法」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616