屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

瓦には色々な形があることをご存知でしょうか? J形、S形、F形。各瓦の違いは?

瓦には色々な形があることをご存知でしょうか? J形、S形、F形。各瓦の違いは?
2016年09月22日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

 

 

J形、S形、F形は形が異なります。
J形とS形は皆さんがイメージされる一般的な瓦です。
一番の違いは、S形のほうが瓦の丸みが大きく、J形のほうがどちらかというと平坦です。
しかし、瓦独特のカーブがあることは変わりません。
J形のJは「JAPAN」を意味し、和風を表しています。対して、S形は洋風瓦です。

 

IMG_0780
J形(カーブが少ない和風瓦)

IMG_8979
S形(カーブの山が高い洋風瓦)

 

F形のFは「フラット」のF。そのため、J形、S形と異なり、真っ平らです。日本語では平板瓦といいます。

 

DSCN1848
平板瓦

 

F形には唯一弱点があります。
J形、S形はカーブがあるため水の通り道が決まっており、道なりに水を流せば雨漏りしません。
ただしF形は水の通り道がないため、好きな方向に水が流れてしまいます。そのため、瓦の下に水が入り込んでしまうことがあるのです。そこには、水切りと呼ばれる隠れた水の通り道があるため、屋根の構造部分まで水が染み込むことはありませんが、表面上での水の処理能力という点ではJ形、S形より劣ります。

 

F形にはJIS規格には登録されていませんが、マウント瓦やフレンチ瓦なども含まれることがあります。両種とも山の高さは違えど、瓦独特のカーブがありますので、平板瓦のようなことはありません。このようにF形は、平板瓦以外の形の瓦も含みますので、J形、S形以外の瓦という認識でいいと思います。

 

平板瓦を除けば、どの瓦も機能性はほぼ変わりません。
瓦の最大のメリットである断熱性の高さや、結露の発生の防止、雨漏り防止、屋根の下地の劣化・腐敗の防止などすべてのメリットを享受できます。

 

では、なぜ機能性はほとんど変わらないのに、様々な形の瓦が生まれたのでしょうか。

 

それは、意匠性を高めるためです。

 

屋根のデザインを気にしない方は多いですが、家の外観に対する屋根の占める割合は大きいです。
屋根の色や形によって、意識しなくても重厚感を感じたり、シンプルなイメージを抱いたりします。

 

よく観察すると、屋根に限らず、上層部より低層部の外壁の色が濃い高層マンションを見かけます。
おそらく、上部の色を薄くすることで、圧迫感を感じさせない意図があるのでしょう。
屋根などの上層部は、建物全体の印象を変えてしまうのです。

 

普段あまり気にしないかもしれませんが、使用する瓦によって、家の外観は大きな影響を受けます。
和風の重厚感のある屋根にしたいならJ形、西洋風のオシャレな屋根にするならS形、シンプルな印象の家にしたいならF形と使い分けるのが一番いいかもしれませんね。

 

 

次回は、「海外で使われている屋根の素材」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616