屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

よく使われる屋根材は? 流行りとかあるの?

よく使われる屋根材は? 流行りとかあるの?
2016年12月15日|得する屋根知識Hiroki
Pocket

ー教えて屋根屋さん! 第115回ー

粘土瓦、スレート、金属など世の中に色々ある屋根材。
屋根材の種類は多数ありますが、いったいどの屋根材がシェアを占めているのでしょうか。

 

2016年1月1日の日本屋根経済新聞によると、平成26年の住宅用屋根剤の使用比率(暫定)は

 

粘土瓦 43.5
化粧スレート 26.2
プレスセメント瓦(PC瓦) 1.7
その他(金属など) 29.6

 

同じ記事によると、平成15年度の住宅用屋根材の使用比率は

 

粘土瓦 56.1
化粧スレート 27.0
プレスセメント瓦(PC瓦) 1.7
その他(金属など) 15.2

 

粘土瓦を中心に、ここ10年間で数値に変化があることが分かります。

 

以前は、住宅用屋根材の約7割を粘土瓦が占めていました。
それが現在では、5割程まで減少しました。

 

これは主に都市部での利用者が減っているため。
地方では今でも、7~8割の住宅が屋根に瓦を乗せています。

 

10年以上前は、粘土瓦が減少すると同時に、化粧スレートの割合が増えました。
しかし、上記の数値から分かるとおり、現在増えているのは金属屋根材です。

 

これは耐震を重視した人たちが、重い瓦の代わりに、軽い金属を使用する傾向が強まってきたからだと思われます。

 

といってもまだまだ地方を中心に瓦屋根は顕在。
昭和の原風景の中に家を建てるとしたら、瓦屋根の家が一番なじむということなのでしょう。

 

皆さんも、田舎の民家に足を踏み入れたとき、何だかほっとしたという経験はありませんか?
日本人は、昔ながらの家に行くと、落ち着ける傾向があるようです。

 

しかし残念ながら、都心では瓦屋根の家は年々減少しています。
「重い瓦=地震に弱い」というイメージが一人歩きしてしまい、群馬県高崎市は瓦から金属板など軽い屋根材へ葺き替えたら、築年数など関係なく、補助金を出すことを決定しました。
このような動きが進んでいくと、住宅街から瓦屋根が姿を消す日もそう遠くはないかもしれません。

 

屋根材も常に進化しており、新しい製品も続々と登場しています。
減りつつある粘土瓦も、工場やテクノロジーの改良を受けてどんどん災害にも強くなってきています。
あまり話題に上らないかもしれませんが、家を新築したりリフォームしたりするときは、ぜひ屋根材にもこだわってくださいね。

 

 

次回は、「今後、家づくりはどう変わる?」についてお話しいたします。

 

「教えて、屋根屋さん!」の連載記事の目次はこちら。

お電話でのお問合わせは03-3785-1616まで!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 なんだか断りそうだな、、、
【困り事】 寝ても寝ても眠い病
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616