屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

クボタ(クボタ松下電工外装・ケイミュー)の屋根材に発生しているクラックに要注意!

クボタ(クボタ松下電工外装・ケイミュー)の屋根材に発生しているクラックに要注意!
2017年10月05日|得する屋根知識Hiromichi
Pocket

2001年(平成13年)4月以降、クボタ(クボタ松下電工➡ケイミューに社名変更)から発売された屋根材は、全てアスベストを含まない屋根材として発売されております。

そのためか、屋根材の強度はアスベストを含んでいたものと比較するとやはり「弱くなった」という表現が正しいと思われます。

そんなクボタから発売されていた屋根材において、多く発生している問題が「クラック」と呼ばれる細かいヒビ割れです。

酷いケースになると屋根材が割れて落下してくるなど、あまり公になっていないこれらの問題について考えてみたいと思います。

コロニアルNEO

IMG_6354

 

グリシェイドNEO

IMG_1311

 

ザルフ

IMG_2030

 

ザルフグラッサ

IMG_3087

 

上記の屋根材に共通する不具合とは

当時クボタから発売された屋根材の代表的なものは「コロニアルNEO」と呼ばれるものです。

 

大手ハウスメーカー向けの屋根材としてカタログには掲載されていない「グリシェイドNEO」、そしてコロニアルNEOよりも上級グレードとして位置づけられていた「ザルフ」「ザルフグラッサ」に発生する不具合は「クラック」と言われる細かなヒビ割れです。

IMG_8014

IMG_8613

IMG_3086

これらの「ヒビ」が原因で雨漏りが発生することはほとんどありませんが、場合によっては割れた欠片が落下してくるなどの被害も考えられます。

IMG_2031

IMG_2030

屋根材にこれらの症状が発生していることは、多くのリフォーム業者さんも把握しております。

そこに付け込んだ悪質な営業も頻繁に行われておりますが、これらの不具合については的確な修理を行うことで解決する場合がほとんどです。

もしも異常を発見したり、リフォーム営業から声を掛けられたときには、屋根専門業者による点検を実施したうえで修理を実施することが望ましいです。

 


 屋根専門75年 石川商店
  林 洋道(はやし ひろみち)です
【趣味】鉄道写真、旅行、西部警察、ネコ
【特技】洗車、タイヤ交換、他クルマのメンテナンス
【最近】鉄道の写真撮影に目覚めたかも...
【出身地】鳥取県米子市

 屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616