屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

得する屋根知識

知らなかったでは済まない屋根の基礎知識。

「屋根 x ドローン」の未来は明るい! ドローン会社の話を聞いてきた【屋根 X ドローン研究 第2回】

「屋根 x ドローン」の未来は明るい! ドローン会社の話を聞いてきた【屋根 X ドローン研究 第2回】
2018年02月01日|得する屋根知識Hiroki

2018年は特に屋根屋のイメージ向上に取り組む、東京の屋根屋の三代目、石川弘樹です。

特にドローンは、屋根屋が慢性的に抱えている問題である、詐欺業者の横行の予防に有効なのでは? と、日々ドローンの可能性について考えています。

みなさまにもぼくの考えやドローンの可能性について共有したいと思い、ぼくが日々調べているドローンの情報を、これから随時発信していこうと思います。

今回は、ぼくが所属している東京都瓦工事職能組合の定期総会の研修として、実際にドローン会社さんの話を聞く機会がありましたので、その時のお話をまとめてみました。

1,ドローンってなに?
2,規制やルール
3,屋根との関係性

1,ドローンは空飛ぶスマートフォン

形状はラジコンヘリとほぼ同じだが、1番むずかしいと言われているホバリングを自動でしてくれる頭脳を搭載しており、ラジコンヘリの進化版といえる。

20180131_drone0002_01

・操作がかんたん
・パソコンでデータ分析ができる
・カメラで撮影できる
・アプリで手軽に操作できる

2,飛ばす場所のルールと飛ばす方法のルールがある

20180131_drone0002_02

禁止場所

住宅密集地、飛行場、国の重要施設

方法

夜間、目視外、30m接近、人が集まるイベント

これらの規制を考えると、都内で住宅の屋根の点検でドローンは飛ばせないことになってしまいます。

なので、都内で住宅の屋根の点検でドローンを飛ばすためには、国土交通省に特別な許可をもらう必要があります。

3,屋根との関係性

20180131_drone0002_03

目視点検ができるかも
屋根に上る前の証拠写真になる
ビフォーアフターの写真が撮れる
お客さまと一緒に屋根が見れる

色々な可能性があるが、屋根屋がドローンをどのように活用していくかで変わってくるとのこと。健全な未来をつくるためには、屋根屋が行動していくしかないということでしょう。

ということで、弊社に限らず東京都瓦工事職能組合のメンバー各社からも質問が飛び交い、活発な意見交換がされていました。

20180131_drone0002_05

まだまだ発展途上の屋根とドローンのこと。今後も屋根においてのドローンの有効利用法について、模索していきたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、東京都瓦工事職能組合 震災対策委員長、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
屋根屋のイメージ向上、瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
ブラッククローバー
【困り事】
平均睡眠時間9時間

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
この記事のキーワード
ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616