この秋に値上り。火災保険の加入と共済からの乗り換えがおすすめ

石川 弘樹
石川 弘樹
  • この1年約1000件のご相談を、直接お話しさせて戴いております、石川商店の石川弘樹です。

    今回は、火災保険料が2019年に値上りする、というニュースを見たので、今一度、お客さまに火災保険について真剣に考えてほしいというお話です。

    特に、屋根のカバー工法や葺き替えなど、大規模な工事を計画している方や最近工事をした方で、火災保険に未加入の方は加入を、共済に加入している方には、保険会社への火災保険の乗り換えを強くおすすめします。

目新しい台風21号、24号の被害状況

今回の台風21、24号での被災状況は、お客さまからのご相談や実際の調査にて把握しているだけでも、東日本大震災に迫るかそれ以上の状況と感じています。

日本損害保険協会によると、過去に支払いが多かった災害で、地震保険は、
・東日本大震災 1兆2749億円 2011年
・熊本地震     3753億円 2016年
・阪神大震災     783億円 1995年

火災保険は、
・台風19号 5680億円 1991年
・台風18号 3874億円 2004年
・関東の雪害 3224億円 2014年

というものだそう。
そして今回の台風21号が7478億円、24号が2378億円、となり火災保険の損害額としては台風21号が歴代最高になりました。

こんな台風が頻繁に来られては困りますが、近年の気象状況からすると、年々台風の規模は拡大していく傾向にあるそうです。

 

屋根の大規模工事をする人、した人に強くおすすめ

屋根のカバー工法や葺き替えなど、大規模な工事を計画している方や最近工事をした方で、火災保険に未加入の方は加入を、共済に加入している方には、保険会社への火災保険の乗り換えを強くおすすめします。

というのもお客さまからの相談で、台風21号の影響で2500万円を自腹で払う責任を負うことになってしまった、というご相談を聞き、火災保険に入っていないときの最悪の場合の話を目の当たりにしてしまったからです。

状況としては、実家の屋根を半年前に瓦からガルバリウム鋼板に屋根を葺き替え安心したのと、両親はご存命ではないので火災保険の契約は更新せず。そのガルバリウムが根こそぎ台風21号で飛散、近隣にも被害を出してしまい、修理と損害賠償で2500万円の支払いを要求されているが、施工会社の施工不良とかを問えないのか? というご相談でした。

この話を聞いたときに単純に衝撃的だったのと、もし弊社がマニュアル通りきっちり工事した家でも同じことが起こったとすると、保証としては対象外になってしまう可能性があるので、最終的にお客さまを助けるためには火災保険に加入してもらうしかない、と思ったからです。

 

共済から損害保険会社に乗り換えて保証を厚く

今回の台風24号は東京でも被害は多く、ぼくだけでも100件くらいの屋根を見に行きました。
写真を撮り、応急処置をして、火災保険の申請用の見積りを作り、そのうち保険が出たというご連絡を戴きました。

そうするとほとんどの共済は満額を出すというよりは、被害金額の一部をお見舞金として払う、というのが一般的で全額が火災保険で賄えることはないのです。

安いから共済、という気持ちにもなりますが、今後いざというときは増えることを考えると、保証の手厚い損害保険会社に乗り換えるというのも、ひとつの選択肢だと思いました。

 

火災保険値上げの秋までは見直すのがベスト

火災保険を見直すなら、今年の秋に値上がりする前が一番よいでしょう。
値上げの理由は、やはり自然災害の増加と規模の拡大とのことです。
詳しくは以下の記事を参考に。

 

https://shisankeisei.jp/20181114-fire-insurance-premium-increase-japan-2019-fall/

 

最悪、損害賠償請求される場合も考慮して見直そう

上述した2500万円の支払い義務が生じたお客さまのように、近隣から賠償請求されることもあります。

https://www.bengo4.com/other/n_8603/

 

そのときの費用も火災保険の契約で賄えるタイプもあるので、確認しておきましょう。

もし良い保険屋さんを知らなければ、石川商店にご相談を

リフォームした直後に被災して自腹なんていう、最悪の事態のために火災保険があるのだと痛感しました。
もし良い保険屋さんを知らなければ、石川商店にご相談を。
石川商店と同じく、押し売りしないタイプの保険屋さんをご紹介します。

問い合わせ/申込


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【肩書】
日本屋根ドローン協会代表理事、東京都瓦工事職能組合 震災対策委員長
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
ウェイトトレーニングはじめた
【困り事】
20年前の半分の重さでショック

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事