昭和喫茶ロマンス。武蔵小山にレトロな喫茶店オープン。メニューも懐かしい。

石川 潤
石川 潤
  • 平成が終わり元号が令和に変わりました。古いと言われた昭和は今や歴史の一部になってなんか格式がアップした感じです。武蔵小山にそんな昭和時代を彷彿させる喫茶店が”新規”オープン!?

昭和の喫茶店が武蔵小山に”新規”オープン!?

東京一の長さを誇るアーケード商店街武蔵小山パルム。

近くの戸越銀座も有名ですが武蔵小山の商店街もなかなかの知名度と充実度です。

かわら割道場からだと商店街の人通りの中をあまり通らないで各店にアクセスしやすく、重宝しています。

そんな武蔵小山に先日喫茶店がオープンしました。

その名も「昭和喫茶 ロマンス」。

この令和の時代に昭和喫茶が新規オープン。

不思議な感じです。

お店は通りを挟んで「丸清」の並び、パルム中程の「ダイソー」の向かいの2階。

お店の場所はパルム中程にある以前からある方の「ダイソー」の向かい、1階がレンタルスペースで週替わりでお店とかが入れ替わる「セブンデイズ」の2階です。

1階入り口周辺に食品サンプルが並ぶ、懐かしい感じのメニューがディスプレイされています。

今は開店のお祝いの花が飾られいてるので、なんかオープンしたのかなぁと目を止めますがこれが無くなると気づかずに通り過ぎてしまうかもしれません。

お店は2階なので階段を上らないと中を覗うことができず、すこし入りづらいとも感じます。

お店の中は予想より広く40席くらい。ざっくり昭和の雰囲気。

外からだとお店の広さや混み具合がわからないですが、思いのほか中は広かったです。

カウンターっぽい席とボックスっぽい席、普通の席、インベーダーゲームの筐体の席などがあります。

全部で40席くらいだったと思います。

インベーダーゲームの筐体は2体で計4席です。

白い壁に赤い絨毯、古い日本映画のポスターがあったり、黒電話にジュークボックス、新聞やマガジンのラックがありどことなく昭和な雰囲気です。

BGMは70年代の誰もが知っているような日本のポップスでした。

あとで確認したらジュークボックスで青春歌年鑑をかけていたようです。

モーニングの時間帯に行ったので空いていましたが、それでも着いたときには2人、後から10人ほどお客さんが来ました。

ゲームをするつもりだったのでインベーダー筐体の席に座りました。

 

メニューはモーニング、日替わりランチ、パスタ、トーストサンド、デザートなど。

メニューの品揃えは世代が合えば懐かしいです。

お値段的にはちょっと贅沢な感じでしょうか。

お持ち帰りのお菓子メニューやアルコールも少しあります。

レジの近くに小さなお菓子が並んでいました。

(画像クリックで拡大)

朝に喫茶店に来たことはほとんどないのでここは「モーニング」で。

本来なら食事が来るまでゲームで遊ぶのでしょうが、筐体テーブルあるあるで運ばれてきたお皿で画面が見えなくなることがあるのとモーニングなので早く出てきそうなのでキョロキョロお店を見回しながら待ってました。

 

モーニングはこんな感じです。

レーズンパンにバター、ハムエッグ、サラダ、アイスコーヒー。

スタッフの方のご対応はとても丁寧です。

お店の全体的な雰囲気からは自分よりも少し上かもっと上の世代がはまりそうです。

そのせいかモーニングは量が少し抑えめでした。

 

それなりの世代の人ならご存じだと思いますが筐体席は食べにくいです。

椅子に対してテーブルが低く、その上テーブルの下に足が入りません。

ですがそれも懐かしく思い出しながら食べられました。

インベーダーゲームにも挑戦。

ゲームはタイトースペースインベーダーです。

1プレイ100円。

3機です。

昔何度がやったことがありますが、ジャストな世代ではないと思うので間違いなく下手です。

音はちゃんと抑えてあり、お店のBGMから少しもれる程度なので下手でも目立ちません!

存分にできます。

できる人”ふう”の画像です。

古くはないが懐かしい昭和の雰囲気は楽しめる。割引チケットや二杯目半額サービスで意外と実用的。

なんでもそうですが古いものを維持するのは難しく、また古いものに代わる最新の代替品があったりします。

お店で実際に”使用している”ものは古いものではなく新しいもののようです。

しっかり確認はしませんでしたが黒電話は線がつながっていなかったと思います。

無料で好きなのをかけられるのはいいのですが、ジュークボックスはCDタイプで新しいものです。

ポスターのディスプレイの仕方もとても綺麗です。

自分の知る昭和当時の喫茶店はすでにある程度年季がはいっていたのか、比べるとこちらはちょっと綺麗すぎる印象です。

壁と絨毯の雰囲気は大正のようにも思えます。

もっと上の世代の人からみると昭和の喫茶店の開店当時の雰囲気なのかもしれません。

昭和の”古い”雰囲気を期待すると少し残念かもしれませんが、昭和の懐かしい雰囲気は十分にあります。

実際にお店にいらしたのですが、リタイアされたくらいの世代の方とかが新聞や雑誌を読みながらゆっくり午前中の時間を過ごすのによい雰囲気だと思いました。

そういう通う方にピッタリなお得なチケットがあります。

追記

また、長居する方向けに二杯目半額サービスが拡大されていました。

昭和喫茶ロマンス_20

こういうのがあると気兼ねなく長居ができていいですね。

 

モーニングの種類がもう少しあると通いやすいかもしれません。

他にも懐かしいメニューを見て食べて、その当時の話で盛り上がったりもできそうです。

20代前半とおぼしきお客さんもいました。

そういう世代の方もレトロな雰囲気が楽しめそうです。

 

個人的には汗をたっぷりかいた銅製マグカップに懐かしさを感じました。

いい味でてます。

アイスコーヒーおいしかったです。

今度は時間を変えて食事やデザートを頼んでみたいと思います。

 

「昭和喫茶 ロマンス」のお店の場所、営業時間はこちら。

昭和喫茶ロマンス-地図

営業時間 : 9:00〜23:00

 

 

 

昔から聞いたことはあるけどやったことはない、そんな瓦割りが気軽に体験できます。

下は3才から上は80才まで挑戦者がいらしています。

瓦割りの体験、ご予約はこちらから。

かわら割道場ー東京支部ー

 

また、古い屋根を正しい方法で維持したり、最新の代替品で賢く屋根を修理するご相談はこちらから。

問い合わせ/申込

 


会社周辺を徘徊いや探索してます。

Jun

【目標】今年はダイエットするなんて言わない
【趣味】バラ栽培
【最近】DIYも一段落
【一言】ようやく暑い夏がやってくる

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事