屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

今日のお問い合わせ

お客様からいただいたよくあるご相談をご紹介!

Q. 瓦を接着剤で止めたら永久にメンテナンスいらないって言われたんだけど本当?

Q. 瓦を接着剤で止めたら永久にメンテナンスいらないって言われたんだけど本当?
2017年04月04日|今日のお問い合わせonyagawara
Pocket

季節の変わり目の体調不良に警戒しているおにゃがわらです。

【ご相談者さま情報】
 性  別: 男性
 築  年  数: 約15年
 住  所: ?
 部  位: 屋根
 材  料: 瓦

 

Q. 瓦を接着剤で止めたら永久にメンテナンスいらないって言われたんだけど本当?

A. メンテナンスがいらない屋根はありません。逆に、接着剤で止めてしまった為にメンテナンスの手間がかかってしまったり、瓦の良さをなくしてしまう恐れがあります。

 

【受付:おにゃがわら】

お客様「外壁を塗装するついでに、瓦を接着剤で止める工事を勧められたんですけど、これってよくないんですか?」

おにゃがわら「いわゆるラバーロック工法という工法ですが、デメリットが多くお薦めは出来ません」

お客様「業者さんからは永久にメンテナンスがいらないって言われたんですけど…」

 

壁・屋根・雨樋は同じ足場で工事できる上、メンテナンス周期も同じ。ですので、壁のついでに屋根のメンテナンスするのが一番安くて合理的。

それを親切に教えてもらえて、工事までしてもらえると安心して任せられる気がします。

 

しかし、そもそもメンテナンスが一切不要な屋根や工事は存在しません。どんな屋根でも、経年劣化やアクシデントで修理が必要になります。

また、瓦を全て接着剤で止める【ラバーロック工法】は瓦のメンテナンス方法の中でも全くおすすめが出来ません。

 

確かに接着剤(コーキング)の接着効果はとても強力で長持ち。ですが、防水性は壁に使うものと一緒で15年程度でなくなります。

そうすると、そこから入り込んだ雨水の逃げ場がふさがれてしまい、逆に雨漏り・結露のリスクが高まってしまいます。さらに、瓦以外の部材が劣化した時や一枚割れの差し替えといったメンテナンスがしにくく、何より瓦の再利用ができなくなるとデメリットが多くございます。

 

ラバーロック工法についてはこちらから 

 

同じような不安があれば、お気軽にお電話くださいね。

toiawase

石川商店からのお願い

自己紹介の下に「役に立った」「役に立たなかった」ボタンを設置してみました。

私たちは、屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。

お客様の率直なご感想を受け、よりわかりやすくお伝えできるよう精進いたしますので、もしよろしければご協力をお願い致します。

 


入社四年目のしがない事務員『おにゃがわら』
事務したり現場お邪魔したりあっちこっち。

【趣味】 読書、昼寝、考察、夢を文章に起こす。
【目標】 文章構成力の上達。部屋を片付ける
【最近】 風邪のウイルスすぐ胃袋に来る。
【一言】 こないでくださいお断りします。

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616