アスファルトシングルは5種類ある!種類別の特徴とメリット・デメリットを解説

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ
  • ・アスファルトシングルの種類が知りたい
    ・アスファルトシングルの特徴やメリット・デメリットが知りたい
この記事で伝えたいこと
  • ・アスファルトシングルの種類について理解している
    ・アスファルトシングルの特徴やメリット・デメリットについて理解している

アスファルトシングルには5種類ある

アスファルトシングルには主に以下の5種類があります。

 

  1. 1:シングル
  2. 2:ロアーニⅡ
  3. 3:アルマ
  4. 4:リッジウェイ
  5. 5:オークリッジスーパー

 

ここからは、それぞれのアスファルトシングルについて解説します。

 

アスファルトシングルを屋根材として検討されている方は参考にしてください。

 

アスファルトシングルの具体的な施工方法や施工時に必要な材料と注意点については、以下の記事をご参照ください。

 

アスファルトシングルの施工方法って何?施工時に必要な材料と注意点について解説

 

 

アスファルトシングルの種類1:シングル

田島ルーフィング株式会社が製造しているアスファルトシングル「シングル」。

 

ガラス繊維基材にアスファルトを含浸・コーティングし、スレート砂や彩色焼成砂を圧着して製造するアスファルトシングルで、一般的に多く使用されているアスファルトシングルです。

 

表面は焼成形色砂を仕上げにしているタイプとなります。

 

アスファルトシングルの種類2:ロアーニⅡ

「ロアーニⅡ」も田島ルーフィング株式会社で製造されているアスファルトシングルです。

 

素材自体の優れた防水性を持つアスファルトを使用しており、下葺材の改質アスファルトルーフィングとの組み合わせで、建物への雨水の浸入を防ぐ特徴があります。

 

また、釘と専用接着剤を使用するため、地震や風邪に強いことも挙げられます。

 

重厚感のある天然石仕上げで、高耐久性・防水性を兼ね揃える「ロアーニⅡ」は、あらゆる住環境に幅広く適応することでしょう。

 

>>アスファルトシングル「ロアーニⅡ」とは?担当者様に直接インタビューして製品に対する想いを聞いてみた

 

アスファルトシングルの種類3:アルマ

「アルマ」は、ニチハ株式会社で製造されているアスファルトシングルです。

 

「アルマ」はラテン語で「鎧」を意味しており優れた耐久性と個性が光る洗練されたデザインが特徴です。

 

また、「アルマ」は他の屋根材に比べ、原材料取得から廃棄までの過程におけるCO2排出量が少なく、環境にも優しいのも特徴として挙げられます。

 

セラミックコーティングを施しているため、アスファルトシングルの色合いを維持したい方におすすめです。

 

>>ニチハのアスファルトシングル「アルマ」とは?特徴6つや他社製品との違いを解説

 

アスファルトシングルの種類4:リッジウェイ

「リッジウェイ」は、旭ファイバーグラス株式会社で製造されているアスファルトシングルです。

 

「リッジウェイ」は、独特な2層構造とランダムな粒状彩色石のグラデーションカラーが特徴で、立体感ある陰影を演出し、個性豊かで深みのある屋根にしてくれます。

 

また、屋根飛び火試験認定品(DR-0826〈木造〉他)されているアスファルトシングルでもあります。

 

>>アスファルトシングル「リッジウェイ」とは?担当者様に直接インタビューして製品に対する想いを聞いていみた

 

アスファルトシングルの種類5:オークリッジスーパー

「オークリッジスーパー」は、オーウェンス コーニング ジャパン合同会社が製造しているアスファルトシングルです。

 

海外製品として初めて日本の防火試験(屋根飛び火認定試験)に合格したアスファルトシングルであり、高耐久ファイバーグラスマットを芯材とする二層構造からできています。

 

また、「ライフタイムワランティー」という長期製品保証(制限付き)が受けられるため、安心して使用することが可能です。

 

>>オークリッジスーパーの評判は?担当者様に直接インタビューして想いや製品特徴を聞いてみた

アスファルトシングルのメリット

アスファルトシングルのメリットは以下の通りです。

 

  • ・汎用性が高い
  • ・軽く耐震性に優れている
  • ・割れや錆に強い
  • ・防水性に優れている
  • ・防音性に優れている

 

アスファルトシングルの強みは軽くて耐震性が高い上に汎用性が高く、瓦や金属屋根とは違って割れや錆の心配がないことです。

 

また、釘は打たずに専用のセメントで施工するので、防水性が高くなっているのも特徴です。

 

そして、アスファルトシングルの表面は小石なので、雨音や大きな音を吸収してくれます。

 

屋根の形に特徴のある家や、地震の多い地域の家の屋根などに適した屋根材と言えそうです。

 

アスファルトシングルのデメリット

アスファルトシングルのデメリットは以下の通りです。

 

  • ・軽いので強風に弱い
  • ・耐久性があまり高くない
  • ・表面の小石が剥がれやすい
  • ・技術のある業者が少ない
  • ・カビやコケが発生しやすい

 

アスファルトシングルのデメリットは、強風に弱いことと耐久性にやや心配があることです。

台風が発生しやすい地域では、あまりおすすめできません。

 

また、アスファルトシングルの表面の小石は経年劣化で剥がれてしまいがちです。

排水性が落ちて、水分が溜まってしまい、カビやコケが発生してしまうかもしれません。

 

さらに、アスファルトシングルの施工技術を持つ業者が少ないという問題もあります。

 

アスファルトシングルを施工する場合には、施工の技術がある業者を選ぶことが重要になってくるでしょう。

 

アスファルトシングルのメンテナンス方法

アスファルトシングルのメンテナンス方法は4つあります。

 

  • ・塗装補修
  • ・屋根補修
  • ・カバー工法
  • ・葺き替え工法

 

経年劣化の症状が軽い場合は、コケやカビを洗浄してから「塗装補修」します。

 

次に、壊れた部分・痛みがひどい部分を取り替えるのが「屋根補修」です。

 

また、アスファルトシングルに広く傷みが見られる場合には、古い屋根材の上から新しい屋根材を重ねます(カバー工法)。

 

そして、下葺き材まで腐食が進行している場合には、「葺き替え工法」で下葺き材ごと入れ替えます。

 

より詳しいメンテナンス方法と費用については、以下の記事をご参照ください。

 

屋根屋が行うアスファルトシングルのメンテナンス方法と費用を解説!

 

まとめ:アスファルトシングルの種類や特徴を知って、自分に合った屋根材を選ぼう!

この記事では、アスファルトシングルの種類と屋根材としてのメリット・デメリットを解説しました。

 

また、アスファルトシングルのメンテナンス方法にも触れ、アスファルトシングルについて網羅的に理解できたのではないでしょうか。

 

アスファルトシングルは汎用性が高い反面、日本には正しく扱える業者が少ないという現状があります。

 

そのため、アスファルトシングルを業者に依頼する場合には、信頼と実績のある屋根修理業者を選ぶようにしましょう。

 

「石川商店」では、信頼と実績のある屋根のプロフェッショナルとして、屋根に関するあらゆるご質問やご要望にお答えします。

 

屋根のことでお困りの方や相談したい方は、是非一度「石川商店」までお問い合わせください。

 

問い合わせ/申込

LINE@はこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事