屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

職人現場ノート

現場での気付きやこだわりや屋根上の生きた情報をご紹介!

築20年なら天窓もスレート屋根もメンテナンスの時期。雨漏りの前に、天窓の交換とカラーベストコロニアル葺き替え工事を行いました。

築20年なら天窓もスレート屋根もメンテナンスの時期。雨漏りの前に、天窓の交換とカラーベストコロニアル葺き替え工事を行いました。
2017年05月16日|職人現場ノートHiromichi
Pocket

日本に天窓(トップライト)が普及し始めたのは1980年前後のことだそうです。

天窓の設計耐用年数は25年~30年と言われており、この耐用年数を超えた多くの天窓が屋根に設置されたままとなっているのです。

IMG_1473

30年以上経過した天窓は、今の製品と比較すると防水性能も遮熱性能も明らかに劣っており、さらには天窓本体の経年劣化によって雨漏りや結露といった不具合が発生する可能性が高くなってくるのです。

IMG_1474

そんな天窓にまつわる不安や不満を解消するための工事が「天窓(トップライト)交換工事」なのですが、実はこの天窓を交換するにあたって、防水対策上どうしても天窓周辺の屋根材を撤去する必要があるのです。

そこで、この天窓交換工事をおこなう最適なタイミングは「屋根葺き替え工事」のときなのです。

IMG_1148

IMG_1151

古くなった天窓は、なにかと問題の発生も増えてきます。特に20年以上経過した天窓は、補修部品もなくなりメンテナンス工事を行っても保証は一切つけてもらえない...。

IMG_1675

築20年を超えているカラーベストコロニアルにはアスベスト(石綿)が含まれておりますので、屋根材撤去費及び廃材処理費が発生するため、最近は「カバー工法」による改修工事が多くなっていおりますが、この「カバー工法」によって天窓周辺に雨水が流れ込みやすくなるリスクが高くなり、雨漏りにつながる恐れがございます。

カバー工法によって見た目上の屋根は新しくなりますが、その中で残された天窓だけは古い状態をこの先もずっと維持しなければならないのです。

写真 2017-04-26 13 23 14

IMG_1662

屋根葺き替え工事によって新しく生まれ変わった天窓【ベルックス 手動開閉タイプ 透明合せガラス】

大切な住まいを末永く守り続けるためには、適切なリフォーム工事をすることが重要です。

築25年を過ぎているカラーベストコロニアルであれば、屋根葺き替え工事と同時に天窓(トップライト)を交換してみてはいかがでしょうか?

 


 屋根専門75年 石川商店
  林 洋道(はやし ひろみち)です
【趣味】鉄道写真、旅行、西部警察、ネコ
【特技】洗車、タイヤ交換、他クルマのメンテナンス
【最近】鉄道の写真撮影に目覚めたかも...
【出身地】鳥取県米子市

 屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
Pocket

ページのトップへ戻る
土日祝日も対応! 03-3785-1616