施工マニュアル?経験?どっちが正しい???

こちらの「 職人ノート 」は、日々の工事日記を「 全部見せます!屋根の上の真実 」という気合でお送りするコーナーです。
業界関係者からもクレーム殺到の内容かも知れませんが、納め方には諸説あり、その職人の好き嫌いや個人的見解が含まれます。
また、屋根に関する名前や呼び方は、例え同じものでも色々な名前や呼び方があり、地域や職人さんによって違うこともございます。あらかじめご了承願います。

屋根の上ではほとんど雨に濡れない、雨はともだち、自称屋根マニア、三代目です。

 

先日「 もう大丈夫!悪質業者に騙されない最も簡単な方法! 」という記事を書いた際に、

黄色に塗装された屋根の施工方法がメーカーのマニュアルと違うけれど、

むしろその方が雨漏りが少なくて屋根にとっては良いかも?!という話しをしましたね。

 

そこで今回は、その真相に詳しく迫りたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

施工マニュアル?経験?どっちが正しい???

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1,施工マニュアルの場合
2,実際の施工方法
3,で、どっちが正しいの?
4,まとめ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◯ 施工マニュアルの場合
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずは施工マニュアルを見てみましょう。

施工マニュアル?職人の経験?2

私が問題視しているのは「 平部に使用する桟瓦の施工方法 」です。

って漢字多い〜!意味分かんな〜い!という声が聞こえてきそうですね(汗)。

 

ひとつひとつ解説すると、「 平部(ひらぶ)」とは、ひとつの屋根面の隅っこでは無い中央寄りのいたって平凡な部分、という意味で

「 桟瓦(さんがわら)」とは、その屋根材のメインパーツで屋根の大部分に使用される瓦のことで、

他にも「 本体(ほんたい)」や「 桟(さん)」や「 平(ひら)」や「 地瓦(じがわら)」とも呼ばれます。

この桟瓦を縦方向に見て真っ直ぐ施工する、

「 筋葺き(すじぶき)」「 縦葺き(たてぶき)」

がマニュアル通りの工事方法になります。ただし厳密に指示はされていません。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◯ 実際の施工方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは続いて、実際の施工方法を見て行きましょう!と言っても写真だと非常に分かりづらいのですが、

施工マニュアル?職人の経験?3

このように一段一段が互い違いに施工されています。

これは「 千鳥葺き(ちどりぶき)」という工事方法になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◯ で、どっちが正しいの?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  理論的に雨漏りに強いのは「 千鳥葺き 」です。

ただし、それを屋根の職人さんが知っていても出来ない理由があります。

それは、施工マニュアル通りでないと屋根材メーカーの保証の対象外になることがあるからです。

 

ですから一概にどちらが正しいとも言えないのですが、理論的には、職人さんの経験が正しい事が多い、というのが僕の個人的な感想です。

例えば、今回の屋根材を千鳥葺きに施工したとして、仮に屋根材や屋根に何かの問題があった時に、

屋根材メーカーさんの担当者が言うのは、

「施工マニュアル通りに工事されていないので、責任は屋根工事会社にあります!」

と簡単に言ってくれちゃったりします。

 

この事例のように明らかに施工マニュアルと違うならまだしも、

「ここの防水テープが1mm足りませんね。マニュアル通りではありませんから雨漏りしたんです。これは工事会社の責任です!」

なんてケースもあります。10年間雨漏りしなかったのに?!原因違うじゃないの?って実際違うし、、、

「みなさん天窓・トップライトは特に要注意ですよ!!!」

って言っちゃった。ここだけの話にしておいてくださいね。秘密です秘密。

 

おっとっと、脱線しかけました。この辺りの「 メーカー保証について 」は長くなりそうなので、豆知識の中でゆっくりご紹介しますね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◯ まとめ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしたでしょうか?もちろん、施工マニュアルが全て間違えだ、ということではございません。

しかしながら、細かい部分が記載されていない事は意外と多く、例えば「 現場納め 」という表現もチラホラ見かけます。

だからこそ重要なのは、工事をする職人さんが、何をどれだけ知っててやってるのか、もしくは知らなくてやってるのか、ということです。

ただ言葉で説明するのって凄く難しいですからね。

これは昔からこうなんだ!ではなく、しっかりと分かりやすく説明出来るように、より深く理解しないとですな。

日々精進、精進。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜20141125_profile_01昭和二十六年創業。屋根に関する製造・販売・工事の全てを経験。
屋根専門石川商店の三代目、1級かわらぶき技能士
石川弘樹(いしかわひろき)です。
【趣味】  ワンピース(マンガ)
【目標】  瓦割り世界チャンピオン
【ブーム】 ダイエット、mon-bell凄い
【困り事】 玄米炊くのに時間掛かる
屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事