ニチハ パミール【報道番組で公表された真実】

ニチハの製造した屋根材パミール(製造期間1996年~2008年)は、屋根材表面の剥離や屋根材の脱落・ズレ等、リフォームをご検討中の方やリフォーム開始後に発覚するケースが増えております。

この問題については、2014年6月に関西地域で放送された「VOICE」という毎日放送(MBS)の報道番組の中でも特集を組んで取り上げられておりました。

一時番組ホームページ上でも放送内容の動画見ることが出来たのですが、現在では全く見ること出来なくなっております。

そしてこの番組において、パミール特集の第2弾も放送する予定でした。しかし見えない圧力がかかり編集した映像その他は全てお蔵入りとなった経緯がございます。

以下、当時の放送内容を文字情報と写真でご紹介します。(※写真は実際のニュース映像とは異なります)

続いては特集です。

きょうはVOICEが気になるテーマや疑惑を徹底的に調査する「特命調査班」マル調です。
きょうはせっかく購入した夢のマイホーム。
その屋根が築10年ほどでボロボロと剥がれていく事態が起こっています。
通常は20年はもつとされるものだけに、施工業者も疑問を抱いています。
いったい、何が起こっているのでしょうか?滋賀県大津市の一軒家。
ある異変が起きていました。

の外をのぞいてみると…

IMG_8262

記者リポート「一見してめくれているのがわかりますね」

表面がめくれ、欠けたり、そりあがった屋根。

下から見るとこのとおり。まるでミルフィーユのように何層にも剥がれが起きています。

剥がれは全体に及び波打っています。

少し強い風が吹くと、破片が落ちてきます。

IMG_2695

築11年でこの状況、雨漏りへの不安も募っています。わずか10年少しでボロボロになる屋根。
実は、Aさんの家に限ったものではありませんでした。

マル調が訪れたのは、岐阜県内のある住宅街。すると…

記者リポート「あっ!ここもひどい!」

IMG_7516

築10年少しの家が建ち並んでいますが、軒並み、屋根が痛んでいました。
ここも。そして、この家も。先ほどのAさんの家と同じようにめくれあがっていました。

自分の家の屋根は、あまり見ることがないという住民も…滋賀や岐阜で見られた剥がれる屋根。
実は、すべて同じメーカーの屋根材でした。

販売したのは名古屋市に本社のある「ニチハ」。東証一部上場の住宅用外壁材の大手メーカーです。
屋根は「パミール」という1996年から2008年まで販売された商品でニチハが屋根材への本格進出を図り、生産したものでした。

パミール表紙

パミール内側

パミールは当時、広く流通していたものですが、マル調が取材したほとんどの住民は自分の家がニチハのパミールを使っていることを知りませんでした。

施工業者の保証期間である築10年を過ぎていることもあり、自分で塗装をやり直しているような家もありました。

IMG_0694

(※注意 塗装工事5年後のパミールです。パミールは再塗装工事をしても表面の剥離を止めることは出来ません)

インターネットで調べて初めて「パミール」だと知った滋賀県のAさん。
そこでニチハに問い合わせましたが、担当者は「屋根材には問題はない」の一点張りだったといいます。
ニチハが説明するのは、「年数がたったために自然に劣化した」という「経年劣化」によるもの。
しかし、この説明には、マル調が取材した複数の建築関係の業者から疑問の声があがっています。
そのうち一人のリフォーム業者が「ニチハとの取引がある」ため顔を映さないという条件で取材に応じました。
リフォーム業者によるとパミールのようなスレート屋根材は通常20年程度はもつといいます。
このためパミールの傷み方は、あまりにも早いと話します。

マル調は今年4月ニチハに取材を申し込みましたが、「屋根材をめぐり裁判を起こしている」としてこれを拒否。
先月再度依頼しましたが、担当者の海外出張を理由にいまだ回答がありません。
そこで取材をすすめると、ニチハは「経年劣化」とは違う「別の原因」をあげパミールの不具合について裁判で争っていたことがわかりました。

記者リポート「ニチハは4年前、屋根のトラブルを公表していました」「その際、トラブルの原因を屋根を取り付ける際に使われた釘だとしていました」

 これはニチハが2010年11月に出したパミールに関するプレスリリース。キャプチャ

【プレスリリース】

「屋根材「パミール」販売時に無償配布した「パミール用釘」の一部に耐食性表面処理(ラスパート処理)のメッキ厚の薄いものが混入していたことが判明しました。メッキ厚が薄い場合、経年に伴う腐食の進行が早まる可能性があり、屋根材のズレ・落下などが生じる可能性があります」

IMG_6219

 交互に重ね合わせて使うパミールの屋根。

その一枚は幅およそ90センチ、縦およそ40センチで、長さおよそ4センチの釘を打ち込んで固定させています。

釘は屋根材に覆われているため直接雨があたることはありません。

しかし、ニチハの主張によると、この釘の錆び防止の処理が甘く腐食し屋根がずれたり、落下するなどのトラブルが生じたというのです。

IMG_6946

しかし、釘を納品した東大阪市の下請け会社は専門家による鑑定も行ったうえでニチハの発表に真っ向から反論しています。

IMG_4678

(※パミール改修現場より採取した釘です。右側の2本はパミール釘で東大阪市の下請け会社で製造されたものです。左の3本はコロニアル釘、当時クボタ・コロニアルNEO用に他社で製造されていた釘です。東大阪市の下請け会社で製造していた釘よりも劣化していることがよくわかる写真です)
 

両社の主張は、いま裁判で争われていて真相はわからないままです。

 雨漏りを心配していた冒頭の滋賀県のAさん。
ニチハに苦情の手紙を出したところ担当者が家に訪れ、屋根を見に来ました。

そして数日後、ニチハは解決金を支払うことを提案しました。
 

取材をした範囲では屋根の傷みに気付きながらまだ多くの人がニチハのパミールだと知らず、救済を受けていないとみられます。

 

この問題、どれだけ広がりを見せるのでしょうか?

 

以上がMBS毎日放送で取り上げられた内容となります。

 

実はこの特集、第2回の放送予定があり、弊社の三代目が取材を受けていたのですが、お蔵入りしたと連絡がありました。

なにやら不穏な力を感じざるを得ません。

放送の最後と同様に、この問題、どれだけ広がりを見せるのでしょうか?

問い合わせ/申込

 

◆この記事と合わせて読みたい!◆

ニチハ・パミール 経年劣化の傾向と対策を考える

 パミールの葺き替え工事で判明!屋根材は雨が漏らなきゃいいの?(動画あり)

 ニチハパミールへの改修工事に使用される「アルマ」の工事の様子をお見せします!

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

屋根専門75年 石川商店rp_4ca650ba95261f45f3da67ba95c0eac9.jpg
林 洋道(はやし ひろみち)です
【趣味】  旅行、F1観戦、F1チームのウェア集め、西部警察、ネコ
【特技】  洗車、タイヤ交換、他クルマのメンテナンス
【最近】   レッドブル・レーシングのウェアが欲しい...
【出身地】  鳥取県米子市

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

石川商店からのお願い

自己紹介の下に「役に立った」「役に立たなかった」ボタンを設置してみました。
私たちは、屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。
お客様の率直なご感想を受け、よりわかりやすくお伝えできるよう精進いたしますので、もしよろしければご協力をお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 234 人中 227 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事