スレート、コロニアルの台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

石川 弘樹
石川 弘樹
  • ぼくは「 被害に合わないこと 」 が、いちばん平和だとおもいます。

     

    火災保険で直せばたしかにタダだけど、修理するまでには半年〜1年待ちで、待っている間ずっと、わが家の雨漏りの心配をしつづけるのは、精神的につらいですからね。

     

    今回は「 スレート屋根 」 の台風対策のお話しです。

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

●ちょうど火災保険を見直そうと、おもっていた方
●「そもそも被害に合わない方法はないの?」  とおもっている方
●「ウチは、10年に1回塗装しているから大丈夫」 とおもっている方
●「火災保険ならタダだけど、予防は自腹だし、ホントに意味あるの?」 とおもっている方

この記事で伝えたいこと

 

●スレート屋根の、台風被害の事例と原因
●スレート屋根の、災害対策工事の方法と費用

 

この記事の動画はこちら。

 

スレート、コロニアルの台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

台風被害にあう前に予防できたらいいけど、自腹で費用をかけてまで予防する必要って本当にあるの? という声が聞こえてきそうなので、まずはスレート屋根の台風被害の事例をご紹介します。

 

台風による屋根被害の実例と原因

一般的な屋根では、屋根の中央部分がうける風の力を「 1 」 とすると、

軒先「 2 」 (のきさき):屋根の先っぽ
けらば「 2.5 」:屋根の横はじ
棟「 5 」(むね):屋根のてっぺん

と言われています。

風の影響力

 

今から紹介する3つの事例は、

事例① 屋根材が部分的にめくれて飛ぶ
事例② 屋根のてっぺん部分がめくれて飛ぶ
事例③ 屋根が下地ごとめくれて飛ぶ

で、これらは実際に2018年の台風21、24号、2019年の台風15、19号で被害にあったお客さまの、屋根の写真です。

 

事例① 屋根材が部分的に飛ぶ

屋根材が部分的に飛んでしまう被害です。

 

【屋根材が部分的に飛んだ事例①】
スレート屋根材が部分的に飛んだ事例①

 

【屋根材が部分的に飛んだ事例②】
スレート屋根材が部分的に飛んだ事例②

 

【屋根材が部分的に飛んだ事例③】
スレート屋根材が部分的に飛んだ事例③

 

原因は2種類あって、

■① 屋根材の強度不足で、屋根材が折れたり割れたりする
場合と、

■② 屋根下地の強度不足や釘のサビで、その部分の屋根材が釘ごとはずれる
場合の2種類です。

 

その違いは、①は釘が残っている、②は釘が抜けている、かで区別できます。

 

【釘が残っている】
釘が残っている

 

【釘が抜けている】
釘が抜けている

 

釘が残っているか、抜けているかは、次の予防メンテナンスの方法がちがってくるので、とても重要です。

 

事例② 棟(屋根のてっぺん部分)が飛ぶ

屋根の棟(むね = てっぺん部分)が、部分的に飛んでしまう被害です。

 

【棟が部分的に飛んだ事例】
■ 棟板金(棟の金属のフタ)だけ飛散
スレート屋根の棟が部分的に飛んだ事例①

スレート屋根の棟が部分的に飛んだ事例②

 

原因は、棟板金(棟の金属のフタ)の下地の木材の劣化で、棟板金をとめている釘まわりの木材がくさってフニャフニャになったことで、棟板金が飛んでしまったり、下地の木材ごと飛んでしまったりする場合があります。

 

■ 棟下地ごと飛散
スレート屋根の棟が部分的に飛んだ事例③

事例③ 屋根の下地ごと飛ぶ

屋根材というよりは、下地ごと屋根がごっそり飛んでしまう被害です。

 

【屋根の下地ごと飛んだ事例】
スレート屋根の下地ごと飛んだ事例

 

原因は結露や雨漏りで、屋根の下地を止めている釘がサビたり、釘まわりの木材がくさってフニャフニャになったことで、傷んだちかくの屋根が下地ごとはがされてしまうのです。

 

スレート屋根の台風被害の事例3つ
  1. 事例① 屋根材が部分的にめくれて飛ぶ
  2. 事例② 屋根のてっぺん部分がめくれて飛ぶ
  3. 事例③ 屋根が下地ごとめくれて飛ぶ

という台風被害が、現実に起こっています。

 

スレート屋根の予防対策工事の時期は5年、15年、30年

それではこれらの台風被害の、予防対策の工事は、いつ、何をすればよいのでしょうか。

まず、スレート屋根を予防的にメンテナンスする時期の目安は、5年、15年、30年、と覚えましょう。

そのタイミングで、上記の台風被害の原因がおこってくるのです。

 

スレート屋根の劣化は、

スレートのひび割れ発生

屋根のてっぺんのフタ部分の劣化

屋根の防水シートが劣化

屋根材の下地の木材が水分で強度不足

防水性や耐風性の弱体化

のような流れとなっています。

劣化症状がおこる前に、予防メンテナンスをしましょうということになります。

 

5年、15年、30年の予防対策工事の方法と費用

予防メンテナンスの時期と内容をしては、

5年おきに、ひび割れ補修【1〜3万円】
築15年で、棟板金の釘の増し打ち、もしくは棟交換【3〜30万円】
築30年で、カバー工法、もしくは葺き替え【100〜180万円】

がおすすめです。

それぞれの予防対策工事の方法と費用を、確認しましょう。

※ 費用は、屋根面積が30坪、100㎡の家を想定しています。目安としてお使いくださいませ。

 

5年おき: ひび割れ補修【1〜3万円】

屋根材の強度がよわくなっている症状として、ひび割れや割れが確認できます。

 

ひび割れや割れた屋根材が台風で飛んでしまう前に、接着剤で固定しておきます。

割れて近くに屋根材が割れずに残っていれば、かけらを接着剤でくっつけてあげればよいでしょう。

 

ちなみに、スレート屋根材の差し替えはあまりおすすめしません

 

理論的には差し替え可能でも、現実的に1枚だけの差し替えが難しいことが多く、その分、予定よりも費用が増えることもあるし、どうしても防水シートを傷める可能性があるからです。

 

【ひび割れ補修】
スレートひび割れ補修

スレートひび割れ補修

 

【割れ補修】
スレート割れ補修

 

ひび割れ補修の費用は、1〜3万円です。

項目内容
おすすめ時期5年おき
工事名ひび割れ補修
内容ひび割れの拡大防止
屋根材の落下防止
接着剤で応急処置
費用
(※ 30坪100㎡)
1〜3万円
何年保つか作業時に踏み割れる可能性
→ 5年おきにチェック
接着効果は30〜40年

 

ただし屋根材が部分的に飛んでしまった原因が、屋根下地の強度不足や釘のサビだった場合は、下記の築30年と同じように、部分的な葺き替え工事で、屋根下地の木材を補修する必要があります。

 

築15年: 棟板金の釘の増し打ち、もしくは棟交換【3〜30万円】

屋根のてっぺんの金属のフタである「 棟板金 (むねばんきん) 」の飛散対策として、行います。

 

棟板金を固定する釘を、追加で打つ工事を「 棟板金の釘の増し打ち 」といいます。

棟板金を固定するための、土台の木材から交換する工事を、「 棟交換(むねこうかん) 」といいます。

 

このいずれかの工事を、行いましょう。

 

■ 棟板金の釘の増し打ち
  (銀色が古いモノ、黒色が新しく増し打ちしたモノ)
棟板金の釘の増し打ち1

棟板金の釘の増し打ち2

棟板金の釘の増し打ち3

 

棟板金の釘の増し打ちの費用は、3〜5万円です。

 

棟交換では、必ず木材を交換し、下地の木材は、必ず「 垂木 (たるき) 」や「 棟木 (むねぎ) 」という家の構造上の骨組みに固定し、強度を確保します。

 

■ 棟交換 新しい下地木材をしっかり固定
棟交換 新しい下地木材をしっかり固定

 

しっかりと固定した下地の木材に、棟板金を固定します。

 

固定釘は、最低45cm間隔、強風対策として30cm間隔で打ちます。

■ 棟交換 新しい棟板金
新しい屋根のフタ 棟板金

 

なお棟交換をする場合、棟板金の固定釘の代わりに、ビスを使うことで、下地の木材に棟板金を、より強く固定することができます。
ビスの引き抜き強度を調べると、釘に比べて2〜3倍の強度があるからです。

■ 棟板金をビス固定で、より強く
棟交換 棟板金をビス固定で、より強く1

棟交換 棟板金をビス固定で、より強く3

棟交換 棟板金をビス固定で、より強く2

 

ただし、釘の増し打ち工事のときに、ビスを使うのはおすすめしません

 

実験上、いくら半分以上の強度が残っている木材でも、ビスの太さに耐えられず、木材が割れてしまうことが多く、反対に強度が下がってしまうからです。

 

棟交換の費用は、10〜30万円です。

項目内容
おすすめ時期築15〜20年
工事名棟交換
内容台風、強風での飛散防止
屋根のてっぺんのフタの交換
費用
(※ 30坪100㎡)
10〜30万円
何年保つか20〜30年

 

「 釘の増し打ち 」と「 交換 」 わが家はどっちがいいの?

釘の増し打ちか、交換かを選ぶ基準として、棟板金を固定するための土台の木材の強度を計測します。

 

計測方法は、棟板金に釘を打って、その釘を引き抜く力がどれくらいあるかを計測します。

 

その数値が、新品の木材の強度を「 100 」とした場合に、50以上だったら釘の増し打ち、現在の強度が50未満だったら交換というのを、基準とします。

 

釘の増し打ちは、もともと45cm間隔で打たれている既存の釘の間に、新しく釘を増し打ちしていく作業です。

なので釘の増し打ち工事を終えると、棟板金が2倍の釘で固定されることになります。

棟板金の釘の増し打ち1

 

その時に、木材の強度が元の半分以上であれば、すくなくとも元の強度まで回復していることになるので、木材の強度が50以上、半分以上あるのであれば、釘の増し打ちでよいという根拠にしています。

 

実際の木材の強度測定には、こちらの計測器を使い、木材の釘の引き抜き強度を測定します。

 

■ 棟板金の下地木材 釘の引き抜き強度測定器
棟板金の下地木材 釘の引き抜き強度測定器

 

棟板金の固定釘として、広く流通しているこちらの釘を、

 

■ 棟板金の固定釘
棟板金の固定釘

 

棟板金に10mmほどを残した状態になるように、打ち込みます。

 

■ 棟板金の固定釘の仮打ち
棟板金の固定釘の仮打ち

 

その頭に測定器をひっかけて、引き抜き強度を測定します。

 

■ 釘の引き抜き強度測定
釘の引き抜き強度測定

 

この場合、新品で60程度のところ、平均して40出ているので、釘の増し打ちで大丈夫となります。

 

なお、測定時の釘を抜いてできる釘穴は、測定後に、角度を変えて釘を打ち直すことで、釘穴は塞がりますので、ご安心を。

 

築30年: カバー工法、もしくは葺き替え【100〜180万円】

築30〜40年で、屋根の防水シートである「 ルーフィング 」の、耐用年数の限界とされています。

雨漏りしていると、屋根の下地の木材の強度不足による被災が起こりやすくなるので、この時期に、防水シートを貼り直してあげるのがよいでしょう。

 

防水シートを貼り直すためには、2つの工事方法があります。

カバー工法 (重ね葺き) と、葺き替え工事です。

 

カバー工法は、既存の屋根材の上から、防水シートを貼って、新しい屋根材を設置していく工事方法です。

葺き替えは、既存の屋根材をはがしてから、防水シートを貼って、新しい屋根材を設置していく工事方法です。

 

既存の屋根材をはがす人件費や、はがしてゴミとなった屋根材の処分費を考えると、基本的に葺き替えよりもカバー工法が、費用が安くなりやすいです。

カバー工法だと100万〜130万円、葺き替えだと120〜200万円、となります。

 

なので、なんでもカバー工法という風潮もありますが、屋根自体の下地木材が劣化が原因での被災も起こりやすい築年数になっているので、下地の強度確認をした上で、カバー工法か葺き替えかを選択しましょう。

 

ちなみにカバー工法をするときに、既存の屋根材の上に、直接、屋根の下地木材である「 野地板 (のじいた) 」を貼る業者もいますが、基本的にはおすすめしません。

結露する可能性が、高いからです。

 

つまり下地木材の強度確認で、強度に問題なければカバー工法、強度が不足しているなら、葺き替えで野地板の増し貼りをして下地を補強することになります。

 

■ カバー工法の施工事例
スレート屋根 カバー工法 工事事例1 スレート屋根 カバー工法 工事事例2 スレート屋根 カバー工法 工事事例3

 

屋根の下地の強度が足りなかったり、確実な安心を買うのであれば、葺き替えが確実です。

 

葺き替えの場合、古い屋根材をはがしたら、新しい屋根の下地の木材を、古い屋根の下地の上からもう1枚貼りましょう

【新しい木下地】
新しい木下地

このとき古い防水シートも結露を防止するために、できるだけはがします。

【古い防水シートはなるべくはがす】
古い防水シートはなるべくはがす

 

【台風対策「 強風施工 」がおすすめ】
コロニアルグラッサ 強風施工

 

■ 動画

 

【踏み割れのない「 アスファルトシングル 」にする】

 

もしくは、踏みわれの全くない「 アスファルトシングル屋根材 」 での、葺き替え工事がよいでしょう。
中でも、「 オークリッジスーパー 」 という商品は、風速50m/sの設計強度を、強風施工で得ることができるのでおすすめです。

 

■ オークリッジスーパー
アスファルトシングル屋根材で、葺き替え

 

屋根の下地の補強工事は、20〜40万円です。ただ補強工事だけ行えないので、葺き替え工事と合わせると費用は180万円です。

項目内容
おすすめ時期築30〜40年
工事名葺き替え
内容古い屋根材を剥がす
新しい屋根材にかえる
屋根下地を強化できる
費用
(※ 30坪100㎡)
180万円
(※ 屋根材= シングル)
何年保つか30〜40年

「 カバー工法 」と「 葺き替え 」 わが家はどっちがいいの?

棟板金の釘の増し打ちか交換と同様に、カバー工法か葺き替えかを決めるのに、屋根の下地の木材の強度を確認します。

 

計測方法は、棟板金の下地の木材の強度確認と同じように、屋根にビスや釘を打って、そのビスを引き抜き力がどれくらいあるかを計測します。

 

カバー工法する時の屋根材によって、メーカーごとの基準がありますが、ざっとまとめると、

    • ● 固定釘やビス1本あたりの必要な引き抜き強度は、370N•m
    • ● 安全率を考慮すると、600〜1000N•m

このような感じになっています。

 

これを屋根の下地木材の痛みやすい箇所を中心に、各面1〜数カ所、確認します。

 

■ カバー工法の屋根材の固定ビス
カバー工法の屋根材の固定ビス

既存の屋根材に、10mmほどを残した状態になるように、打ち込みます。

 

■ カバー工法の屋根材の固定釘の仮打ち
カバー工法の屋根材の固定ビスの仮打ち

 

その頭に測定器をひっかけて、引き抜き強度を測定します。

■ ビスの引き抜き強度測定
カバー工法 ビスの引き抜き強度測定

 

この場合、金属屋根材メーカーの基準の大半が、300〜600N・mとしているので、平均して○○出ているので、カバー工法で大丈夫となります。

 

なお、測定時のビスを抜いてできる釘穴は、測定後に、コーキングという防水シール材で埋めるので、ご安心を。

■ 防水シール材で穴埋め
防水シール材で穴埋め

 

まとめ: 台風被害は予防対策工事で最小限に

今回の話をまとめると、

スレート屋根の台風被害の予防対策工事の方法と費用
  1. ひび割れ補修 【5年おき】 1〜3万円
  2. 棟の釘増し打ち or 棟交換(むねこうかん) 【築15年】 3〜30万円
  3. カバー工法 or 葺き替え(ふきかえ) 【築30年】 100〜180万円

 

ということになります。

時期目安工事内容と費用
(※ 30坪100㎡)
5年おきひび割れ補修
1〜3万円
築15〜20年棟板金の釘増し打ち or 交換
→ てっぺんのフタ交換
3〜30万円
築30〜40年葺き替え
→ 全交換
135〜160万円
(※ 屋根材= シングル)
築30年前後
※ 下地の強度確認必須
カバー工法
→ 上からかぶせる
100〜130万円
※ 年数に関わらず非推奨塗装
30〜40万円

屋根材別、屋根被害予防対策工事の方法まとめ

各屋根材ごとに、台風や地震などの天災や、訪問販売による押し売りや詐欺などの人災、という屋根被害の予防に必要な最低限の修理やメンテナンス方法をまとめました。

屋根材メンテナンス方法
スレート系
コロニアル
カラーベスト
5年毎: ひび割れ補修
15年: 棟の釘増し打ち or 棟交換
30年:カバー工法 or 葺き替え+ 木下地補強
金属系
トタン
ガルバリウム
瓦棒葺き
5年毎: 特になし
15年: 棟の釘増し打ち or 棟交換(不要な仕様もある)
30年: 葺き替え+ 木下地補強
瓦系
日本瓦
洋瓦
コンクリ瓦
5年毎: 特になし
15年: 棟の取り直し
30年: 葺き直し or 葺き替え
シングル系
シングル
アスファルトシングル
5年毎: はがれ補修
15年: 棟の釘増し打ち or 棟交換(不要な仕様もある)
30年: カバー工法 or 葺き替え
※ 雨漏りがある場合は、予防メンテナンス時期の前倒しを、おすすめします。
※ リフォームを想定しているので、最新の工事方法で工事した新築一軒家の場合、予防メンテナンスの時期は変わってきます。

 

くわしい予防対策工事の方法と費用は、下記の屋根材の種類名をタップすると確認できます。

 

■ スレート系: コロニアル、カラーベスト ※ この記事

 

■ 金属系: トタン、ガルバリウム、瓦棒葺き

ガルバリウム、板金屋根の台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

 

■ 瓦系: 日本瓦、洋瓦、コンクリ瓦

和瓦、洋瓦屋根の台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

 

■ シングル系: シングル、アスファルトシングル

アスファルトシングルの台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

 

屋根被害の予防対策についての疑問は、お気軽にご相談を

どんな些細なご不安でもまずはご相談くださいませ。

屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。
その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

 

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

iPhoneの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

電話がつながらない場合は、※ 050ーXXXXー5553 の番号で掛け直します
留守番電話へのメッセージを優先して折り返しお電話いたします。

 

LINEでのご相談はこちらから

友人へのLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
トイレが近い

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事