女性パイロットによる屋根のドローン撮影、写真渡しが9800円【やねミル】

石川 弘樹
石川 弘樹
  • 屋根で損する人をゼロにしたい、石川商店の石川弘樹です。

    「 家の屋根が見たい、点検してもらいたい、と思ってインターネットで調べても、どこの業者がいいのかわからないので、とりあえず放っておこう 」

    日々のご相談から、こういうお客さまが、少なくないように感じています。

    その原因は、押し売りや詐欺、震災時のにわか屋根屋など、屋根屋の評判が悪いことだと思います。

    この現状をつくった屋根の業界人として、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    なので、信頼される屋根屋のあり方を日々模索し発信していますが、悪い屋根屋を変えることは、かんたんにはできません。

    それだったら、屋根屋が家に来なければ、いいんじゃない? と思ったところから、この「 やねミル 」のサービスは生まれました。

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

● 雨漏りしたので、屋根の状態を確認したい
● 業者に指摘されてから、屋根が気になる
● 台風が来る前に、一度見ておきたい
● でも、どの業者に頼めばいいかわからない
● 屋根屋が家に来るので、わざわざ立ち会うのが面倒
● 屋根屋が家に来ること自体が、怖くて頼めない

この記事で伝えたいこと

 

● 気軽に屋根を見る方法が、わかる
● 屋根屋に住所を知られずに、屋根を見る方法がわかる
● 誰にも会わずに、自宅の屋根の状態を確認できる方法がわかる

 

本記事の目次

女性パイロットによる屋根のドローン撮影、写真渡しが9,800円【やねミル】

やねミルとは、サービス全体の名前 (屋号) で、あなたの「 家の屋根を見たい 」にまつわる問題を、解決するためのサービスの総称です。

わかりやすく例えるなら「 ウーバー屋根点検 」です。

 

やねミルの商品のひとつである、屋根「 見る 」とは、女性ドローンパイロットによる、屋根のドローン撮影、写真のデータ渡し (プリントアウト郵送可) 9,800円 (税抜)という商品です。

 

1件のお家の屋根で、5〜15枚前後の写真を撮影し、お渡しします。

 (屋根の形状により、撮影枚数は変わります) 

 

写真をお渡しする方法は、

    • ● 高解像度の写真データの、ダウンロードリンクの共有
    • ● レーザープリンターで、A4普通紙に印刷した写真の郵送

のどちらかを、選択できます。

安心だから、日本一気軽に屋根を見られます

安心だから、

    • ● 雨漏りしたので、屋根の状態を確認したい
    • ● 業者に指摘されてから、屋根が気になる
    • ● 台風が来る前に、一度見ておきたい
    • ● でも、どの業者に頼めばいいかわからない
    • ● 屋根屋が家に来るので、わざわざ立ち会うのが面倒
    • ● 屋根屋が家に来ること自体が、怖くて頼めない

というお客さまでも、気軽に屋根を見られます。

 

パイロット+ 飛行監視員の2名体制だから安心

住宅地などでのドローン飛行では、国交省の安全指針で、監視員をつけて飛行させることが推奨されています。

障害物との距離感の把握や、機体の目視、近隣配慮において、パイロット単独では難しい場面もあるからです。

 

やねミルでは、すべてのドローン飛行で、監視員の女性が1名パイロットとは別に同行し、2名体制でより安全な飛行を心がけています。

 

やねミル独自の「 屋根の空撮研修済み 」で安心

登録されているすべての女性ドローンパイロットに、屋根の空撮研修を受講していただいています。

そもそも、ドローンパイロットとして仕事をするためには、住宅地でドローンを飛ばすのに必要な飛行許可を取得しなくてはなりません。

そのためには、一定の技能があることの証明が必要です。その一定技能とは、10時間以上の飛行実績があること、とされています。

なのでドローンパイロットになるためには、ドローン学校などに通って、10時間以上の飛行の練習をすることになります。

その実績があるドローンパイロットに、さらに、やねミル独自の屋根の空撮研修を受講していただいています。

ドローンだから、屋根にあがらず壊れないから安心

今までの屋根の確認方法というと、屋根屋さんがハシゴをかけて、屋根にあがって見るくらいしか、ありませんでした。

屋根にあがることで、意図的か意図的でないかは別にして、屋根材を踏んで割ってしまい、雨漏りにつながることもあります。

 

万が一の事故のために、賠償責任保険加入済みで安心

万が一、故障や操作ミスで、ドローンが落下してしまい、屋根などを壊してしまったときのために、登録されているすべての女性ドローンパイロットが、賠償責任保険に加入しています。

 

評判の悪い屋根屋に、住所を知られないから安心

「 家の屋根が見たい、点検してもらいたい、と思ってインターネットで調べても、どこの業者がいいのかわからないので、とりあえず放っておこう 」

こういうお客さまが、みんなの屋根の相談所への日々のご相談として、少なくないように感じています。

その原因は、押し売りや詐欺、震災時のにわか屋根屋など、屋根屋の評判が悪いことだと思います。

この現状をつくった屋根の業界人として、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

なので、信頼される屋根屋のあり方を日々模索し発信していますが、悪い屋根屋を変えることは、かんたんにはできません。

それだったら、屋根屋が家に来なければ、いいんじゃない? と思ったところから、この「 やねミル 」のサービスは生まれました。

 

屋根のことは詳しくないから、押し売りされないので安心

すべての女性ドローンパイロットと、お客さまの住所などの個人情報の守秘義務と、屋根についての質問には答えない、という基本契約を結んでいます。

そもそも屋根に詳しいヒトは、屋根屋さん以外にはほとんどいません。それは、やねミルの女性ドローンパイロットも同じです。

とはいえ屋根屋の女性スタッフが、副業としてメンバーにはいることも、出てくるでしょう。

万が一の場合は、本部に報告していただければ、契約違反をしたパイロットには、契約解除の処置をします。

 

終始、誰とも会わなくてもできるから安心

屋根「 見る 」は、ドローンで屋根を撮影して、写真を送付するだけ。

なのでご不在でも、立ち会いなしでも、できてしまいます。

在宅していても何かと忙しいみなさまにも、コロナなどの感染症対策にも、ちょうどいいでしょう。

 

近隣への事前告知も、やねミルがするので安心

ドローンは、皇居とか国会とか空港とかで勝手に飛んでるヤツ、みたいな悪い印象がまだまだあります。

なので突然付近でドローンが飛んでいると、反射的に、警察に通報されることがあります。

警察が来ても、違法行為はしていないので、こちらは問題ないのですが、それなりに時間がかかるのと、なにより物々しくなってしまいます。

事前告知をしたご近所さんのお名前を共有しますので、必要に応じて、追加でお声がけいただけると幸いです。

 

写真を無くしても、やねミルでデータ保管するので安心

撮影した屋根の写真は、やねミルの本部でデータを保管いたします。

なのでもし写真を紛失したとしても、本部にご連絡いただければ、写真を再発行いたします。

 

屋根「 見る 」 9800円の内訳

では、屋根「 見る 」 の9,800円の内訳を、紹介します。

 

女性ドローンパイロットによる撮影費 5000円

ドローンの準備、メンテナンス、保険加入、人口密集地の飛行許可申請、飛行計画登録などを含めた費用です。

 

女性飛行監視員の同行費 3000円

ドローンパイロットの飛行の補助者として、パイロットに同行する費用です。

 

女性ドローンパイロットの交通費 1000円

お住まいの地域の担当の、女性ドローンパイロットが、現地に向かうまでの交通費1,000円前後を、お支払いしています。

 

事務手数料 800円

やねミル本部からの近隣への事前告知、写真のデータベース登録の事務手数料です。

申込から撮影、写真渡しまでの流れ

それでは、屋根「 見る 」のサービスの流れを、お話しします。

申込から撮影、写真渡しまでの流れ
  1. 1、LINEでつながる
  2. 2、撮影日の決定
  3. 3、撮影
  4. 4、写真のお渡し

 

基本的には、スマホアプリの「 LINE 」を使用しますが、LINEを使わない場合は、携帯電話や固定電話でのやりとりでも大丈夫です。

1、LINEでつながる

LINEの「 オープンチャット 」機能を使い、お客さまとやねミル本部とパイロットの3者間で、LINEアプリ上で連絡をとれるようにします。

オープンチャットなら、友だちになる必要もなく、個人のLINEも特定できない上に、関係者しか入れない・見れないので、安心です。

必要に応じて、お客さまのご親族を、LINEグループに追加できます。

LINEでつながる方法

お客さまの携帯電話に、ショートメールで、LINEのオープンチャットへの招待URLが届きます。

ショートメールは「 090−2259−2256 」の携帯番号から、届きます

そちらに参加していただき、購入ID、もしくはお客さまの氏名、もしくは購入画面のスクリーンショットで、本人確認ができれば準備完了です。

2、撮影日の決定

申し込みをするときの、希望日時を基本として、LINEで撮影日を調整します。

近隣への事前案内の都合上、申込日から1週間先での、日程調整になります。

3、撮影

女性ドローンパイロットがご自宅にうかがい、屋根を撮影します。

到着時と、撮影完了時に、LINEグループにメッセージを送ります。

「 立ち会いする 」をお選びの場合は、ご対応をお願いいたします。
「 立ち会いしない 」をお選びの場合は、適宜、メッセージを確認くださいませ。

LINEを使わない場合で「 立ち会いしない 」をお選びの場合は、点検にきたことを伝える手紙を、ポストに投函します。
LINEを使わない場合で「 立ち会いする 」をお選びの場合は、訪問時にインターホンでお知らせします。

4、写真のお渡し

撮影した屋根の写真は、すぐにLINEで共有いたします。

ただし、その画像は自動的に圧縮されるので、高解像度写真データの共有や、印刷郵送は、後での対応となります。

よくある質問

Q. 撮影当日、雨や強風だったら?

A. 雨や強風の予報であれば、日程変更の連絡をします。

天気による飛行可否の連絡は、LINEで行います。

連絡は、前日から撮影1〜2時間前までに、行います。

Q. LINEが使えません。

A. 携帯電話や固定電話でも、ご利用できます。

Q. 建築系の業者ですが、お客さまの代わりに利用できますか?

A. できます。

下記条件を満たした屋根屋さんは、ご利用できます

    • ● 屋根工事業の建設許可
    • ● 社会保険か、国民健康保険加入
    • ● 厚生年金支払い
    • ● 雇用保険、労災保険加入
    • ● 第三者賠償加入
    • ● 下記、宣言文をホームページに掲載し、実行できる
健全な屋根業界のための宣言
  1. 訪問販売、押し売りはしません
  2. 屋根にあがる前に、屋根を撮影します
  3. 被害の予防提案を、重要視します

 

工務店さん、リフォーム屋さんの場合、提携先の屋根屋さんが上記の条件に一致している場合は、ご利用できます。

 → 申込はこちら

屋根「 見る 」に追加できるオプション (商品)

屋根「 見る 」の内容は、

女性ドローンパイロットによる、屋根のドローン撮影、写真のデータ渡しで、9,800円 (税抜) です。

ここに、追加できるオプションの商品をご紹介します。

 

とくに、台風被災してしまったときの火災保険申請用に、被災前にまずは、「 見る 」で9,800円 (税抜) 、2回目に、「 見る 」 + 「 診る 」 の14,800円 (税抜) で、被災前の証拠写真をもとにした、とても健全な火災保険の申請が自分でできます。

 

円滑に保険料が支払われ、申請代行手数料もかからないので、火災保険の申請代行業者などとのトラブルも避けられます

屋根「 観る 」: 自分でドローン操縦 10000円

女性ドローンパイロットによる操縦指導と、保険付きのレンタルドローン込みで、10,000円 (税抜) です。

15分くらいの操縦指導のあと、ご自分でドローンを操縦して、屋根の撮影をしていただきます。

 

お子さまから、ご実家へのプレゼントとしておすすめです。

飛行可能時間は、最大で20分です。

運転可能な条件

飲酒していない、中学生以上とさせていただきます。

ドローンは、飲酒運転が禁止されていますので、操縦前の飲酒はお控えくださいませ。

また基本的には、中学生以上としていますが、小学校高学年は要相談とさせていただきます。

ちなみにメーカーの推奨は、14才以上となっていますが、法的に年齢制限はありません。

 

お住まいの状況によっては、離陸、着陸は、ドローンパイロットが行う場合もあります。

 

屋根「 診る 」: 屋根の専門家の写真診断+ 簡易見積もり 5000円

上記の条件を満たした、屋根の専門家による屋根の写真診断報告書と、屋根メンテナンスの簡易見積もりが届き、5,000円 (税抜) です。

依頼された屋根屋さんには、写真データだけを共有して、診断と見積もりを依頼します。

その際に、住所などの個人情報は、一切共有されません

 

屋根「 看る 」: 地元の屋根屋による精密検査 + 見積もり 10000円

上記の条件を満たした地元の屋根屋さんが、お家にうかがい、屋根にあがっての精密検査をおこない、屋根メンテナンスの見積もりを作成し、10,000円 (税抜) です。

実際に、雨漏りした場合や、メンテナンスやリフォームをしたい場合に、しっかりとした屋根屋さんを探す手間が省けます。

 

「 やねミル 」の目指す未来

やねミルは、

    • ● 屋根を気軽に見たいけど、見られないお客さま
    • ● ドローンの空撮を練習したいけど、環境がないドローンパイロット
    • ● 事務仕事を減らして屋根修理や工事に集中したいけど、被災修理で手一杯の屋根屋

と、3者が抱える問題を、一気に解決できます。

やねミルのサービスが普及することで、

    • ● 一軒家の災害予防への意識増による、被災の減少
    • ● 屋根職人を現場仕事に集中させることによる、災害復旧の迅速化
    • ● 屋根リフォームの押し売りや、悪質な訪問販売による詐欺被害や火災保険の悪用の減少

という、効果が期待できます。

そうなれば、

台風や地震などの、自然災害による被害が少なくなり、一軒家のお客さまも、ドローンパイロットも、保険会社も、屋根屋も、みんなが幸せになる未来がやってきます

女性ドローンパイロットの空撮の練習が、世の中を幸せにします。

屋根の積算という事務仕事を、女性ドローンパイロットと他の屋根屋さんが代行してくれます。

世の中を幸せにする取り組みに参加したい、女性ドローンパイロット、屋根屋さんも随時募集しています。

ご連絡は、こちらから。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事