屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

今日のお問い合わせ

お客様からいただいたよくあるご相談をご紹介!

知らない業者に漆喰の剥がれを指摘され、家族が不安に。でも本当にすぐ補修工事必要?

知らない業者に漆喰の剥がれを指摘され、家族が不安に。でも本当にすぐ補修工事必要?
井上 利里子
井上 利里子
  • 昔の会社仲間との食事会があり、東京駅そばの高層ビルという普段行かないオシャレエリア。日ごろ戸越銀座商店街や家の周辺をウロウロするばかりなので、履いていく靴がスニーカーしかないという事実に直面した、石川商店の事務をしております井上です。こんにちは。 

今日もみなさまからいただいたご相談や質問をご紹介してまいります。

ご自宅の屋根の不具合と似ている事例だったり、知りたいと思っていた屋根のことなどありましたらご参考にしてください。

漆喰の剥がれのメカニズムは

屋根が三角に交わった部分を『棟』といいますが、漆喰はこの棟に積まれた『葺き土』と呼ばれる土の上に、瓦をしっかり固定するために使われます。

この『葺き土』が劣化してくると棟全体が潰れて、漆喰にヒビが入ったり、飛び出てきてしまう現象が現れます。

棟

一般的に漆喰の寿命が20年ほどと言われていて、だいたいこのあたりで『棟の積みなおし』という、古い土や漆喰を取り除き新しく置き、よけてあった瓦を元の位置へもどすというメンテナンスを行います。風雨にさらされる棟は消耗も激しい箇所のようです。

 

漆喰塗り替え工事だけでは根本解決にはならない

まず安心していただきたいのは、いくらこの漆喰が剥がれ落ちようが、棟がずれようが、すぐに雨漏りには直結しません。なぜなら、下には防水シートが全面貼ってあるから!!

そもそも漆喰は雨水に直接触れると水分を含んでしまい、徐々に徐々に内側に染み込み、水が葺き土を侵食し、やがて逃げ場のない雨水がたまり雨漏りへとつながっていきます。そのためにも重ね塗りではなく塗り替えが普通。

ですが、漆喰の剥がれるメカニズムをご紹介した通り、劣化した葺き土を取り替える『積みなおし』をしなくては根本的な可決にはなりません。

無駄な工事をしてかえって雨漏りリスクを上げてしまうことのないよう、通りすがりの業者が勧める工事にびっくりしてその場ですぐサインしませんように!!

 

それではまた

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 赤いスニーカー買った

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
土日祝日も対応! 03-3785-1616