天井から雨漏り。後数年で建て替えを検討してる

井上 利里子
井上 利里子
  • あとおおよそ何年今の家に住むかで施工計画が変わります

こんにちは。
日本一の屋根の相談所石川商店で
事務をしている井上です。

この週末は、幼馴染が出演する浅利慶太氏演出のミュージカル『李香蘭』を観劇してきました。駅の階段でハァハァいう私と違い、涼し気に歌って踊る友人に、プロの仕事見せてもらいました。
4月22日まで東京公演やっているので是非。

さて、今回も日々舞い込んでくる全国の皆様からのお問合せの内容をご紹介しようと思います。

 

今回の雨で、以前からある天井の雨染みから水滴が

どんな家にも屋根がありますが、雨漏りのご相談はとても多く以外と他人事ではない問題です。

今回のご相談は、天井からの雨漏りでお困りの方からです。

その場所は以前から天井に染みがあったそうで、先日の雨ではとうとうポタッと水滴が落ちてきたそうです。

屋根材の下には防水シートが貼られているので、少々のことでは雨漏りはしませんが築20年以上たち、この防水シートが劣化してくると雨漏りリスクがグッと上がります。そして屋根と天井の間には断熱材など入っているため、ポタッとくるまでに実に1年以上経っているという・・・

なので雨漏りがあるということは、木材など家本体のダメージが大きい場合があり、大掛かりな修繕が必要になってしまうことも。

ですが今回ご相談いただいた方のお宅は、数年後に建て替えを視野に入れているとのことなので、雨漏り箇所だけを処置しながら大掛かりな工事はしないのが得策ではないかというご提案をしました。

「あと何年この家に住むのか」という話し合いが重要

いつも石川商店がお客様にお話しする重要な修繕の基準は、『あと何年今の家に住みたいですか』です。その年数によって「最低限の修繕の他、何もしない」「あと30年は住みたいならしっかり工事をする」など期待する年数によって費用のかけ方が変わってきますので、ぜひ業者任せにしない工事内容の選択をしてほしいと思っています。

 

それではまた

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 前髪切っていくうちに恐ろしい短さに
【一言】 修正不可能な斜めの前髪誕生

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事