台風の季節前に備えておく屋根のメンテナンスとは

井上 利里子
井上 利里子
  • 高校生が発見したという、アルコールを付けたティッシュで足裏の常在菌を拭き取ると蚊に刺されにくくなるというのは本当でしょうか。すでに蚊の餌食になりまくっている石川商店で事務の井上です。 実践結果は追ってレポートします。

7月~10月にかけては台風の季節

 

強風や大雨の最中に家に雨漏りや屋根の一部が飛散してしまったなど起きると、家自体へのダメージにもつながり大きな損害になってしまいます。

ぜひ屋根のメンテナンス時期や点検で、大きな被害にならないようにしていただきたいと願っています。

「台風の発生、接近、上陸の経路」(気象庁ホームページより)

台風について

 

棟のメンテナンスで『屋根』を『家』を守る

棟とは、屋根の山になっている頂上部分です。金属屋根やスレート屋根では金属系で、瓦だと全部瓦です。

棟

 

この部分は一番風雨にさらされ、消耗の早い箇所。だいたい築15年前後で瓦なら棟の積み直し、スレートや金属屋根の場合は棟板金の交換をお勧めしています。

たとえこの棟部分が飛んでしまっても、下には防水シートが全面貼られているので即雨漏りということにはなりませんが、重要な部分であることには間違いないので、早めの修理が必要です。ご自宅やご近所にも飛散してトラブルになってもいけませんので。

棟

 

15年前後だと屋根全部を葺き替えるには早いので、通りすがりの業者に勧められてもスルーしてください。

台風以外、地震においても、この棟部分がしっかりしていれば被害は最小限で済みますので、ぜひトップシーズンに入る前に屋根の専門業者に点検を依頼してみてください。

 

それではまた

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。訪問販売, 指摘, 業者, 屋根材の割れ・ズレ, 修理・メンテナンス

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 もしや梅雨明けちゃうの?

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事