屋根点検が気軽にできる世の中のため、都心最大級のドローンの室内練習場をつくりたい

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

屋根点検に特化したドローンパイロットを育てたい

屋根は見えないので、雨漏りでもしない限り、放ったらかしなのが通常です。
そのため、台風や地震で被害にあったり、悪質業者による詐欺が多発しています。

 

屋根の状態を把握していれば、どちらも防げますが、長いハシゴは必要だし、滑って危ないし、なかなか気軽に点検できないのが現状でした。

 

そこに現れたのが「 ドローン 」。

 

ウチでは2017年から、ドローンを使った一軒家の屋根点検をしています。

 

ドローンで屋根を頻繁に点検し、早めにメンテナンスをすることで、災害予防にも詐欺予防にもなり、天災被害が減れば復旧の短期化、火災保険の安定運用、暮らしの安心安全、ドローンパイロットの仕事の創出にもなる。

 

ドローンでの屋根点検の普及が、地域の安心安全、社会貢献につながるという、これぞ屋根屋の仕事だとぼくは思っています。

 

 

クラウドファンディングに挑戦しています

ということで、

 

「 屋根点検が気軽にできる世の中のため、都心最大級のドローンの室内練習場をつくりたい 」

 

というクラウドファンディングに、挑戦しています。

 

 

ご支援は、こちらから

ご支援は、こちらのリンク先からできます。

 

■ 屋根点検が気軽にできる世の中のため、都心最大級のドローンの室内練習場をつくりたい

https://camp-fire.jp/projects/view/574686

 

屋根のドローン点検や、瓦割りやぶっこわしなどのエンタメも、20%オフでご利用できる前売りチケットも扱っています。

 

この機会に、ぜひ。

問い合わせ/申込

 

 

 

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜、脱カフェイン (コーヒー&ペプシ) 2021年6月〜、3行日記2021年8月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
トイレが近い
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

紹介した人された人に、5000円キャッシュバック「 屋根点検ご紹介キャンペーン 」はじめます

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

紹介した人された人に、5000円キャッシュバック「 屋根点検ご紹介キャンペーン 」はじめます

屋根で損する人をゼロにする、屋根屋の石川商店の三代目、石川弘樹です。

弊社の有料点検を、お得にご利用できる、屋根点検ご紹介キャンペーンをはじめます。

特典として、紹介した人された人、双方に5000円をキャッシュバックします。

ご近所さんや、ご親戚で、もし屋根のことを相談されたら、ぜひともこのキャンペーンのことをお伝えしてくださいね。

 

 

ご利用方法

点検のご依頼のお電話をいただくときに、

 

「 どこどこの、だれだれさんのご紹介と 」

 

言っていただくだけです。

 

そして、ご紹介されたお客さまの屋根点検にうかがったときに、現金で5000円をプレゼント致します。

 

ご紹介者さまがご近所のときは、そのときにあわせてお渡しします。

ご親戚や遠くの知人の場合は、紹介されたお客さまの点検日以降に、現金書留でお送りいたします。

 

 

【参考】 石川商店の有料点検は、9800~29800円

石川商店の点検は、押し売りをしたくないので有料です。

点検内容や、お住まいの地域により、9800~29800円( 税抜 ) の設定になります。

 

別途工事をご契約の場合、点検費は工事費に充当になるので、実質無料にはなります。

ただしベルックス製の天窓のガラスシールを、ベルックス社にてメンテナンスを行う場合のみ、充当不可になります。

 

有料点検の内容の詳細は、こちらの記事で確認できます。

■ ドローンで『屋根に上がる前に撮る』から安心。屋根点検の内容と価格 | 石川商店

ドローンで『屋根に上がる前に撮る』から安心。屋根の有料点検の内容と価格

 

 

点検の前のご相談は無料。お気軽にご相談を

屋根のどんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

友人へのLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。

お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
トイレが近い

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【東京都豊島区】築9年、住宅購入時の屋根点検の事例【アスベスト未使用のスレート】

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【東京都豊島区】築9年、住宅購入時の屋根点検の事例【アスベスト未使用のスレート】

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

東京都豊島区で、築9年のいわゆる中古の住宅購入時に、屋根点検をさせていただいた事例を紹介します。

 

点検希望のきっかけは、屋根材の割れ、ということで、アスベスト未使用の「 無石綿スレート 」屋根材の全体的な確認と割れの修理を含めた点検の様子をご紹介します。

 

 

点検の結果、ひび3割れ1枚、風化0枚なので応急処置を実施

先に点検の結果をお伝えすると、ひびが3枚、割れは1枚、風化は0枚でした。

よって、アスベストを使用していないスレート屋根材では、いい状態であると判断しました。

 

また、まだまだ長く住んでいくし、築9年ではカバー工法は早いので今回は、

    • ● 割れの接着補修とひびの接着補強

を、点検時に行いました。

 

また今後のひび割れ発生の抑止と強風対策で、災害予防パックの基本プランを提案しました。

 

災害予防パックの基本プランは、

 

・棟の釘の増し打ち

・ひび割れの接着補修

・屋根材1枚1枚の接着補強

 

という、災害予防の簡易的なメンテナンスを行います。

これでスレート屋根の被災の8~9割は抑えられる想定です。

 

くわしくは、この記事の下部にリンクが貼ってありますので、そちらでご確認いただけます。

 

【補足】ひび割れについて

新築が2004年前後、築15~20年以降の家では、アスベストが入っていなスレート屋根材が使われていることがほとんどです。

これらの無石綿のスレート屋根材は、新築時の踏み割れで、それなりにひび割れが入ってきている状態です。

とはいえ、このせいで雨漏りするということではありません。

ただ、ひび割れが進行して完全に分離すると、割れた屋根材が落下したり、強風で飛散するという意味では、心配な要素ではあります。

もっとも、ひび割れが全体の5%前後くらいであれば、ひび割れしている屋根材に、接着剤を注入する応急処置でも十分だと判断しています。

 

【補足】風化 (ふうか) について

スレート屋根材が、はじっこからボソボソと「 クッキー 」みたいに、くずれてしまう症状を風化と呼んでいます。

これは2、3枚あるかないかくらいが、平均的な状態です。

 

では実際に、屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際のアスベスト未使用のスレート屋根の状況は?

今回の、アスベスト未使用のスレート屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

アスベスト未使用のスレート屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

ということで、まずはドローンで撮影していきます。

ベランダが広かったので、ベランダからドローンを飛ばしました。

 

南面の壁際で、屋根材が1枚割れて、抜け落ちてしまっています。

 

■ 全景

【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

■ 南面

【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

■ 北面1

【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

■北面2

 

つづいて屋根にあがった後の写真で、詳しく見ていきましょう。

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

つづいて実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

屋根材

屋根材は、アスベストを使用していない無石綿スレートの「 コロニアルクアッド 」です。

■ 屋根材「 コロニアルクアッド 」
【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

 

ひび割れ

ひび割れは、全部で4枚ありました。

■ ひび割れ

【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

 

小さなひびや割れでは、雨漏りはしません。

なので、ひび割れの左右に接着剤を注入し、落下を防げば大きな問題はありません。

 

風化

風化している屋根材は、ありませんでした。

 

風化している屋根材は、接着剤でくっつけるのが難しいので、ガルバリウムの金属でカバーしていきます。

 

棟の釘浮きは1本ありますが、板金自体の浮きはなく、ほとんど問題ありませんでした。

■ 棟
【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

 

災害予防としては、棟の釘の増し打ちは、検討してもいい状態ではあります。

 

ひび割れ補修

ひびや割れたスレートを、接着剤で補修します。

 

ひびの左右の裏側に、接着剤を注入して、完全に割れてしまったとしても落下しないようにします。

■ 南面ひび割れ接着補修
【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン 【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン 【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

 

割れたスレートは、破片をパズルのように接着します。

■ 南面割れ接着補修

【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン 【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン
【東京都豊島区】アスベスト未使用のスレート屋根の、災害予防パック基本プラン

横割れの時は、表面のひびにも念のためシールを打ちます。

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

屋根裏の状態も、必要に応じて確認します。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

 

【参考】 無石綿スレートのメンテナンスに最適「 災害予防パック 」の内容と価格

無石綿スレート屋根材のメンテナンスの内容と価格の詳細は、こちらの記事で確認できます。

■ 屋根の「 災害予防パック 」スレート屋根は49,800円で安心メンテナンス。 | 石川商店

屋根の「 災害予防パック 」39,800円で安心メンテナンス、はじめました

 

 

アスベスト未使用のスレート屋根の疑問は、お気軽にご相談を

アスベスト未使用のスレート屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【品川区小山台】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【品川区小山台】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

今回は、品川区小山台で、雨どいの詰まりによる水漏れで、雨どいを掃除した事例を紹介します。

 

 

雨どい掃除は、1人で1.5〜3時間

今回の、雨漏りの部分修理工事は、1人で1.5〜3時間くらいの作業時間です。

工事の流れは、こんな感じです。

雨どい掃除の1日の流れ
  1. 手順① 土と落ち葉など、大きな塊の撤去【30分前後】
  2. 手順② 放水での洗浄、詰まり解消 【60〜120分】
  3. 手順③ 雨どい掃除完了 【合計1.5〜3時間】

 

順番に工事の様子を、写真つきで解説します。

 

手順⓪ 工事前状況

こちらが、工事前の雨どいが詰まっている状態です。

■ 雨どいの詰まり 水漏れ

 

ちょうど雨が降っていて、雨どいから水が溢れているのが確認できます。

 

ハシゴをかけて確認してみると、土や苔が堆積し、雨どいの中が水たまりになっている状態でした。

■ 雨どいの詰まった状態

【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例 【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例
【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

 

 

手順① 土と落ち葉など、大きな塊の撤去【30分前後】

雨どいの掃除をしていきます。

 

水で流すときに、詰まってしまいそうな大きな塊を、あらかじめ撤去します。

■ 撤去前

【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

■ 撤去後

【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

 

■ 撤去前

【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

■ 撤去後
【東京都品川区】雨どいの詰まりによる水漏れ。雨どい掃除の事例

 

 

 

手順② 放水での洗浄、詰まり解消 【60〜120分】

つづいて、水を流して、細かい泥の詰まりを解消していきます。

 

今回は、雨降りのときにお邪魔して、泥を撤去した時点で溜まった水の圧力で詰まりが解消されてしまったので、放水は省略いたしました。

 

 

手順③ 雨どい掃除完了 【合計1.5〜3時間】

以上の作業で、工事完了です。

 

■ 動画

 

 

 

 

雨どい掃除の金額は、足場不要なら2〜3万円

雨どい掃除の工事金額は、約2〜3万円くらいのことが多いです。

 

今回は、ご近所で量もそこまでではなかったので、9800円( 税抜 ) でした。

石川商店の場合、有料点検の費用内で、雨どい掃除を行います。

 

他社さんだと足場が必要で、高額だなと感じたら、一度ご相談くださいませ。

 

 

【参考】雨どい掃除の方法

雨どい掃除の方法について、こちらの記事で確認できます。

ただ高所作業で危険なので、基本的には、ぼくたちのようなプロに任せるのが安心です。

 

■ 素人がDIYでもできる、屋根や雨どいの掃除の仕方を教えて? | 石川商店

素人がDIYでもできる、屋根や雨樋の掃除の仕方ってあるの?

 

 

雨どい掃除の疑問は、お気軽にご相談を

雨どい掃除の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【東京都荒川区】築15年、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【東京都荒川区】築15年、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

東京都荒川区で、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例を紹介します。

 

屋根裏の雨漏りをきっかけに、見積もりを取っているうちに、弊社のホームページにたどりつき、まずはちゃんと雨漏りの調査をしてもらおうと思い直しインスペクションをしたら、屋根がパミールだと分かったということで、弊社に屋根の調査を依頼されたお客さまの事例を紹介します。

 

 

点検の結果、屋根裏は雨漏りではなく結露、パミールを撤去する葺き替えを提案

先に点検の結果をお伝えすると、屋根裏の雨漏りは雨漏りではなく、パミールの固定釘からの結露水が、屋根裏に無数の雨染みを作っていました

パミール点検

 

パミールの不具合症状の原因は、パミールが引き起こす結露です。

パミール点検

 

その結露で、パミールを屋根に固定している釘がサビます。
そうすると強風への抵抗力が弱くなってしまうので、災害予防としてはどこかで、パミールを撤去してあげたいところです。

 

もちろんカバーでも、それなりに安心ではありますが、結露するモノを木材の上に載せっぱなしにするのもあまりよくないので、パミールを撤去する葺き替えが理想的にはなります。
とはいえ大手ハウスメーカーなども含め、8~9割のパミールは、カバー工法されているのが現実ではあります。

ここはまだ、正解のない問題です。

判断は難しいかもしれませんが、まだまだ長く住むということであれば、屋根下地の木材の劣化状況を見るかぎり、現時点で葺き替えを行いパミールを撤去し、屋根下地の木材の補強を行うのが最善だと思います。

 

葺き替えで新しくする屋根材は、スレート屋根材はおすすめしません

パミールのような結露はなくても、アスベストを使用していないスレート屋根材は強度不足で、新築後15年前後でのひび割れなどの劣化が散見されているからです。

 

スレートの上位互換になるアスファルトシングル系の「 オークリッジスーパー 」。

もしくは、ガルバリウム鋼鈑の最上位品質の「 スーパーガルテクト 」です。

 

今回は、それぞれの屋根材での葺き替え + 屋根下地の補強での見積もりを作成しました。

 

 

【補足】ニチハのパミール対応について

パミールのメーカーであるニチハは、2021年4月以前までは、釘が1本でもサビていたら屋根材を支給するくらいの対応をしていました。

ところが現在は「 屋根材のズレ落ちがない限りは対応しない 」という方針に、変わってしまいました。

なので自腹で、パミールに対処する必要があります。

 

とはいえパミールだからといって、すぐに雨漏りしたり、すぐに被災するわけではありません。

いったん落ち着いて考える時間は、十分にあります。

 

では実際に、屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際のパミールの屋根の状況は?

今回の、パミールの屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

アスベスト未使用のスレート屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

ということでドローンを飛ばしてみると、パミールの症状らしきモノが、つぶさに見て取れます。

ですが雨漏りに直結しそうな不具合は、無さそうではあります。

■ ドローン全景
パミール点検

■ドローン東面

パミール点検
■ ドローン南面

パミール点検

■ ドローン西面

パミール点検

パミール点検

■ ドローン北面

パミール点検

 

つづいて屋根にあがった後の写真で、詳しく見ていきましょう。

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

つづいて実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

屋根材:ニチハの「 パミール 」

インスペクションの結果どおり、屋根材はニチハの「 パミール 」で間違いありません。

パミール特有の、屋根材がミルフィーユのようにはがれる、層間剥離が起こっています。

■パミールの状況

パミール点検 パミール点検 パミール点検 パミール点検

 

棟板金自体の浮きは、ほとんど見られませんが、棟板金の固定釘の浮きは、すこし多めでした。

 

■ 棟

パミール点検 パミール点検 パミール点検 パミール点検 パミール点検

ただ、すぐに飛んでしまうほどの板金のゆるみは、ありませんでした。

とはいえ災害予防としては、棟の釘の増し打ちや、棟交換も検討してもいい状態ではあります。

 

やはり雨漏りに直結するような状態では無さそうなので、屋根裏の状態確認を細かく行います。

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

屋根裏を見てみると、屋根下地に貼りついた謎の発泡スチロールにまずは驚きましたが、しばらくして謎が解けました。

パミール点検

 

お客さまが屋根裏にモノを収納してあり、そのモノが汚れたのがきっかけで雨漏りに気づき、汚れ対策に釘に発泡スチロールを刺して固定し、水垂れを防ごうとしていたようです。

ただ今度は、発泡スチロールの下側から、まとめて水垂れが起こってしまっていました。

パミール点検

 

これは雨漏りではなく、パミール固定釘からの結露水です

 

固定釘周辺の屋根下地が、腐食し黒ずんでいるのがわかります。

■ パミール固定釘周辺 屋根下地の黒ずみ

パミール点検
パミール点検

パミール点検

このくらいにまでになる黒ずみは通常は、築30~40年以上経過した、スレート屋根の屋根下地で見られる現象で、その原因は、表側の防水シートの劣化によるモノなので雨漏りになります。

ただこちらは築15年なので、この時点で防水シートがここまで劣化することは考えにくいです。

 

またあわせて屋根裏の結露防止のための「 棟換気 」が屋根側に設置されてはいるのですが、屋根裏から見ると、その換気穴が開口されていない可能性が高そうでした。

■ 棟換気の裏側、開口なし?
棟換気、開口なし?

なので、パミールの結露と棟換気不具合の悪い相乗効果で、屋根裏結露が起こり、屋根下地がかなり傷んでしまっていると思われます。

 

今回の工事では、屋根下地を増し貼りして補強しつつ、大容量の換気を使用し、且つ棟全部に設置することで、結露の抑制をします。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

【参考】 ニチハ「 パミール 」は、塗装もカバーもNG

結露するパミールは、撤去する葺き替えが理想的です。

 

■ ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう | 石川商店

ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう

 

 

ニチハ「 パミール 」の屋根の疑問は、お気軽にご相談を

ニチハ「 パミール 」の屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【品川区大井】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換工事 ) 事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【品川区大井】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換工事 ) 事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

品川区大井で築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換工事 ) 事例を紹介します。

 

災害予防パックとは、

・点検

・棟の釘の増し打ち

・ひび割れの接着補修

・屋根全体の耐風補強

のセットです。

 

標準オプションとは、棟の釘の増し打ちという簡易処置ではなく、棟をしっかりと交換するプランで、より安心できるオプションとなっています。

スレート屋根の災害予防パックの標準オプションを実施させていただいた事例を、ご紹介します。

 

 

スレート屋根の災害予防パック標準オプションの流れ

今回の、アスベスト未使用のスレート屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

スレート屋根の災害予防パック標準オプションの流れ
  1. 手順① ドローンでの屋根の事前点検 【10〜20分】
    手順② ドローン点検の報告
    手順③ 屋根にあがって詳細な点検 【30〜60分】

    ↓ 後日
  2. 手順④ 棟交換と接着補強 【半日〜1日】

    ↓ 後日
  3. 手順⑤ 点検とメンテナンスの写真報告書

と災害予防ができて、その後のメンテナンスの目安がわかります。

※ ドローンでの事前点検・報告と、屋根にあがっての点検は、別日になることもあります。

 

点検の様子は、こちらの記事で確認できます。

【品川区大井】築40年、アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

手順④ 棟交換と接着補強 【半日〜1日】

つづいて、棟交換とひび割れと全体の接着補強を行います。

 

棟交換

まずは、もともと設置されている、棟板金と、棟板金を固定している下地の木材を撤去します。

 

■ 棟撤去 木材劣化状況

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例  【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

棟の下地木材が、劣化してボロボロになっているのが、よくわかりますね。

 

棟の下地木材を撤去すると、固定した釘の釘穴があいてしまいます。

この穴を補修しないと、新たな雨漏りの原因になってしまうので、しっかりと防水補修します。

■ 釘穴の防水補修

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

このときに、屋根材の割れなどがあれば、必要に応じて、交換したり、接着補修します。

 

またあわせて、安全対策の命綱フックも設置していきます。

■ 安全フック
【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

 

 

つづいて棟板金を固定するための下地の木材を、新たに設置します。

■防腐処理済み木材の設置1

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

この木材は、横幅90mm、厚み18mmと、設置可能な最大の幅と厚みで、且つ、防腐処理済みのモノを使用しています。

最近では、樹脂製の下地材が腐らないから、と高耐久仕様として使われる場合も多いです。
ただ樹脂製のモノは製品強度がピンキリだし、熱による収縮が大きいため、すぐに硬化して、割れたり折れたりしてしまう弱いモノもあります。

 

■【参考】 使用後7年での、樹脂製下地の弱さが分かる動画

 

動画の最後に、この職人が、

「 たぶん、指1本で折れるとおもう 」

と、つぶやいてます。

なので、石川商店では防腐処理済み木材を、基本的に使用します。

 

 

最後に、新しい棟板金を設置します。

 

■接続部、接着材併用

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 

 

棟板金の固定は、釘の3倍の保持力があるビスで固定していきます。

■ビス固定

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

 

強風対策の接着補強

ひび割れのしていない箇所のスレートも、強風対策と今後の割れ対策で、接着補強していきます。

屋根材1枚の左右の裏側に、接着材を注入します。

 

■ 強風対策の接着補強

【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例 【東京都品川区】築40年、アスベスト入りスレートの災害予防、標準プラン( 棟交換 ) 点検事例

 

以上で、工事完了です。

 

手順⑤ 点検とメンテナンスの写真報告書

上記の手順③、④の通りです。

 

報告は、郵送もしくは、メールなどの電子での報告、どちらでも可能です。

 

 

スレートの災害予防パックは、49,800円 (税抜) 

スレート屋根の災害予防パックは、49,800円 (税抜) となります。

 

災害予防パックのくわしい内容は、こちらの記事で確認できます。

 

■ 屋根の「 災害予防パック 」39,800円で安心メンテナンス、はじめました | 石川商店

屋根の「 災害予防パック 」39,800円で安心メンテナンス、はじめました

 

 

スレート屋根の災害予防の疑問は、お気軽にご相談を

スレート屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜、脱カフェイン (コーヒー&ペプシ) 2021年6月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【品川区大井】築40年、アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【品川区大井】築40年、アスベスト入りのスレート屋根の屋根点検の事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

品川区大井で、アスベスト入りのスレート屋根の点検の事例を紹介します。

 

今回は、飛び込みの業者により、棟板金の問題を指摘だれたお客さまの不安解消のため、屋根点検を依頼された事例をご紹介します。

 

 

点検の結果、棟に緊急の問題なし、災害予防として棟の交換を提案

先に点検の結果をお伝えすると、指摘された棟部分は、緊急性のある問題は、まったくありませんでした。
とはいえ経年による、棟板金自体の浮きや、固定釘の浮きは多少はある状態です。

 

部分的に、棟板金の固定が弱まっているところがあるので、災害予防としては棟の交換をおすすめとなります。

またスレート屋根全体の耐風力の向上のため、全体の接着補強もあわせて行う災害予防パックの提案をしました。

 

【補足】屋根塗装について

石川商店では、屋根の雨漏り防止機能の維持に、屋根塗装はいらない、と言っています。

 

屋根の主な機能とは『家の雨漏りを防ぐ』こと、とすると、

    • 雨漏り防止以外の、新しい機能を追加するのが「 リフォーム 」
    • 雨漏り防止機能を、維持するのが「 メンテナンス 」

と、言っています。

 

そうすると、屋根塗装は機能を追加する『リフォーム』になります。

屋根の防水性は、屋根材の下の防水シート次第で、屋根材の表面を塗装しても、雨漏り防止の維持には、効果がないからです。

 

では屋根塗装が、リフォームで、どんな機能を追加しているのかというと、

 

・色を変える→ デザイン変更

・色を変える→ 淡い色にするほど遮熱効果

・きれいになる→ 我が家に愛着がわき、より大切にする 

・きれいになる→ 訪問販売業者が寄り付かなくなる

 

と、なります。

 

なので、屋根から家に雨漏りさせないための『メンテナンス』に、屋根塗装は不要なのです。

 

もちろん、屋根材の撥水性は、塗装するほどよくなるので、塗装するほど、屋根材は長持ちするのは、間違いはないでしょう。

折り畳み傘に、防水スプレーをかけなくても保つけど、スプレーした方が、傘自体もより長持ちするのと同じです。

 

ただ30年放っておいても保つスレート屋根材の耐久性を、50〜60年と塗装して保たせたとしても、防水シートの耐久性は30〜40年ほどで、屋根材表面をいくら塗装しても、その下の防水シートの耐久性は変わりません。

 

なので、雨漏り防止や、屋根材を長持ちさせるために、塗装する必要はない、ということです。

 

では実際に、具体的な屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際のアスベスト入りのスレート屋根の状況は?

今回の、アスベスト使用のスレート屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

アスベスト入りのスレート屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

ということで、ドローンで撮影した写真を見ていきます。

 

ドローンで見る範囲でも、目に見えるような問題はなさそうです。

■ 全景
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

■ 東面
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

■ 南面
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

■ 西面
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

■ 1階東面
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

■1階西面
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

つづいて実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

屋根材

屋根材は、アスベストが使用されいる、石綿スレート「 フルベスト 」です。

■ 石綿スレート
アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

アスベストが使用されいるので強度は十分なため、塗装してあっても、ひび割れや欠けは、ほとんどありませんでした。

 

指摘された、棟部分です。

 

今すぐに飛んでしまうような緊急性は、まったくありませんでした。
とはいえ経年による、棟板金自体の浮きや、固定釘の浮きは多少はある状態です。
部分的に、棟板金の固定が弱まっているところがあるので、災害予防としては棟の交換をおすすめします。

 

■ 棟

アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例 アスベスト入りのスレート屋根の点検事例

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

屋根裏の状態も、必要に応じて確認します。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

 

【参考】スレート屋根材の災害予防メンテナンスの方法と価格

スレート屋根材の災害予防メンテナンスの方法と価格の詳細は、こちらの記事で確認できます。

 

■ 屋根の「 災害予防パック 」39,800円で安心メンテナンス、はじめました | 石川商店

屋根の「 災害予防パック 」39,800円で安心メンテナンス、はじめました

 

 

アスベスト入りのスレート屋根の疑問は、お気軽にご相談を

アスベスト入りのスレート屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【東京都練馬区】築60年、瓦屋根の点検事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【東京都練馬区】築60年、瓦の屋根の点検の事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

東京都練馬区で、築60年、瓦の屋根の点検事例を紹介します。

 

今回は、LINEでこのような相談をいただいたお客さまの事例です。
↓↓↓↓↓↓↓↓
先程この先で工事するので車が行き来しますとのことで、ご挨拶に来た方に「棟がずれているので雨が入ってしまってませんか?」と指摘されまして。
トントンと話が進み「ラバーシール施工工事」の見積もりを勧められました。
雨漏りも困るし、全体の修理するお金も心配ですし、どう判断したら良いのかわかりません。
ぜひご教授下さい。お助け下さい。

 

通り沿いの平屋の瓦屋根なので、業者さんにはよく声をかけられるとのことで、不安が積もり積もってのご相談ということでした。

 

 

点検の結果、すぐに大きな問題はない状態。瓦の割れを1枚差し替え

先に点検の結果をお伝えすると、築60年とはいえ、メンテナンスはしていたようで、すぐに大きな問題はない状態でした。

1枚だけ、瓦が割れていたので、予備瓦をいただいて差し替えました。

 

とはいえ、瓦のズレなどは多く、本来であれば葺き替えや葺き直しなどの大掛かりな工事をおすすめする状態ではあります。

ただどちらかといえば長く住まない、ということ。

なので、もっとも被害にあいやすい棟部分を耐震化し、他の部分で問題があった場合は、都度応急処置をしていく、という提案をしました。

 

ちなみに国交省指定の瓦の棟の耐震化工事を行う金額は、掲示されたラバーロックの半額以下です

 

これらを判断した、具体的な屋根の状態を確認していきます。

 

【補足】漆喰の詰め直しだけではムダ。雨漏りの可能性も

瓦屋根の場合、漆喰のやせるやせない、はがれたはがれてない、だけではすぐに雨漏りには直結しませんので、まずはご安心くださいませ。

漆喰で雨を防いでるのではなく、瓦の積み重ねで、水を外に流しているからです

 

このあたりの詳細は、こちらの記事で確認できます。

■ 屋根の漆喰が剥がれる原因を知れば無意味な修理をしないで済む。正しい対処法とは。 | 石川商店

屋根の漆喰が剥がれる原因を知れば無意味な修理をしないで済む。正しい対処法とは。

 

【補足】ラバーロックだけでは災害予防にはならない。雨漏りの可能性も

瓦を下地に固定しない、表面だけを固定するラバーロックでは、地震や台風などの災害予防には、あまり効果がありません。

 

しっかり効果を出すには、4枚に1枚、瓦を下地に固定していく必要があります。

 

このあたりの詳細は、こちらの記事で確認できます。

 

■ 瓦屋根のラバーロックは無意味な工事と証明。地震にも台風にも効果なし【実験動画あり】 | 石川商店

瓦屋根のラバーロックは無意味な工事と証明。地震にも台風にも効果なし【実験動画あり】

 

■ ラバーロックの原価は14万円。瓦屋根の耐震リフォーム適正価格一覧【屋根の押し売り事例集 第5回】 | 石川商店

ラバーロックの原価は14万円。瓦屋根の耐震リフォーム適正価格一覧【屋根の押し売り事例集 第5回】

 

■ 【さいたま市浦和区】瓦屋根の台風、地震対策。瓦屋が考えた新しいラバーロックの工事事例と価格 | 石川商店

【さいたま市浦和区】瓦屋根の台風、地震対策。瓦屋が考えた新しいラバーロックの工事事例と価格

 

では実際に、具体的な屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際の瓦の屋根の状況は?

今回の、瓦の屋根の、点検の流れはこんな感じです。

瓦の屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

■ 全景
【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

■全景(南面)

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

■全景(北面)

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

 

■ 南面

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

 

■ 北面

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

 

瓦の割れは、この部分です。

■ 瓦が割れていたところ
【東京都練馬区】築60年、瓦屋根の点検事例

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

つづいて実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

銅線大回し工法という、古い工事方法ですが、雨漏りするような状態ではありませんでした。

 

■ 棟

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例 【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

とはいえ、多少の蛇行は確認できます。

古い工事方法では、地震や台風への抵抗力が弱いので、災害予防としては、もっとも被害のあいやすい棟部分は、最新の耐震工法でやり直すのがよいかとは思います。

 

点検がてら、割れていた瓦を交換します。

■瓦の割れ交換

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例
【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

【東京都練馬区】築20年、瓦屋根の点検事例

 

この防水下地は、トントン葺きと呼ばれる、木の皮を重ね合わせたモノです。

きっと部分的に穴があいていたりはしていますが、多少の雨漏りであれば、入って乾いてしまいます。

 

また室内に出てくるほどの雨漏りだったとしても、雨が降ったらすぐに室内で水が垂れてくるので、すぐに雨漏りに気づくので、雨漏りの被害が少なくて済みます。

 

なので、今回は棟の耐震化工事の提案と、その他の部分は、問題が起こったら都度対応というご提案になります。

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

屋根裏の状態も、必要に応じて確認します。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

 

【参考】 瓦屋根のメンテナンスの方法と時期と価格

瓦屋根のメンテナンスの方法と時期と価格の詳細は、こちらの記事で確認できます。

 

■ 和瓦、洋瓦屋根の台風対策。予防のための補修や工事方法と費用 | 石川商店

和瓦、洋瓦屋根の台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

 

瓦の屋根の疑問は、お気軽にご相談を

瓦の屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【横浜市神奈川区】築15年、スレート屋根の棟の浮きを指摘された不安解消で屋根点検の事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【横浜市神奈川区】築15年、スレート屋根の棟の浮きを指摘された不安解消で屋根点検の事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

横浜市神奈川区で、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例を紹介します。

 

棟の浮きを飛び込みの業者に指摘され修理してもらおうとしたら、かんたんには直らない状態なので見積もりします、という例のパターンです。

ご不安になったお客さまから、セカンドオピニオンとして、有料での点検を実施した事例をご紹介します。

 

 

点検の結果、棟は人為的な可能性が高いが応急処置で問題なし

先に点検の結果をお伝えすると、棟は人為的な可能性がかなり高い状態でした。

 

不自然な板金のよれ、該当箇所のみの直近での塗膜のはがれ跡などからそのように判断しました。

■ 写真
【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

もちろん個人の推測で、あくまで状況証拠ではあります。

いずれにしろ、釘の打ち直しをすれば問題ない状態に戻せるので、応急処置を行いました。

 

また屋根全体の点検も行いました。

使用している屋根材は、ニチハのパミールでした。

■ パミール
【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

まだ比較的よい状態でしたのですぐの工事は不要ですが、今後の経過観察は必要です。

 

パミールの不具合症状の原因は、パミールが引き起こす結露です。

 

その結露で、パミールを屋根に固定している釘がサビます。
そうすると強風への抵抗力が弱くなってしまうので、災害予防としてはどこかで、パミールを撤去してあげたいところです。

 

もちろんカバーでも、それなりに安心ではありますが、結露するモノを木材の上に載せっぱなしにするのもあまりよくないので、パミールを撤去する葺き替えが理想的にはなります。
とはいえ大手ハウスメーカーなども含め、8~9割のパミールは、カバー工法されているのが現実ではあります。

 

ただ今回はソーラーパネルが載っかっているので、基本的にはカバー工法は選択肢から外します。

なのでソーラーを一時的に解体し、屋根の葺き替えを行い、ソーラーを再設置する工事をどこかの時点で、行うのが理想となります。

 

葺き替えで新しくする屋根材は、スレート屋根材はおすすめしません

パミールのような結露はなくても、アスベストを使用していないスレート屋根材は強度不足で、新築後15年前後でのひび割れなどの劣化が散見されているからです。

 

スレートの上位互換になるアスファルトシングル系の「 オークリッジスーパー 」。

もしくは、ガルバリウム鋼鈑の最上位品質の「 スーパーガルテクト 」です。

 

今回は、ソーラー脱着 + オークリッジでの葺き替え + 屋根下地の補強での見積もりを参考として作成しました。

 

 

【補足】ニチハのパミール対応について

パミールのメーカーであるニチハは、2021年4月以前までは、釘が1本でもサビていたら屋根材を支給するくらいの対応をしていました。

ところが現在は「 屋根材のズレ落ちがない限りは対応しない 」という方針に、変わってしまいました。

なので自腹で、パミールに対処する必要があります。

 

とはいえパミールだからといって、すぐに雨漏りしたり、すぐに被災するわけではありません。

いったん落ち着いて考える時間は、十分にあります。

 

では実際に、屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際のパミールの屋根の状況は?

今回の、パミールの屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

アスベスト未使用のスレート屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

ということでドローンを飛ばしてみると、パミールの症状らしきモノは、この時点では確認できないほど状態は良さそうです。

 

■ ドローン全景

■ドローン東面全景

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ドローン西面全景

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ドローン北面全景

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

■ドローン東面

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ ドローン南面

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ドローン南面1階

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ ドローン西面

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■ ドローン北面

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

つづいて屋根にあがった後の写真で、詳しく見ていきましょう。

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

つづいて実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

屋根材:ニチハの「 パミール 」

パミール特有の、屋根材がミルフィーユのようにはがれる、層間剥離が、多少起こっています。

■パミールの状況

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

ほとんどの部分が問題ない状態でしたが、部分的にはげしい棟のはがれが確認できました。

■ 棟

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

ただ、棟の下地の木材はしっかりしていたので、応急処置で棟の釘を打ち直してあげれば、問題ないでしょう。

ということで、棟の釘を打ち直して、しっかりと補修しました。

 

■棟1 作業前

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

■棟の釘の打ち直し

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

■棟2 作業前

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

■棟の釘の打ち直し

【神奈川県横浜市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

■ 作業後の強度確認

 

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

必要に応じて、屋根裏も確認します。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

 

【参考】 ニチハ「 パミール 」は、塗装もカバーもNG

結露するパミールは、撤去する葺き替えが理想的です。

 

■ ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう | 石川商店

ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう

 

 

飛び込み業者の指摘のご不安や疑問は、お気軽にご相談を

屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

【東京都府中市】築15年、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

【東京都府中市】築15年、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

屋根で損する人をゼロにしたい、みんなの屋根の相談所、石川弘樹です。

 

東京都府中市で、ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例を紹介します。

 

飛び込みの訪問販売業者により、屋根のめくれを指摘され、雨漏りの不安解消と修理で、弊社に調査を依頼されたお客さまの事例を紹介します。

 

 

点検の結果、雨漏りの心配はないが屋根材がパミールのため、パミールを撤去する葺き替えを提案

先に点検の結果をお伝えすると、屋根材のめくれはパミール特有の症状でした。そのためすぐの雨漏りの心配はありません。

 

ただパミールの不具合症状の原因は、パミールが引き起こす結露です。

 

その結露で、パミールを屋根に固定している釘がサビます。
そうすると強風への抵抗力が弱くなってしまうので、災害予防としてはどこかで、パミールを撤去してあげたいところです。

 

もちろんカバーでも、それなりに安心ではありますが、結露するモノを木材の上に載せっぱなしにするのもあまりよくないので、パミールを撤去する葺き替えが理想的にはなります。

とくに天窓がある家は、天窓のメンテナンス性や防水性を考慮すると、カバーではなく葺き替えがよりおすすめになります。

 

とはいえ大手ハウスメーカーなども含め、8~9割のパミールは、カバー工法されているのが現実ではあります。

ここはまだ、正解のない問題です。

判断は難しいかもしれませんが、まだまだ長く住むということであれば、屋根下地の木材の劣化状況を見るかぎり、現時点で葺き替えを行いパミールを撤去し、屋根下地の木材の補強を行うのが最善だと思います。

 

葺き替えで新しくする屋根材は、スレート屋根材はおすすめしません

パミールのような結露はなくても、アスベストを使用していないスレート屋根材は強度不足で、新築後15年前後でのひび割れなどの劣化が散見されているからです。

 

スレートの上位互換になるアスファルトシングル系の「 オークリッジスーパー 」。

もしくは、ガルバリウム鋼鈑の最上位品質の「 スーパーガルテクト 」です。

 

今回は、オークリッジスーパーでの葺き替え + 屋根下地の補強の有無での見積もりを作成しました。

 

 

【補足】ニチハのパミール対応について

パミールのメーカーであるニチハは、2021年4月以前までは、釘が1本でもサビていたら屋根材を支給するくらいの対応をしていました。

ところが現在は「 屋根材のズレ落ちがない限りは対応しない 」という方針に、変わってしまいました。

なので自腹で、パミールに対処する必要があります。

 

とはいえパミールだからといって、すぐに雨漏りしたり、すぐに被災するわけではありません。

いったん落ち着いて考える時間は、十分にあります。

 

では実際に、屋根の状態を確認していきましょう。

 

 

実際のパミールの屋根の状況は?

今回の、パミールの屋根の、屋根点検の流れはこんな感じです。

アスベスト未使用のスレート屋根の屋根点検の流れ
  1. 手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】
  2. 手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】
  3. 手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】
  4. 手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】
  5. 手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】
  6. 手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

順番に屋根の点検の様子を、写真つきで解説します。

 

手順① ドローンで、屋根の撮影 【5〜10分】

石川商店では、屋根にあがる前に、ドローンで屋根を撮影します。

ぼくらが屋根に上がる前の状態を、写真で保存するためです。

 

これは、屋根にあがって自分たちで壊すような悪徳業者ではないという証明のためと、ぼくらも注意してても屋根材を踏んで割ってしまうことがあるのと、正直、それを隠してやり過ごしたくなる気持ちを抑えるため、でもあります。

 

また、屋根全体が1枚の写真におさまるため、お客さまに屋根の状況説明をするときに、どの部分がどうなっているという解説がお互いにわかりやすくなるのも、もうひとつの理由です。

 

今回は、調布飛行場の飛行禁止区域だったため、ドローンでの撮影はできませんでした。

屋根にあがった後の写真で、詳しく見ていきましょう。

 

手順② 屋根にあがっての、点検調査 【15〜30分】

実際にハシゴをかけて、屋根に上がります。

 

屋根材:ニチハの「 パミール 」

屋根材はニチハの「 パミール 」で間違いありません。

パミール特有の、屋根材がミルフィーユのようにはがれる、層間剥離が起こっています。

 

とはいえ、すぐに雨漏りするわけではありませんので、まずはご安心くださいませ

■パミールの状況

東面
【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

南面
【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

西面
【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

北面
【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

棟板金自体の浮きは、ほとんど見られませんでした。

 

■ 棟
【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

天窓

天窓のガラスパッキンが、劣化しています。

ガラスパッキンからの雨漏りは、症状としては軽いですが、雨漏りの量はそれなりに多いときがあるのでビックリするかもしれません。

 

今回、災害予防としてパミールの撤去を行うのであれば、天窓も交換してしまうのが、長く住むのであれば、もっとも合理的なメンテナンス方法にはなります

 

■天窓

【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例 【東京都府中市】ニチハ「 パミール 」の屋根の点検事例

 

手順③ 屋根裏の確認 【10〜20分】

必要に応じて、屋根裏も確認します。

 

手順④ 撮影写真による、口頭での屋根の説明 、質疑応答【30〜60分】

ドローンで撮影した写真や、屋根にあがってから撮影した写真などを、ご覧いただきながら、屋根の状況説明をいたします。

 

■ 口頭での説明のイメージ

点検報告イメージ

 

わからないことや疑問があれば、ご納得いくまで、ご質問くださいませ。

 

手順⑤ 点検完了 【合計1〜2時間】

以上で、屋根点検の当日はおしまいです。

 

点検料は、後日の点検報告と、写真のお渡し時に、請求書をお付けすることになるので後払いです。
点検当日に、現金をご準備する必要はございません。

 

手順⑥ 後日、撮影写真と点検報告の送付 【当日〜1週間程度】

早ければ当日、遅くても1週間前後で、撮影した写真データと点検報告を、インターネット上での共有や、郵送、メールなどで、お送りします。

 

また点検の結果、修理が必要であれば、その修理の見積書もあわせてお送りいたします。

 

【参考】 ニチハ「 パミール 」は、塗装もカバーもNG

結露するパミールは、撤去する葺き替えが理想的です。

 

■ ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう | 石川商店

ニチハ「 パミール 」 カバー工法も、塗装もNG。結露するから撤去しよう

 

 

ニチハ「 パミール 」の屋根の疑問は、お気軽にご相談を

ニチハ「 パミール 」の屋根の、どんな些細なご不安でも、まずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

 

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

 

その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

 

iPhoneの場合、

03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

 

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

 

電話がつながらない場合は、※ 090ーXXXXー2256 の番号で掛け直します

LINEでのご相談はこちらから

いつものLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

 

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

 

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら
 

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

 

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

 

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

 


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、ダイエット2010年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ベンチプレスが伸びない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。