【屋根修理】実は知らない人が多い?!日本瓦(和型)の正しい修理方法

林 洋道
林 洋道
  • 「近くで工事をしているのですが、お宅の屋根の棟が崩れていますよ」

    「このまま放置しておくと雨が漏って大変なことになりますよ」

     

    など、悪質なリフォーム業者による詐欺被害が後を絶ちません。

     

    普段気にされることのない住宅の屋根、特に築年数が経過している日本瓦の屋根は、このようなリフォーム営業の的になっているのです。

     

    今回は日本瓦の屋根によく見られる不具合と、その修理方法をご紹介したいと思います。

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

●突然、業者がやってきて瓦屋根を指摘された

●日本瓦の屋根は、メンテナンスは不要だと思っている

●自宅の屋根を、20年1度も見たことがない

この記事で伝えたいこと

 

●瓦屋根の、メンテナンスの必要性がわかる

●日本瓦の屋根の、正しい修理方法がわかる

 

【屋根修理】実は知らない人が多い?!日本瓦(和型)の正しい修理方法

悪質なリフォーム詐欺から、大切なご自宅の屋根を守るためには、まずご自身で屋根の状況を把握しておくことが、被害にあわないための手段のひとつなのです。

特に築年数が経過している日本瓦の屋根は、このようなリフォーム営業の的になっているのです。

今回は日本瓦の屋根によく見られる不具合と、その修理方法をご紹介したいと思います。

日本瓦の屋根をリフォーム業者がよく指摘すること3つ

日本瓦の屋根を、リフォーム業者がよく指摘することを、3つご紹介します。

「 漆喰がはがれていて、雨漏りしそうです 」

漆喰(しっくい)がはがれるのは、確かに日本瓦の屋根の劣化症状のひとつの「 目印 」 ではあります。

■漆喰のはがれ
IMG_2331

ただ漆喰がはがれただけでは、かんたんには雨漏りしません。

そもそも漆喰で防水しているわけではなく、


・瓦の置き方
・防水シート

で、防水しているからです。

くわしくは、こちらの記事で確認できます。

屋根の漆喰が剥がれる原因を知れば無意味な修理をしないで済む。正しい対処法とは。

「 瓦がズレて、雨漏りしそうです 」

築30〜40年くらい経っている、日本瓦の屋根の家では、本当に瓦がズレていれば、すでに雨漏りして、室内で気付くはずです。

こう言われた場合は、念のため、その業者を絶対に屋根に上げてはいけません

悪質な業者の場合、何もなっていない屋根に上がって、自分で瓦を崩したり、ズラしたりした後に、写真を撮って見せたり、この瓦が落ちてました、と瓦を持ってくる業者もいます。

そんな大袈裟な、、、と思った方、これ決して少なくありません。

つい先日もこういった事例がありました。

■悪質業者が、屋根に上がって壊した跡
屋根の悪質な訪問販売 事例4

屋根の悪質な訪問販売 事例5

台風、地震対策に、瓦を接着剤で固定しましょう

「 ラバーロック 」 とか、「 瓦止め 」 とか、「 ボンド止め 」 とか言われる、接着剤で瓦をくっつける工事を、台風や地震対策として、すすめられることも多いです。

■ラバーロック工事がされた日本瓦の屋根

日本瓦(和型、和瓦) ラバーロックされてしまった屋根1

日本瓦(和型、和瓦) ラバーロックされてしまった屋根2

ただこのラバーロック工事、あとで紹介するちゃんとした日本瓦の台風、地震対策の工事と比べて、安くできるのですが、肝心の効果がないことが、実験で証明されています

くわしくは、こちらの記事で確認できます。

瓦屋根のラバーロックは無意味な工事と証明。地震にも台風にも効果なし【実験動画あり】

とはいえ、「 瓦だからなにもしなくていい 」 なんて思われている方、これが大きな間違いの第一歩なのです。

築20年を超えた実際の瓦屋根の様子をご覧いただきます。

つづいて日本瓦の屋根の、劣化症状を見てみましょう。

まずは屋根の全景から...こちらは日本瓦(和型)、色は銀黒です。

■日本瓦の屋根 全景
IMG_2261

IMG_2258

パッと見は、特に問題がないように見えますね。

しかし屋根の上に「 なぞの塊 」 が、あちこちに、

■「 なぞの塊 」
IMG_2265

IMG_2284

この塊の正体は「 漆喰 しっくい 」 と呼ばれるもので、主に本棟や隅棟部分を仕上げるときに使用されるものです。

漆喰が剥がれ中の土が見えていますが、これは経年劣化で表面の漆喰が剥がれ落ち「 荒木田土 あらきだつち 」 という粘土質の土が、崩れているのです。

IMG_2331

この状態のまま放置しておくと、瓦の重みで水が逆流するようになり、内部に雨水が滲みこんでしまい、いずれは雨漏りしてしまいます。

このような症状に目を付けるのが冒頭に申し上げた「 悪質リフォーム業者 」 です。

「漆喰が剥がれていますから、塗り直さないと大変なことになりますよ」 など、不安を煽って、すぐにでも工事をする勢いで話をしてきます。

たしかに部分的な修理として「 漆喰の塗り直し 」 を行う場合があります。

しかし、大きな地震等の影響により、棟が大きく歪んでしまったり、積んである「のし瓦」が飛び出している場合、「 漆喰の塗り直し 」 などで修理しても根本的な解決にはならないのです。

そこで、日本瓦の屋根の棟の修理としては、、既存の棟瓦を一度解体し、再度積み直す「 棟の取り直し工事 」が必要となります。
また、台風や地震対策としては、「 葺き直し 」 「 葺き替え 」 といった工事が必要になります。

震災や台風など自然災害による屋根への被害

日本は「地震大国」とも言われています。

また昨今の大型台風の上陸により、屋根に甚大な被害が生じているのも事実です。

以下の写真は全て自然災害による屋根の被害です。

■台風被害の実例 築40年
IMG_1979

こちらは台風の強風によって、屋根の傍にある木の枝が屋根にダメージを与えてしまい、棟が崩れてしまった様子です。(築約40年)

■台風被害の実例 築20年
DSCF0137

こちらも台風の影響により、棟(隅棟)が飛散し崩れてしまった様子です。(築約20年)

■地震被害の実例
写真 2014-05-19 13 47 47

こちらは地震によって崩れた棟の様子です。(築約40年)

台風、地震に強い屋根への改修工事

日本瓦(和型)の屋根の棟部分の補修(修理)の代表的な工事が「 棟取り直し工事 」 です

これは既存の本棟及び隅棟を一度解体し再度積み直す工事なのですが、来るべき震災に備えるために、今は「 耐震化工事 」 を行うのが、屋根業界の常識なのです。

この施工方法は、リフォーム業者さんや屋根工事を大々的に宣伝している集客サイトの工事業者さんでは絶対に施工できない工事です。

【棟の修理】のし積み工法

棟BA-syuusei-

既存の瓦を再利用し棟を取り直す工事です。

下地には「 耐震棟金具 」 と「 鉄筋 」 を使用します。

■耐震金具
IMG_2367

【棟の修理】7寸丸を使用した「一本伏せ工法」

BA

「 のし積み工法 」 ではなく「 7寸丸 」 という棟瓦を使用した棟の取り直し工事です。

既存の棟を撤去後、棟金具を施工し防腐処理済みの垂木を設置、棟瓦をステンレスビスによって固定する施工方法です。

写真 2015-01-29 11 32 55

写真 2015-01-29 10 43 24

【屋根全体の修理】葺き直し、葺き替え

屋根全体を、台風や地震に強くするためには、葺き直しや葺き替えといった工事をして、最新の工事方法に変えるしか、方法はありません。

和瓦、洋瓦の屋根 葺き替え、葺き直し工事1

和瓦、洋瓦の屋根 葺き替え、葺き直し工事2

和瓦、洋瓦の屋根 葺き替え、葺き直し工事7

費用はそれなりに掛かりますが、今、最新工法で工事すれば、全体としては60年は保つので、長く住むということであれば、必要な工事です。

その工事方法は「 ガイドライン工法 」 という工事方法で、阪神大震災と同等の地震への強度を得るために、釘を止める本数のルールや、棟部分の工事の方法が決められています。

和瓦、洋瓦の屋根 葺き替え、葺き直し工事5

和瓦、洋瓦の屋根 葺き替え、葺き直し工事6

それぞれの工事方法の詳細や費用は、こちらの記事で確認できます。

和瓦、洋瓦屋根の台風対策。予防のための補修や工事方法と費用

瓦屋根で不安なら、お気軽にご相談を

どんな些細なご不安でもまずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

石川商店へのお問い合わせは、すべて弊社の三代目、石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴くと、石川の携帯に転送され、電話に出ます。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

iPhoneの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信 』

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信 』

で電話を掛けることができます。

電話がつながらない場合は、※ 050ーXXXXー5553 の番号で掛け直します
留守番電話へのメッセージを優先して折り返しお電話いたします。

LINEでのご相談はこちらから

友人へのLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 屋根専門75年 石川商店
林 洋道(はやし ひろみち)です
【趣味】鉄道写真、旅行、F1チームのウェア集め、西部警察、ネコ
【特技】洗車、タイヤ交換、他クルマのメンテナンス
【最近】鉄道の写真撮影に目覚めたかも...
【出身地】鳥取県米子市

 屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 132 人中 125 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

  1. お名前 : 匿名  

    林洋道様
    私宅の場合棟に積んだ瓦の一部が割れたり脱落し、漆喰も傷んだ箇所があります。さらに屋根の両端の瓦が、軒に近い部分でずり落ち、特に7寸丸がずっています。70歳で後に住む人もいないので、ずり落ちた部分と棟だけを下地の板と防水シート、瓦を葺き替えたいです。もとの瓦は製造を終え、代替品がないそうですが、部分的に新しい仕様の瓦でふき替えて使えるものでしょうか、教えて下さい。

  2. お名前 : 石川弘樹  

    匿名さま
    石川商店の石川弘樹です。
    林の代筆で、失礼いたします。

    棟の部分だけを、新しい瓦でやり直すのは、おそらく可能です。

    ただ、屋根の途中から、違う瓦にするというのは、少し工夫がいりそうです。
    そのあたりは実際に、見てみないとなんとも言えないというのが、正直なところです。

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事