東京都のコロナ自粛をうけ、非接触型の無料ドローン屋根点検をはじめました

石川 弘樹
石川 弘樹
  • 屋根で損する人をゼロにしたい、やねやの三代目です。

     

    新型コロナウィルスの影響で、東京都で外出自粛が求められる中、これまで以上に、家で過ごす時間が増えています。

     

    こんな時だからこそ、何かに備えることの大事さを考えてもらいたい、とおもい、

     

    非接触型の無料ドローン屋根点検を、荏原、戸越銀座周辺の地元限定で、はじめました

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

●コロナの感染はこわいが、屋根は点検したい
●昨年の台風以後に、自宅の屋根の状態確認をしていない
●最近、突然きた業者に、屋根を指摘された
●自分でドローンを、操縦したい
●ドローンで、空撮したい
●コロナ自粛で、暇でしょうがない

この記事で伝えたいこと

●非接触型の、屋根点検の方法がわかる

●屋根の状態を、より気軽にできる方法がわかる

●ドローン屋根点検の、メリットがわかる

●コロナ自粛の、暇つぶしができる

 

この記事の動画はこちら。

東京都のコロナ自粛をうけ、非接触型の無料ドローン屋根点検をはじめました

新型コロナウィルスの影響で、東京都で外出自粛が求められる中、これまで以上に、家で過ごす時間が増えています。

こんな時だからこそ、何かに備えることの大事さを考えてもらいたい、とおもい、非接触型の無料ドローン屋根点検を、荏原、戸越銀座周辺の地元限定で、はじめました

※その他の地域は、非接触型が5000円、自分で操縦空撮型が10000円です。

この企画の背景には、去年の台風の時に、地元の修理対応が後手後手になってしまったことの罪滅ぼし、という気持ちもあります。
本当に、申し訳ございませんでした。

こんな時だからこそ、

・この時間があってよかった、と思ってもらいたい
・当たり前の幸せを、感じてもらいたい
・何かに備えることの大事さを、考えてもらいたい
・少しでも明るい話題を、お届けしたい

という気持ちで、今回の非接触型の無料ドローン屋根点検および、ドローン操縦、空撮体験を考えました。

ドローン屋根点検の3つのおすすめポイント

ドローン屋根点検をおすすめする、3つのポイントをお話しします。

屋根の現状を、リスクなしで確認できる

ドローンの利点は、なんといっても、鳥のようにモノが見れることですね。

■ドローンで撮影した屋根の写真
ドローンで撮影した屋根の写真

つまり、自分で屋根に上がれなくても、業者が上がらなくても、ドローンが代わりに屋根を見てきてくれます。

なので、自分の身を危険にさらさずにすむのはもちろん、悪質な業者に屋根に上がられる危険もなくなります

タチの悪い業者の場合、他の家の写真を見せてきたり、自分で屋根を壊わして、壊れてましたという詐欺も、実際に起こっていますので、ドローン屋根点検なら安心です。

またハシゴをかけないので、雨どいを壊される心配もありません。

屋根の現状を、リスクなく確認するのに、ドローンでの屋根点検は最適です。

時間が掛からない

ドローンでの屋根点検は、時間が掛かりません。

ドローンを10分弱飛ばせば、屋根の点検のための撮影には、充分だからです。

ハシゴをかけて屋根に上がる準備をしている間に、終わってしまいます。

コロナ自粛で、時間を持て余しているので、時間が掛かっても苦にならないかもしれませんが。

火災保険の申請が円滑に

次回の台風で、万が一被災しても、火災保険の申請が円滑になります。

屋根全体を、しっかりと写真に納められるので、被災前の証拠になるからです。

ぼくたち石川商店は、火災保険請求の内容の真偽の鑑定を、損害保険会社の依頼で代行する仕事をしています。

この時にも、部分的な写真しかなく、真偽を判断しかねるような案件でも、ドローンでの撮影が役に立っています。

なので、ドローンで屋根の全体写真を撮影しておくことが、火災保険の申請を円滑にすることになります。

選べる2つのドローン点検

「 コロナ対策 」 非接触型

ヒトとの不要な接触をさけたい方に、むいています。

「 コロナ対策 」 非接触型のドローン屋根点検の手順は、

点検の日を決める

在宅、不在にかかわらず、ドローンを飛ばす

後日、報告書がポストに届きます

在宅の場合は、インターホンで到着と点検完了をお知らせします。

不在の場合は、点検時刻を名刺に記載して、ポストに入れておきます。

報告書が届く目安は、1週間くらいです。

■後日届く、報告書のイメージ
後日届く、報告書のイメージ

このように、非接触でのドローン点検なので、新型コロナへの感染リスクは、最小限です。

「 自分で操縦 」 ドローン空撮体験型

自宅で、ドローンの操縦、空撮体験ができます。

・最新の機械が、とにかく好き
・ドローンを、操縦してみたかった
・ドローンで、空撮してみたかった
・「 ドローンパイロット 」 になりたい
・子どもが、youtubeばかり見て、困っている

という方には、ちょうどよいかもしれませんね。

「 自分で操縦 」 ドローン空撮体験型の手順は、

点検の日を決める

スタッフによるドローン操作の説明と練習 約5分

いざ操縦、ドローン空撮体験

となります。

■スタッフによる、ドローン操作の説明イメージ
スタッフによる、ドローン操作の説明イメージ

なお、いずれの点検プランの場合でも、雨、強風の場合は、日程の再調整となります

万が一に備えて

家の中には、はいりません

リフォーム業者と名乗って、家の中を点検するフリをして、モノを盗む、泥棒や窃盗が増えているようです。

どちらの点検でも、ぼくたちは、家の中には入りません。

ドローン点検中は、念のため、しっかりと施錠をお願いします。

マスクを、必ずして行きます

言わずもがな、コロナ対策です。

■マスク着用
マスク着用

使用後のリモコン、スマホは、毎回アルコール消毒します

こちらも、コロナ対策です。

■アルコール消毒
アルコール消毒

ドローンは、保険加入済み

お持ちするドローンは、もろもろの保険に、はいっています。

ドローン操縦中に、何かしらのトラブルがあっても、お客さま負担は、いっさいありません。

運転可能な条件

中学生以上は可、小学校高学年は要相談

メーカーの推奨は、14才となっていますが、法的に、年齢制限はありません。

飲酒していない

ドローンは、飲酒運転が禁止されています。

お申し込みは、電話かLINEで

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話いただくと、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。

ドローンのチラシ見たんだけどと、お電話くださいませ。

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

iPhoneの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信

で電話を掛けることができます。

電話がつながらない場合は、※ 050ーXXXXー5553 の番号で掛け直します
留守番電話へのメッセージを優先して折り返しお電話いたします。

LINEでのお申し込みは、こちらから

友人へのLINE感覚で、かんたんに申し込みできます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにやりとりできます。

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに申し込みできます。

問い合わせ/申込


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜、ダイエット2019年1月〜、ストレッチ2020年1月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
ジムにいけない

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事