雨漏りの原因は棟のずれと診断されたが、最適な対処方法は?

井上 利里子
井上 利里子
  • 気温より湿度にやられている気がします。こんな酷暑の中かき氷やアイスが好物だったらどんなに素敵だろうと夢見る、アイス系が苦手な石川商店事務の井上です。こんにちは。

原因は棟部分のズレとリフォーム業者に診断

築30年の瓦屋根で雨漏りがしているということで、地元のリフォーム業者に見てもらったところ、棟部分の瓦がずれ下地が出てしまっているためということで、見積もりを依頼しているそうです。

ご質問は、こうゆうケースの場合どのような施工が普通行われるものなのか知りたいということですが、その意識はとても大事だとおもいます。

時に、業者に勧められるままに修繕を超えてリフォームの域にまでくるような大掛かりな工事になってしまったりするケースもあるからです。

原因が棟部分からの雨漏りなら『棟の取り直し工事』に

屋根の合わさる山の部分を棟と言います。そのズレが原因の雨漏りであれば、棟の取り直し工事が行われますが、いったん棟部分の瓦を取り外し新しい垂木に土台の土をのせ、瓦を戻すという工事です。

ガイドライン工法というものがあり、震度7の地震がきても崩れないという工法をお勧めしています。

しかし、これらに関しては屋根屋にしか出来ない工事です。お近くの瓦を扱う屋根屋または全日本瓦工事連盟のHPよりお近くの屋根屋に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

避けたい工事『ラバーロック』

もし『ラバーロック』と呼ばれる接着工法をリフォーム業者に提案されたら、それは避けたほうがいいです。

これは石川商店で実験済みデータがありますが、瓦と瓦を接着剤でべったりととめてしまう方法なのですが、雨水の流れる道を塞ぎかえって雨漏りを誘発することになる上、地震の際瓦全体が落下する恐れがあるからです。

瓦屋根のラバーロックは無意味な工事と証明。地震にも台風にも効果なし【実験動画あり】

それではまた

 

 

 

問い合わせ/申込


日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て勉強中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 クーラーのせいか、むくみが(;´Д`)

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事