屋根のリフォーム、瓦の修理なら東京・品川の石川商店。雨漏り修理
から家のメンテナンスまで、屋根の事ならお気軽にご相談ください。

土日祝日も対応! 03-3785-1616
石川商店お選びいただいたお客様の声石川商店お選びいただいたお客様の声
  • スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

職人現場ノート

現場での気付きやこだわりや屋根上の生きた情報をご紹介!

家を建ててから30年後、維持費が一番かからない屋根材は

家を建ててから30年後、維持費が一番かからない屋根材は
2018年02月07日|職人現場ノートRisako

瓦の屋根は地震に弱い?

こんにちは、井上です。
先日友人との話題で
私が屋根屋で働いているということで
数年後に計画している家の建て替えの話しになりました。

そこで当たり前のように言うのです
「瓦屋根ってさ、地震の時とかに
重くてつぶれたり、落ちたりするんでしょ?」

あまりに普通に言うので
井上フリーズです( ;∀;)

熊本地震などでも、見事につぶれている家を
テレビでは何度も繰り返し映し、
まるで瓦に押しつぶされたかのような印象受けるのも
しょうがないのか?
しょうがないよね。

 

建築基準法の大改革で家は超ストロングへ

昭和56年に建築基準法が抜本改正し、
家本体の骨組みの基準が大きくかわりました。
瓦屋根にはその重さに耐える、バランスの良い家づくりが実現。
さらに屋根屋でも耐震性の高い施工のガイドラインをつくり
その両方が合わさると、想定される大きな地震に家ごと耐えうるということです。

屋根材の違いで100万円の差がでるのはどうゆうことか

一般的に都内で見かけるスレート屋根は
セメントに塗装をしてある素材です。
見た目の劣化を気にしなければ
途中塗装はせず(おそらく業者に勧められるとおもいますが)、
15年目くらいで棟交換のみして数十万円。(足場など入れて)
そして30年後、ローンが完済した頃に
屋根材の寿命で全葺き替え(足場代+屋根材廃棄料)で
100万円前後。

それに引きかえ瓦屋根は、
千℃以上で粘土を焼いた陶器なので、
色落ちや10年20年程度での劣化の心配もありません。
一般的なスレート屋根より、瓦は初期費用は倍近くかかりますが、
必要あらばの部分補修のみで
50年、60年と全ふき替えをせず防水シート交換のみで大丈夫。

たった30年で比べても100万円近くの違いがでてきます。

oh! なんと経済的!
100万円あったらハワイへいける!!

 

耐震性についての記事はこちらに
詳しく書いていますので、ご参考にしてみてください。

屋根の重い軽いは関係なかった。地震で瓦の家が倒れる本当の理由は壁!

 

それではまた

 

問い合わせ/申込


まだまだ屋根素人ですが、
日々会社に舞い込むお困り事や作業内容を基に、
いつか立派な屋根屋スタッフになれる日を夢見て邁進中。

井上 利里子(イノウエ リサコ)
【ニックネーム】 Ri-chang
【趣味】 阿波踊り、クラシックギター、街散歩
【目標】 道を覚える人になる
【最近】 篠笛特訓中
【一言】 今年はユニクロ度が高い

いのうえりさこです

屋根専門石川商店HP:riverstone-roofing.com


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
この記事のキーワード
土日祝日も対応! 03-3785-1616