天窓交換の費用はいくらかかる?業者の選び方と工事手順を解説

石川 弘樹
石川 弘樹
  • 屋根で損する人をゼロにしたい、屋根屋の三代目、石川弘樹です。

     

    5月のゴールデンウィーク明けから5月中だけで、約20件ほどの天窓の相談がありました。

     

    これらのご相談の中から今回は、築25年以上の一軒家についている天窓の交換手順や費用について、くわしくお話しします

今すぐのご相談はこちらから

お問い合わせはこちら
この記事はこんな人におすすめ

■天窓交換の費用や、工事の流れを知りたい方
■ご自宅の築年数が25年以上の方
■屋根や天窓のリフォームから25年以上経っている方
■これからの季節、梅雨や台風の大雨被害が心配な方

この記事で伝えたいこと

 

●天窓交換の費用や、工事手順が分かる
●天窓の交換を考える時期が分かる

 

天窓交換の目安は設置から25〜30年

まず最初にお伝えしたいのは、天窓の寿命(耐久年数)は25〜30年ということ。

 

そもそも天窓が、日本の住宅建築に積極的に取り入れられるようになってきたのは1980年代。

つまりその当時の天窓だと、メンテナンスをしていない場合、設置からもう40年近く経っていることになります。

 

耐久年数を過ぎた天窓は、ガラス枠周りのゴムパッキンに不具合が生じたり、屋根と天窓のつなぎ部分の防水機能が劣化したりして、雨漏りが生じる可能性も高くなるので、これからの季節、梅雨や台風などの大雨被害が心配な方も多いと思います。

 

梅雨の季節の前に、天窓の交換についての基礎知識を学んで、対策を考えておくのもいいかもしれないでしょう。

 

でも、天窓の交換って大変そう…

今この記事を読んでる方の中にも、天窓からの雨漏りに悩んで交換を考えて、たどり着いた方もいると思います。

 

天窓の交換って大変なんじゃないの?

時間も、お金もかかるんじゃない?

そもそも、どのタイミングで天窓を交換すればいいのか、わからない

 

そんな不安があると思います。今回は、その不安にひとつひとつお答えしていきます。

 

 

まず、チェックすべきは「築年数25年以上かどうか」。そして「ベルックス」か。

まず、どのタイミングで交換を考えればいいのか。

これは「ご自宅の築年数が、25年以上かどうか」というのが、ひとつの目安になります。

 

石川商店では、天窓の修理方法フローチャート」というものを作成したことがあります。

天窓からの雨漏りによる修理を考えている方の参考になればと思い書いた記事の中で掲載しました。

ちなみに、そのフローチャートはこのようになっています。

 

 

さて、このフローチャートには、チェックポイントが2つあります。

それは、

①築年数

②メーカー

この2つです。

それではまず、それぞれのチェック項目のポイントを見ていきましょう。

築年数、もしくは屋根や天窓のリフォームからの期間が、「25年以上」かどうか

築年数25年以上が、判断のひとつの目安であるということは、さきほどお伝えした通りです。

この25年以上というのは、屋根や天窓のリフォームからの期間の目安にもなります。

 

なお、築年数15年前後の場合は、点検や部品交換で対応が出来る可能性が高いです。

くわしくは、こちらの記事で確認してみてください。

もしご自宅がどちらにあてはまるか判断に迷う場合は、お気軽に石川商店までご相談ください。

 

問い合わせ/申込

天窓交換の際におすすめのメーカーは、国内唯一の天窓専門メーカー「ベルックス」

石川商店では、ベルックスをおすすめしています。

そのいちばんの理由は、リフォームでも新築と同じ手厚い保証がつくからです。

「ベルックス」は、元はデンマーク生まれの、天窓専門メーカー

1980年代の天窓ブーム時代には、国内でもたくさんのメーカーが手掛けていましたが、2020年現在では天窓を手掛けるメーカーは、わずか4社(ベルックス、三協アルミ、YKK AP、LIXIL)、三協アルミと、YKK APは、ベルックスによるOEM商品なので、実質2社です。

その中でも、国内唯一の天窓専門メーカーであり、確かな信頼と実績があるのが「ベルックス」です。

https://www.velux.co.jp/

 

天窓ブーム初期に設置された他メーカーの天窓から、ベルックスの天窓への付け替えも可能です。

 

※フローチャートの詳しい結果については、こちらの記事をご覧ください。

【築年数別】天窓雨漏りの失敗しない修理方法の選び方【費用と事例付】

 

業者選びのコツ: 天窓メーカーのホームページから探す

現在、日本で天窓を販売しているメーカーは、

・ベルックス
・LIXIL
・YKKAP
・三協アルミ

の、4社です。

YKKAPと、三協アルミは、ベルックスのOEM商品なので、実質ベルックスとLIXILの2社となります。

LIXILのホームページから探す

天窓交換

■LIXIL | リフォーム施工店のご紹介

リンク先に記載がありますが、

・LIXILのフランチャイズ店から探す
・LIXILの工事登録店から探す
・LIXILが運営する、相見積もりサイトから探す

上記3つの方法があるようです。

いちばん安心なのはフランチャイズ、ということなのでしょう。
フランチャイズ店は、全国で550店舗 (2020年3月時点)、工事登録店になると、1万店舗以上 (2020年6月時点) もあるようなので、ご自宅に近い業者を見つけやすそうですね。

ただLIXILの扱っている商材は幅広いのはよいことですが、主な商材は水まわり・窓・エクステリア (お庭、外溝) であり、その工事が得意な業者が多いのは懸念すべきです。
もちろん屋根屋さんで登録されていて、天窓交換が得意な会社もありますが、それを探すのが大変そうではあります。

ベルックスのホームページから探す

天窓交換

■日本ベルックス – 推奨工事店

ベルックス自体が、天窓しか作っていない天窓専門メーカーなので、登録されている会社も、天窓が得意な業者しか、登録されていません。

なので、ベルックスの工事店リストの方が、天窓が得意な業者を見つけやすいと、言えるかもしれませんね。

とはいえ、工務店さんやリフォーム会社さんも登録されているので、おすすめは、この中から「 屋根屋、とくに瓦屋 」を探すことを、おすすめします。

単純に石川商店がそうだから、ではありません。

瓦屋の95%がすべての屋根材をあつかえるので、どんな家でも対応できる可能性が高いからです。

事実、ベルックスの推奨工事店の、50店舗中26店舗が「 瓦屋 」です。

くわしくは、こちらの記事で確認できます。

■Q.天窓の雨漏り修理は誰に頼むのがいいか? A.瓦屋です【屋根屋の種類】 | 石川商店

Q.天窓の雨漏り修理は誰に頼むのがいいか? A.瓦屋です【屋根屋の種類】

 

天窓交換だけでも、引き受けてくれる会社を選ぶ

業者さんの中には「 天窓交換だけ 」は、できない、やらない、という会社もあるようです。

そうなると、葺き替えや、カバー工法などの屋根全体の工事といっしょじゃないと、修理してもらえないことになるので、天窓の交換という部分工事に比べれば、かなりの金額がかかることになります。

もちろん天窓交換という部分工事には、雨漏りへの危険性や、施工のしづらさからくる割高感がある、のは事実でそれを考慮する気持ちもわかります。

ただ「 そこをなんとか努力するのが、専門業者じゃないのかい 」と、ぼくは言いたいです。

なので天窓の交換だけ、修理だけでも工事してくれる会社さんを、ぼくなら選びます。

【参考】 石川商店の特長と、天窓交換の費用を解説

※ 天窓交換の作業工程が知りたいというヒトは、この章は読み飛ばしてしまって構いません。

石川商店は、東京、神奈川、埼玉、千葉の関東エリアで、屋根の修理を行っているお店です。

 

天窓の交換の工事実績は、2019年で27件でした。その平均的な天窓の交換の値段は、約40万円です。足場が必要な場合は、別途約20万円かかります。

 

お店の特長は、お客様の天窓の状態をドローン調査してから、屋根にとって最適なプランを提案するところです。

 

ドローンで屋根の状態を調査することによって、お客様ご自身でも屋根の状態を確認いただくことできます。

 

実は、屋根の状態によって、天窓を交換しなくても済む場合があります。

 

もっと修理費用を抑えたい」「天窓交換以外の他の修理方法を知りたい」という方は、下記の記事で確認できます。

・排水部のつまりの掃除 1万円〜
・ガラスパッキン劣化修理 5万円〜

など、修理プランの例を掲載しています。

■はじめての天窓雨漏り。原因と修理 費用まとめ【2020年版】 | 石川商店

はじめての天窓雨漏り。原因と修理費用まとめ【2020年版】

 

また石川商店では、厄介な天窓雨漏りの修理を合理的に解決するために、段階を追って工事し、ダメなら前回の修理費用は、次段階の修理費用に充当するようにしています。

くわしくは、こちらの記事で確認できます。
■屋根屋の天窓雨漏り修理は2段階。長く住まないから費用を抑えたい方向け | 石川商店

石川商店の天窓の雨漏り修理は2段階。ダメなら修理費は次段階に充当

 

 

すぐに天窓について相談したい方は、下記のリンクをタップしてお問合せくださいませ。あなたの屋根の状況に応じて、適切な修理のご提案をいたします。

 

問い合わせ/申込

天窓交換を考えた時、気になる費用や工事内容は?

 

天窓の交換を考えた時、気になってくるのは工事の内容や、費用ではないでしょうか。

 

天窓の交換については、石川商店ではこのような手順で対応しています。

 

  1. 1. お客様からのご相談・お問合せ
  2. 2. 屋根の点検
  3. 3. 工事のご相談・お見積もり
  4. 4. 工事
  5. 4-1. 古い屋根材の撤去
  6. 4-2. 古い天窓の撤去
  7. 4-3. 新しい天窓の設置
  8. 4-4. 防水シートの設置
  9. 4-5. 新しい屋根材の設置
  10. 5. アフターフォロー
  11.  

 

どのように進んでいくのか、順を追って見ていきましょう。

 

1. お客様からのご相談・お問合せ

まずは、お客様からのご相談・お問合せをいただく所から全てが始まります。

 

まれに、飛び込みでの営業や無料の点検を申し出て、法外な値段の工事を押し売りのように販売するという悪徳業者の例が見受けられますが、石川商店ではそのようなことを一切しておりません。

全てはお客様からのご相談・お問合せを受けてから、一緒に対策を考えています。

 

ご相談は、メール、電話(03-3785-1616)、LINEのいずれでも対応しております。

 

気軽にやりとりの出来るLINEは、こちらからどうぞ。

LINE@はこちら

メールでのお問合せは、こちらから。

 

問い合わせ/申込

 

2. 屋根の点検

次に、お客様と日程をご相談をさせていただいた上で、実際に屋根の点検にお伺いいたします。

 

基本的に、石川商店では屋根の点検を有料にしております。これは、先程もお伝えしたように、無料の点検の後に、法外な値段の工事を押し売りのように請求する他業者の例を、多く見てきたからです。

専門家として責任を持って、お客様の悩みを最善の方法で解決するためにも、屋根に登っての点検は有料とさせていただいています。(なお、点検後に工事を契約いただく場合には、点検費用は工事費用に充てられますので、実質無料となります。)

 

LINEテレビ電話点検中のイメージ

ただ、このところのコロナウイルスの影響もあり、LINEのテレビ電話を使ったオンラインの無料点検も、新しい取組みとして始めております。

 

LINEのテレビ電話で、屋根の無料点検はじめました【リモートワーク】

 

天窓の位置にもよりますが、テレビ電話での点検が可能な場合もあるので、ご希望の場合は一度ご相談ください。

 

3. 工事のご相談・お見積もり

 

屋根の点検で、天窓の状態を詳しく調査させていただいてから、工事のご相談・お見積もりに移ります。

天窓だけの交換の場合、費用は約40万円

その他、屋根の葺き替えも含めた工事費用については、別途お見積もりとなります。

また、仮に天窓を撤去するという場合は、費用は30万円になります。

4.工事

そして、お客様とご相談して決めた工事日に作業を開始。

天窓だけの交換の場合だと、交換作業自体は1日で完了します。

※天窓交換工事の前後に、1日づつ、足場の設置と解体がありますので、実質3日が最短となります。

なお、雨の場合は、日程を別途ご相談の上、スケジュールを変更しての実施となります。

 

それでは実際の工事の手順を詳しく見ていきましょう。

 

4-1. 古い屋根材の撤去

最初に、古い天窓の周りの、古い屋根材を撤去していきます。

【工事前】
天窓交換工事事例 工事前

【天窓まわりの屋根材の撤去】
天窓交換工事事例 周辺屋根材の撤去

 

4-2. 古い天窓の撤去

次に、古い天窓を撤去していきます。屋根にぽっかりと穴が空いているのがわかりますね。

【古い天窓の撤去】
天窓交換工事事例 古い天窓の撤去

 

4-3. 新しい天窓の設置

そして、周りを綺麗に整えて、新しい天窓を設置していきます。

 

【新しい天窓の設置】
天窓交換工事事例 新しい天窓の設置

 

4-4. 防水シートの設置

続いて、新しく設置した天窓の周りに、新しく屋根材を設置する前に、防水シートを設置します。

 

【防水シートの施工】
天窓交換工事事例 新しい防水シートの施工

 

4-5. 新しい屋根材の設置

最後に、防水シートの上に新しい屋根材を設置して、工事完了です。

 

【撤去した屋根材を戻す】
天窓交換工事事例 周辺屋根材の復旧

【交換工事完了、屋根】
天窓交換工事事例 交換完了 屋根上

【交換工事完了、室内】
天窓交換工事事例 交換完了 室内
 

5. アフターフォロー

工事完了後も、なにか不具合がございましたら、いつでもご相談ください。

ベルックスでは10年間はすべての防水を保証していますし、電気部品も3年保証です。

また、「10年目安心点検」を受けることで、ガラス部からの雨漏り保証は最大25年に延長されます。

石川商店は、ベルックスの推奨工事店ですのでご安心ください。

ちなみにベルックスの最新のブラインド付天窓に交換した時の記事もあるので良かったら参考にしてください。

【まとめ】天窓設置から25年以上経過していれば、まずはご相談を

「天窓の交換なんて、どうすればいいかわからない…」

そんな皆さんの不安の解消につながればと思い

 

この記事をまとめると、このようになります。

 

■設置から25年以上過ぎた天窓があったら、まずはご相談を

■天窓交換を考えるなら「ベルックス」

■天窓交換の工事費用は、40万円

■天窓交換の工事期間は、最短1日

■新しく交換するベルックスの天窓は、最大25年間保証

 

これからの季節、梅雨や台風の訪れる前に、皆様のお力になれれば幸いです。

 

まずは、どうぞお気軽にご相談ください。

メール、電話(03-3785-1616)、LINEのいずれでも対応しております。

 

お気軽にやりとりの出来るLINEは、こちらからどうぞ。

LINE@はこちら

メールでのお問合せは、こちらから。

 

問い合わせ/申込

 

皆様からのご相談を、お待ちしております。

 

天窓雨漏りの修理方法と費用まとめ【2020年版】

天窓の雨漏り修理や、天窓自体の撤去や交換のご相談がとても多いです。

 

天窓は雨漏りの定番箇所で、なかなか雨漏りが止まらなく建築業界全体で修理するのを避けてた過去があります。
正直、ぼくたち石川商店もそうでした。

 

しかし天窓の寿命と、販売の最盛期の30年がちょうど重なる昨今、雨漏りなどで困っているお客さまがとても多く、それを屋根屋として放っておくわけにはいきません。

 

天窓メーカー『 ベルックス 』さんとの取り組みの中で、近年石川商店は、天窓の雨漏り修理の実績を重ねてきました。

 

ベルックスの技術部と打ち合わせ

工事時期の目安やおすすめの修理方法と費用をまとめましたので参考にして戴ければ幸いです。

原因と時期工事内容と費用
(※ 天窓1つあたり)
ガラス部からの漏水
築10年以上
ガラスシール打ち
4万円〜
排水部からの逆流
随時
排水部の清掃
1〜4万円
防水部の劣化
天窓の故障
築30年前後
撤去: 30万円〜
交換: 40万円〜

 

 

天窓の雨漏り修理で不安なら、お気軽にご相談を

どんな些細なご不安でもまずはご相談くださいませ。
屋根の専門家のセカンドオピニオンを気軽に受けられます

石川商店へのお問い合わせは、すべて石川弘樹が対応しています。
会社にお電話戴いても、ぼくの携帯に転送され、必ずぼくが電話に出ます。
その他のご相談方法も、すべてぼくが読んでお答えしています。

屋根で損する人をゼロにしたい。だから気軽にご相談してくださいね。

 

お電話でのご相談はこちらから

今すぐのお電話での相談は、スマホ画面の一番上か一番下に表示されている『 03-3785-1616 』の電話番号をタッチ。

iPhoneの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (通話許可→) 発信 』

Androidの場合、
03-3785-1616をタッチ→ (電話アプリの選択) → 番号表示→ 発信 』

で電話を掛けることができます。

電話がつながらない場合は、※ 050ーXXXXー5553 の番号で掛け直します
留守番電話へのメッセージを優先して折り返しお電話いたします。

 

LINEでのご相談はこちらから

友人へのLINE感覚で、かんたんに相談できます。

やりとりは1対1のチャットなので、プライベートにご相談できます。

スマートフォンの方は、下の【友だち追加】ボタンを押しましょう

友だち追加

石川商店のLINE公式アカウント『みんなの屋根の相談所』を【友だちリストに追加】ボタンを押せば準備完了。

パソコンの方は、QRコードをスマホで読み込みましょう

読み込むとLINEアプリがスマホで立ち上がります。
【友だち追加】をすれば、いつものLINE感覚で相談できます。

石川商店LINE相談の使い方はこちら。

LINE@はこちら

メールでのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらのバナーをタッチ。

ご相談フォームに入力すれば、かんたんに相談できます。

問い合わせ/申込

ブログでのご相談はこちらから

このブログ上でのご相談をご希望であれば、このページの一番下にあるコメント欄をご活用くださいませ。
お名前(ニックネームでも可)の入力だけなので気軽にご相談できます。

この記事への質問、疑問、要望、感想なども大歓迎です。

多少の時間はかかるかもしれませんが、すべてのコメントを読んで、返信もしくは、今後の記事の参考にさせて戴きたいと思います。


創業75年、屋根専門石川商店の三代目。石川弘樹(いしかわひろき)です。
20141125_profile_01
【継続は力なり】
禁煙2009年〜、禁酒2017年1月〜、筋トレ2018年6月〜、禁チョコ爆食い2018年12月〜、ダイエット2019年1月〜、ストレッチ2020年1月〜
【資格】
1級かわらぶき技能士、瓦屋根工事技士、全日本瓦工事業連盟認定 瓦屋根診断士、全日本瓦工事業連盟認定 耐震化講師、耐震プランナー、増改築相談員、古民家鑑定士、ホームインスペクター(住宅診断士)、ジュニアリフォームソムリエ、リフォームスタイリスト1級、リフォーム提案士、ライフスタイルプランナー
【趣味】
ワンピース(マンガ)
【目標】
瓦割り世界大会初代チャンピオン
【ブーム】
筋トレ
【困り事】
トイレが近い

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

石川商店からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

また、もしもっと知りたいこと、分かりづらかったことなどあれば下のコメント欄にご意見いただければと思います。

日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えするために、ご参考にさせて頂きます。

お客様からのコメント

よりお客様のお困りごとに応えられるようコメント欄を開放しました。
質問や感想やご意見をお待ちしております!

コメントはこちらへおねがいします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事